カテゴリー  [あねどきっ ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あねどきっ のレビュー終了に寄せて 

みなさまお久しぶりです。
管理人の注さんです。

こんなに長いことかかったレビューは初めてです。

仕事と病気でしばらく離れているうちに
ブログの書き方。絵の貼り方なんてすっかり忘れてしまいました。

記事の内容もやっつけみたいで申し訳ないです。

「ボクのアイドル」シリーズ2本「Gまる」とまだまだ河下作品のレビューは続きますので乞うご期待

りりむとか桃栗時代のレビューも宙に浮いているからなぁ・・・w



管理人は元気です。
生きてます。
大丈夫。このブログはまだまだ続きますよ^^
スポンサーサイト
[ 2011/03/12 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第26話(最終話)「この気持ちさえ」 感想その3 

26-0010.jpg
電車を飛び降りた洸太。
精一杯大きな声でなつきを探す。







26-0011.jpg
喪失感に包まれたなつきの耳にその声は届いた。









26-0012.jpg
ホーム到着の電車の騒音とともに思いを告げる洸太。






26-0013.jpg
「俺が好きなの桜井さんじゃなくてオマエなんだ…!!」


なつきよりも背が低いけど。
なつきよりも年下だけど。


電車から吐き出される人の波によろけながらも洸太は伝えきった。





そしてなつきからの返事は。





26-0014.jpg
キス。



いまはまだ中学1年生の洸太。



26-0015.jpg
13歳のその気持ちが変わらなかったら。

もっと成長して体も心も大きくなってからまた聞かせてほしい。



決して恋が終わったわけではない。

恋をする気持ちが続く限り恋は終わらない。

保留されたからといってこの恋が拒絶されたわけではない。



26-0016.jpg
唇に残る熱に思いをはせ

こぼれそうになる涙をこらえて上を向く洸太。



26-0017.jpg


そう。

またいつの日か会える。

きっといつか。

ふたりがもう少し成長した時に。






[ 2011/03/11 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第26話(最終話)「この気持ちさえ」 感想その2 


すでに荷物はトラックで運ばれた。

住み慣れた家に別れを告げた4人。


考えても見れば奇妙な生活ではあった。
突然ぜんぜん知らない女の子が押しかけてきて5ヶ月間を暮らしたのだ。

でもそんなハプニングさえ今となっては懐かしい話。

北海道に行けば、もうここに戻ってくることはないかもしれない。
当然この風景ももう見れなくなる。



26-0007.jpg
そして、とうとうなつきとの別れのときが来た。


別れはあっけなかった。

改札をくぐって人混みにまぎれてしまってそれで終わり。




別れとは。

こんなにあっけないものなのか。。。



26-0008.jpg
そんな洸太が目にしたものはあのときのプリクラ写真。


あの時はじめて生まれた恋心。

たしかにちょっとは意識していた
それが洸太の胸を占めるまで膨らんだきっかけになったキス。



26-0009.jpg
洸太の気持ちははじけとんだ。


まだ。別れにしたくない!!


[ 2011/03/10 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第26話(最終話)「この気持ちさえ」 感想その1 


26-0001.jpg
明日は北海道へと向かう前夜。



26-0002.jpg
洸太の想いは伝えられるのか。



26-0003.jpg
緊張全開だったけど
なつきは布団にもぐりに来ただけなのか?


洸太としては伝えたい気持ちがあるのに
今このタイミングでは告白を伝えることができない。



26-0004.jpg
まして。
奏とのことを話題にされたのではますます言いづらくなってしまう…



26-0005.jpg
気持ちがそがれてしまった洸太。



26-0006.jpg
背中に感じるなつきの気配。
すぐ後ろにいるなつきに
今の恋焦がれる気持ちを伝えたくともタイミングが悪すぎる。

最後の夜の添い寝にすごくドキドキするはずなのに
今夜はその気持ちさえ起きやしない。。。




[ 2011/03/09 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第25話 「告白」 感想その3 

奏からの最後の忠告。



25-011.jpg
「あのひとにちゃんと告白しなさいよね」



気持ちを伝えないままウジウジ悩むのはいやだった奏。
なつきに対してウジウジしている洸太に檄を飛ばすのは奏なりの気遣い。



25-012.jpg
幸いなつきと二人きりの帰り道。
告白をするのなら今がチャンスではないだろうか。


もともと洸太がなつきを好きでも、なつきが洸太を好きとはわからないのだ。
でも気持ちを伝えないままウジウジ悩むのはいやだ。


25-013.jpg
ならば。
洸太も腹を決める。。。ものの。。。



言葉が出ない。

恥ずかしさと緊張で口をパクパクさせることしかできない。





引越しが明日の朝に迫ったその夜。




25-014.jpg
なつきが洸太の寝室を訪ねる。





25-015.jpg
話がしたい。

お世話になったから思い出話。

ふたりともこのまま眠れないから…



25-016.jpg



そして物語はクライマックス突入。




[ 2011/03/08 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第25話 「告白」 感想その2 

自分の中に芽生えた恋心。

今まで変なプライドとかそんなものが邪魔して伝え切れなかった想い。





25-007.jpg
だけどその気持ちは残念ながら届かなかった。。。


気持ちを伝えることに意味があった。

伝えられただけでいいんだ。





25-008.jpg
恋をしたことで自分の中の何かが変わった。

トゲトゲしかった印象だったけどやわらかくなった。




だけど。




25-009.jpg
だけど。。。






25-010.jpg
フラれるとわかっていてもくやしいに決まってる。
結果は最初から見えていたにしても悲しいに決まってる。

なにより今の自分の年齢では及ばない人が相手では。



奏ちゃんの13歳のほのかに灯る恋の炎は
年齢・距離という壁の前に消えてしまった。。。



[ 2011/03/07 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第25話 「告白」 感想その1 

河下作品において恋の話には必ず清算という場面がある。

いちごのときは注さん自身が白熱してしまった東城との別れ。

初恋限定のときはちぃーちゃんの恋の清算とか
楠田くんの海辺での昭和的告白とか
最終話を飾ったあゆみの恋の結末とか


そして。
このあねどきっでも13歳なりの恋にひとつの決着がつけられるのであった。



25-001.jpg
寒空の下。ふたりは出会った。
公園の遊具の中で風をしのいでいるとはいえ
冬空の空気は薄着の奏を凍てつかせる。


あわてて飛び出してきたため。
パジャマにコートを羽織っただけの服装では寒さで感覚すらあやしくなる。



25-002.jpg
マフラーを差し出してくれる洸太に




25-003.jpg
意を決して洸太の胸に飛び込む奏。




とっさにまわした洸太の手が肩にあてられる。



25-004.jpg
緊張が走る。





25-005.jpg
目を閉じて鼓動を鎮める。


あと数日で洸太はいなくなってしまう。
だから今夜この場所が奏にとって正念場。


邪魔するものはいない。

変に格好をつける必要もない。

そして奏は動く。








25-006.jpg
「あたし 洸太くんのことが…すき…」







[ 2011/03/06 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第24話 「父、帰る!!」 感想その2 

そして今度は学校で洸太はお別れを告げることになる。




24-007.jpg
とうぜん奏ちゃんは顔面蒼白で意識がぶっ飛んでしまう。


転校まであと数日。
友達と心ゆくまで遊んでも満たされない。



24-008.jpg
なぜか家には帰りたくない。

だけど行く場所があるわけじゃない。

寒さと風をしのげる場所を探しながら洸太は歩く…






24-009.jpg
そのころ完全に放心状態の奏ちゃん。

恋とか
目標とか
生きがいを一瞬で消し飛ばされてしまいつつある夜の10時。


なつきからの電話で正気に戻る。


洸太がこんな時間になっても家に帰っていないのだ。



24-010.jpg
だけど一ヶ所だけ奏ちゃんには思い当たる場所があった。



24-011.jpg
それは公園。

キス疑惑を打ち消すために1週間沈黙すると誓ったあの場所
そのかわり1週間分話をしようとした場所であった。


[ 2011/03/05 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第24話 「父、帰る!!」 感想その1 


24-001.jpg
ただひとりクリスマス気分の親父。
細かいようだが名前は洋介といい39歳の独身らしい



24-002.jpg
こんないい感じの顔立ちのお父さんなのに
はるか昔には「キャバクラ」と連呼したり
一晩で30万円遊んでしまったとか武勇伝が絶えない。



そしてここに。
このタイミングで父親が帰ってきたのには意味がある。



それは…

これだ。。。




24-003.jpg
「正式に札幌支社に配属が決まったんだ」




突然の転勤話。

それも来週には札幌へと。

転校もそうだが、この生活の突然の終末がこんな形になるとは。




24-004.jpg
精一杯強がって見せるものの。。。




24-005.jpg
なつきとの思い出が詰まりに詰まったこの5ヶ月間が消えていくなんて


13歳の自分には何にもできない。

わがままを言って父を困らせることもできない
洸太自身ここにとどまって生活をしたいと思っても今の自分ではそれもかなわない。



24-006.jpg
ただ泣くことしかできない洸太
なつきもその手は扉をノックすることができなかった


[ 2011/03/04 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第23話 「出陣!! 冬のセール!!」 感想その1 

23-001.jpg
あれから1週間
はる姉の野望のひとつ。
超有名女優との契約はうまくいった模様。



006.jpg
「俺は! なつきのことが好きなんだよ!!」

この告白だって間違いなつきに聞かれたはずなのに
いまだにノーリアクション。


別に何にも変わらない
日曜日の昼下がり
いつものどおりの毎日が繰り広げられていく。



TVの特売CMに引かれ3人は買い物に出かける。



23-002.jpg
女性人のお目当ては2階の婦人服売り場。

コート1000円とかデニム500円とか
破格な値段に飛び込む理由は洸太の父親からの仕送りでやりくりしているからw


さすがは河下先生こーゆー軽いジャブは確実に決めてきます。



23-003.jpg
そして戦闘が開始された
3人いれば15点を9000円で手に入れられる下着コーナータイムセール



23-004.jpg
なつきさん。
なんかすごいの着けるみたいですね。。。



やがて戦場も人数がすくなりなり。。。
いつの間にかはぐれてしまった洸太。


13歳の思春期真っ只中の洸太にとって
なつきの買い物品の下着を持って
いつまでも婦人服売り場に立ちすくんでいるわけにはいかない

なつきの名前を呼んで探し出さなければいつまでもここにいることになる。



この間は勢いで呼んだけど。
いざとなるとやはりちょっと恥ずかしい。

軽く息を吸って意を決する。



23-005.jpg
「なつき! なつき…どこにいるんだよ!!」


ちょっと恥じらいで頬を染め
でもたしかになつきを呼べた洸太。



23-006.jpg
そしたら意外と近くにいた。



みんなでおそろいのマフラーを買っていたのだ。


帰り道。
ふっとなつきは立ち止まる。


23-007.jpg
それは工事現場。

ちあきにとっては馴染みのない場所だが
なつきと洸太にとっては初めて出会った空き地があった場所である。


あのときの不意な出会いから5ヶ月…



23-008.jpg
洸太の中で確実になつきへの恋が生まれていた。






23-009.jpg
と同時に5ヶ月ぶりに父親も帰ってきていた…

[ 2011/03/03 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第22話 「なつき イズ マネー!?」 感想その2 

007.jpg
そこへ洸太救出に駆けつけたなつき。




008.jpg
洸太の無事に安堵し涙を流すなつき。

そのなつきの心に打たれた洸太の目にも涙が浮かぶ。




今まで積もりに積もっていたなつきへの気持ちが炸裂する。



009.jpg
「ずっとウチにいていーから…っ」
「やりたいこと自由にやっていいから…!」



手を取り合い
涙こぼれるままに…


010.jpg
はる姉と読者を完全に置いてけぼりで二人の世界は回っていく。




さらにはる姉の野望を止めたのは、ちあきの知恵。



011.jpg
萩原家の両親はほとんど存在感がないうえにリアルな部分を排除され。
徹底的に都合のいい存在なためこんな設定も可能だ。

カジノで出会った超有名女優と友達になり。
その女優さんがはる姉の会社の専属契約を申し込んできた上に
経済効果がなつきを上回る150億円と来たから…



012.jpg
はる姉。ホクホク顔w



こうして。
はる姉の野望からなつきの存在は消えて平和が訪れたのであった。

[ 2011/03/02 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第22話 「なつき イズ マネー!?」 感想その1 

あっという間に縛り上げられて誘拐された洸太。


001.jpg
連れて来られた所は女王はる姉の部屋。


002.jpg
どうやら写真立てから察するになつきが使っていた部屋のようだ。


部屋のコルクボードに張られている写真。

はる姉の出世に反比例して無表情になっていくなつき。




003.jpg
さらに大富豪とのお見合いとはいえ
相手がこんなエロそうなおじさまでは洸太にとっては気が気ではない


商品としてのなつきの経済効果はザッと見積もって50億円。
はる姉の野望を打ち砕くべく洸太は叫ぶ。



004.jpg
「アイツの結婚の話はナシにしてください!!」


そんなお金のかからない頼みごとなど大キライな、はる姉。



「人の人生タダで動かそうなんて考え甘いわよ!」
「この話にクビつっこんだってキミが得するワケじゃないでしょ?」


005.jpg
はる姉のクールで打算的な言葉の中で洸太の決心がつく。


それは決してなつきの境遇に同情したわけではなく
ひとりの。
13歳の男子中学生としての決意。



006.jpg
「俺は! なつきのことが好きなんだよ!!」

[ 2011/03/01 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

『あねどきっ』について語る 座談会のお知らせ 

みなさん大変お久しぶりです。
『こーゆーの』管理人の注さんです。

ここんとこ。
おもいっきりご無沙汰ですが私はまだまだ元気で生きていますww



さてこのたび
『あねどきっ』をただひたすら追いかける。-感想と考察- の管理人である。
神無 文葉月さんがこの夏、コミケに合同誌の発表を企画しておりまして
その中のひとつの記事として『あねどきっ』について語る座談会を開催することになり



僭越ながら当ブログ管理人である『注さん』にオファーが届きました。



以下、企画の詳細です。

○テーマ
以下の3テーマを用意しております。

・『あねどきっ』好きなキャラは誰?
あまりキャラクターの多くない作品ですが、それゆえに1人1人の重みが大きいもの。
~が好きなんだ!という思いを熱く語ってください!
もちろん、1人に絞れないよ、とか、誰も好きになれなかった、という意見も歓迎です。

・『あねどきっ』に期待していたこと
短期連載であったがゆえに、河下先生も読者も不完全燃焼なのは、仕方ないところです。
そんな不満を、あえて熱く語りましょう!

・河下先生の次回作に期待すること
すでに『ジーマルえでぃしょん』 『ボクのアイドル』などの読切を公開されていますが、
それらが読みたい!という声、あるいは、これじゃないんだ、こうしてほしい!などといった読者の声を
熱く響かせてみましょう!


○参加資格

・『あねどきっ』をひととおり読んでいること。
そこまで深く読んでいなくても大丈夫です。
1回でも読んでいれば、十分議論に参加できるよう配慮します。

・合同誌の記事になることを承諾すること。
チャットのログは、一部編集の上、合同誌の記事として掲載予定です。
もちろん、オフレコの部分については宣言していただいた場合、掲載しません。

○参加方法
Windows Live Messengerを用いて議論します。

ここは『あねどきっ』をただひたすら追いかける。-感想と考察-を参照してください。

また、飛び入り参加もOKですが、合同誌の記事にする都合上、
あらかじめ本記事のコメント欄に参加表明していただけると助かります。
(簡単な自己紹介があるとよいです。)

○日時
2010/07/10(土) 21:00~22:30(予定)
(準備時間:20:30~ 雑談とチャットルーム調整のためのものです。
お早めにログオンされることをおすすめします。)
※日時は都合により変更の可能性があります。

○司会進行
神無 文葉月(『あねどきっ』をただひたすら追いかける。管理人)

以上、皆様と熱く議論したいと思います。
今までこのブログをROMっていた、という人でもかまいません。
どうぞ、お気軽にご参加ください。よろしくお願いします!




という事です。
注さんってどんな方?
神無 文葉月さんってどんな方?
今までこのブログをROMっていたけどこんな奇特な管理人と意見交換したい。という方

ぜひご参加をどうぞ。
参加者は多いに越した事はありません。
あなたの飛び込む勇気に期待しています♪
絶対22:30(予定)に終わらないぜ。
終わらせるつもりないしww
翌日は日曜日だしww

[ 2010/06/25 06:44 ] あねどきっ | TB(1) | CM(0)

あねどきっ 第21話 「世界の下着女王!!」 感想その2 

さらに設定紹介は続く。



20100308006~1
新作発表会とは建前で。
実はなつきをセレブのオジサン達に紹介するパーティーだったと。

それがなつきの家出の理由。



20100308007~1
なつきを見初めてもらって
資金援助をもくろむはるきお姉さんの野望だった。



20100308008~1
スケールのでかいお姉さんであります。



20100308009~1
さらになつきの両親の設定。
はるきお姉さんの稼いだお金で世界中を遊びまわっている。。。

なんだなんだ
河下先生この設定好きだなぁ。




20100308010~1
結局なつきを説得して引き上げるのを諦めたのか
お姉さんお帰りです。



20100308011~1
だけど笑顔にだまされてはいけません。




20100308012~1
あっという間に縛り上げられて誘拐されてしまいました。。。


これだけ破天荒なキャラ
河下センセの漫画で初めて見た気がします。。。

[ 2010/03/13 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(2)

あねどきっ 第21話 「世界の下着女王!!」 感想その1 

20100308001~1
「我が家の長女・・・です」
と紹介した女性。

どうやら奏ちゃんはこのお姉さんを知っているようです。


20100308002~1
どうやらそーゆーことらしい。





20100308003~1
ここでちょこっと設定を紹介しています。





この突然の設定紹介について
『あねどきっ』をただひたすら追いかける。-感想と考察- 
の管理人である神無文さんが懸念していた事態がおきたわけですよ。

『まあ、そんな急な展開に対して、
話どうこうよりも恐れなければならない事態があるからこそ、
今回の話ばかりは落ち着いて読めませんでした。』

かくいう注さんも
「アレアレ、こんな感じで設定出しちゃいますか?」と心配していたわけですが
まあそれはそれで今更しょうがないのですが、ここはこのまま進みましょう。



20100308004~1
さらになつきの家出の理由まで。。。

いろいろ言及したい部分はあったのですが
もうそれはそれでアレなんでここはこのまま進みましょう。


20100308005~1
はるきお姉さんの来年の新作テーマ『アジアンビューティー』
そのちょっぴり大胆な下着でモデルデビュー・・・。

13歳の洸太にはこんな下着以前のモデル像をイメージ。
踊り子さんでもこんな過激な衣装つけませんって。。。


[ 2010/03/12 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第19話 「もう4年遅く」 感想その4 

校内に入った洸太を待っていたのは中学の制服に着替えたなつき。


20100111008-1.jpg
普通中学の制服って言うのは
色気とか出ないようにうまいこと作られているんですが


なんてことでしょう!


ブラウスの前は、はちきれそうだし
スカートは完全に寸足らずだし
なによりそのツインテールは完全に反則だ♪


(近々加工してウチのトップ絵に持ってこようww)




20100111009~1
ちょっとかがめば下着が・・・。

しかしながらこの下着の書き込み。
いちごの時代をはるかに超えてますね!

なつきの服ってパーカーと短パンとブーツだったけど
それらのかさばるのどこにおいてきたんだろ?


いい加減帰ろうと提案する洸太になつきの反応は唐突だ。



20100111010~1
ここで着替えちゃうか?

ツインテールで幼さを残しつつ
このバストサイズの破壊力。

このギャップ。
この意外性。

そしてこの管理人のどこまでも果てしない変態性。


洸太が思わず声上げてしまうから
先生が来ちゃって
思わず教卓の中に下着姿のなつきを隠すのだけど。

20100111011~1
しかしながらこのポーズ。



・・・。
・・・。
・・・。
・・・。
・・・。



どこの成年コミックだ!?


ふきだしの落合君!? も
なつきが言っているように読めば
興奮度倍増ですww



20100111012~1
いやはや本当に素晴らしいです。

中学校の教室ですよ。
そんな場所でこの有様ですよ。

いいですね。
実に背徳の香りがたちこめております



成年コミックだったら全然アリな展開ですけどね。




20100111013~1
突然なつきは思わせぶりな言葉を口にする。

あれ!?
なつきってこんな女の子だったっけ?

なんだこのセリフは?





20100111015~1
さらにもう一人登場人物が現れる予感。

[ 2010/01/16 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第19話 「もう4年遅く」 感想その3 

買い物が終わってもまだまだ話は終わらない。




20100111006~1
洸太の通う中学校に行きたいと言い出すなつき。



20100111007~1
行動派。
猪突型。
言い方はどうでもいい。

考える前に飛んでしまうなつきは健在だった。
近所から物干し竿を拝借してそのまま棒高跳び。



次回。
なつきとのいけない放課後プレイですw

私もなぜか気合が入ります。。。




[ 2010/01/15 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第19話 「もう4年遅く」 感想その2 


さっきのちあきとなつきの
やり取りを全て聞いてしまった洸太としては終始無言。


いつかは出て行ってしまうとは知っていたけど。

複雑な感情が洸太の心を重くする。



20100111003~1
見かねてなつきが洸太とプリクラを撮る・・・。



20100111004~1
一向に笑顔を作らない洸太に対して・・・。



20100111005~1
奇襲攻撃♪

看病のおれいのキス。
[ 2010/01/14 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第19話 「もう4年遅く」 感想その1 

風邪も治り、夕飯の買出しに行くなつきとちあき。




20100111001~1
えっ?
これって何のフラグっすか?






20100111002~1

洸太以上にこっちが凍ってしまうでしょ?



[ 2010/01/13 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第18話 「一夜限りの・・・」 感想その4 

洸太は自分の部屋になつきを運びこんだ。

ベッドで寝るのがお気に入りだったなつきに対する優しさだ。


20100104008.jpg
しかしながら制服姿で横たわれてこの顔色では不純に見えてしょうがない。




20100104009.jpg
自分で着替えようとしてブラウス脱いだんだけど
それが余計に不純に見えてしょうがない。



ちょっとした成年マンガ状態。




洸太もそんな気持ちでココロがいっぱいいっぱい。




20100104010.jpg
13歳には刺激が強すぎる
素晴らしく美しい白い背中でございますますますw




20100104011.jpg
ボク。
このお姉ちゃんが欲しい!

ぜったいにサンタさんにお願いするんだw








[ 2010/01/09 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第18話 「一夜限りの・・・」 感想その3 

なつきの失敗はさらにつづく。

風呂が沸かされていなかったのだ・・・。

水風呂に飛び込んでしまった洸太はなつきに文句を言いに行ったが。




20100104005.jpg
ものすごく色っぽいなつきがいた。



20100104006.jpg
しかしそれは風邪で高熱を出していたからであった。


ええと。


はるか昔 ここ でちーちゃんの火照った顔がたまらないと書きました。


非常に不謹慎で申し訳ないですが事実 



たまりません!



20100104007.jpg
不謹慎ついでにここも書いてしまおう。


河下御大・・・。


やりすぎです。




この少年誌にあるまじき不謹慎すぎる縦・・・くぁwせdrftgyふじこ・・・





[ 2010/01/08 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第18話 「一夜限りの・・・」 感想その2 

今回の話は

書いてて楽しくなるほど

貼り付けが過ぎるほど

なつきの魅力満載です。




20100104002.jpg
学校から帰宅した洸太を迎えたのはこんなパンツ。

普段とちょっと様子の違うなつきだが。

いまはまだ洸太も気が付かなかった。




20100104003.jpg
普段と違うリアクション。

いつものなつきなら
もっと洸太をからかうようなアクションをするはずなのに


顔を赤らめる・・・。



イイです!
すごくイイ♪




20100104004.jpg
さらに料理の失敗。

普段なら絶対ありえない涙ぐむなつき。




今回ばかりは何度も読み直すほど絶品です♪
[ 2010/01/07 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第18話 「一夜限りの・・・」 感想その1 

ちあきが友達の家にお泊りすることとなり。

ひさびさのなつきとの二人きりである。



20100104001.jpg
なにかを期待して妄想する洸太。
この妄想もけっこうなワンパターンだ。


それもみんなハダカだよ。



えっち。。。



だけど今回の話は

書いてて楽しくなるほど

貼り付けが過ぎるほど

なつきの魅力満載です。

次回からはフルスロットルで。
[ 2010/01/06 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第17話 「SILENT WEEK」 感想その2 

クラスの女の子が公園のベンチでしゃべくってて
みつかればまた噂になるからって理由だけど。



20100103005.jpg
美味しすぎる洸太である。


夕暮れ。
やっと狭いところから出られたふたり。
でガチガチに固まった身体をほぐすため


20100103006.jpg
ブランコに乗る奏
その無邪気な笑顔にドキドキする洸太


だけどそれよりも奏に聞いておきたいことがあった。



20100103007.jpg
「俺達ってホントにキ・・・キスしたの!?」








20100103008.jpg
「洸太くんは どっちがよかった?」




この受け流し。

13歳ではまだ早いだろ。



奏ちゃん。
だんだん有原あゆみに見えてきましたね…。






そして7日後。

噂はいつしか消えていた。
[ 2010/01/05 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第17話 「SILENT WEEK」 感想その1 

20100103001.jpg
思いがけず奏に呼び出される洸太。
キスの責任を取ろうという決意を固めてはあったが
この妄想はいささか飛躍しすぎだ。




20100103002.jpg
奏からの提案は1週間の沈黙。
それは噂を静めるための策。

洸太は奏の怒りが自分に向いていると勘違いしたが
怒りの方向はそっちではない。





20100103003.jpg
「そのかわり、これから1週間分話してもいいけど?」



狭い空間でふたりきり。
高まる鼓動。


だけど洸太には話題が出てこなかった。





20100103004.jpg
それどころかいつの間にか密着だ。




[ 2010/01/04 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第16話 「キス?スキ?キライ?」 感想その4 

20091228013.jpg
キスをした。してないに関わらず
翌日からクラスは大騒ぎとなる。




20091228014.jpg
女心は複雑というけど
それ以上にしてないと言い張る女の子にとって
この一連の騒ぎはちょっと以上に気恥ずかしい。




20091228015.jpg
そんな放課後。
奏ちゃんは洸太に話があるようだ。

[ 2009/12/31 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第16話 「キス?スキ?キライ?」 感想その3 


なつきはキスしたことあるんだろーか?

洸太は突然そんなことまで考える。





20091228009.jpg
くちびる。





20091228010.jpg
その口元に吸い寄せられる・・・。





20091228011.jpg
ちあに
普段以上に様子がおかしいことを突っ込まれて白状する洸太。




20091228012.jpg
だけどそれ以上に経験値低いちあは
キスという単語一つで撃沈しました。

[ 2009/12/30 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第16話 「キス?スキ?キライ?」 感想その2 



20091228005.jpg
13歳男子の場合。
この反応は当たり前。

現にしてるしてないに関わらずこんなショッキングなニュースはない。




20091228006.jpg
後ろめたい行動だっただけに奏の顔も赤くなる。





20091228007.jpg
奏にキスをされたとしても
なんとなく複雑な気持ちの洸太。




20091228008.jpg
でも。スジは通すことを決めた。
洸太13歳の秋である。
[ 2009/12/29 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第16話 「キス?スキ?キライ?」 感想その1 

20091228001.jpg
ふたりのほかに誰もいない教室。
おもわずあたりを見回してしまうが邪魔をされる様子はない。



20091228002.jpg
奏の決意は決まった。。。





20091228003.jpg
洸太の顔に近づけていく・・・。









20091228004.jpg
・・・乱入者あり






奏ちゃん残念



[ 2009/12/28 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)

あねどきっ 第15話 「眠れないトゥナイト」 感想その4 

作業中に眠くなってしまった洸太。
そんな時間までなつきを待っていたのかよ・・・。



20091126011.jpg


そんなウトウトし始めた洸太の後ろで奏は画策中。



せっかくふたりきりのチャンスを作ったというのに・・・。
洸太は眠ってしまった・・・。


20091126012.jpg

でもこれってもっとチャンスかも・・・。


うーん。懐かしいシチュエーションだ。

[ 2009/12/13 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(1)
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。