月別アーカイブ  [ 2005年10月 ] 
≪前月 |  2005年10月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いちご100% 第067話 「もうひとつの合宿」 

「いつも… ここで会ってたんだ西野さんと…」
t_067-01.jpg
「ふぅーんそうなんだ 真中くん教えてくれたっていいのに」

●笑顔の向こう側に隠された想いは…!?

驚いたのは真中のほうだった。
『怒って…ない?』
…普通の東城だった それからもずっと東城はいつもの通りで…

『考えすぎだったのか? 俺と西野が会ったら東城が傷付くって思ったのは 
東城といいカンジなのときもあったのに何であんなに無反応なんだ』

そして真中淳平は 高校2年生の夏休みを迎え 映研の合宿先へ向かう列車に揺られていた。

実は待ち合わせの時間に寝坊した真中。
家の用事で後から来ることになっていた東城とふたりきりで列車に乗っているのである。
東城といえばよっぽど疲れているらしく ずっと眠ったままであった。
t_067-02.jpg
この寝ぼけた顔。こんなボケた東城もかわいいですね。

合宿先の駅に降り立つ二人。
真中は気を使って東城の荷物を持ってあげる。
「…そんなに優しくしてくれなくても大丈夫だよ…」
東城にしてみればこの間の映画館での一件のことを 含ませた一言だったに違いない。

もうバスも終わってしまったくらい田舎の山道を地図を頼りに歩いていく。
…でも意外と田舎の道も複雑なもので
 
夕方5時半になっても 全然回りの景色は変わらず 携帯も圏外となる。
東城は弱音を吐かないでいてくれるから「本当は迷ったんじゃ?」なんて言える状況になかった

そこで真中は提案する。
東城を休ませてその間 自分はこの道の先の様子を見に行くと。

荷物と共に東城は『ちょこん』とすわって真中を待っていた。
しかし天候はだんだんと不穏な雲行きとなりはじめる、
待っている間に飛び出してきた野生のウサギや花に心奪われるものの
いつまで待っても帰ってこない真中を心配し始める。

そしてついに荷物を置いて真中を探しに走り始める。
t_067-03.jpg
残された荷物に人影が現われ、何者かが二人の荷物を持ち去ってしまう。

その頃真中は地図を頼りに見つけたものはボロボロの小屋であった。
地図ではこの当たりに合宿所があるというのだがあの建物ではないだろう…。
と迷っている間に東城が追いついた。
t_067-04.jpg
「真中くーん あ!! 見つけたんだね合宿所!!」
「え!? あ 危ない!! 東城」
走ってきた東城の勢いで二人は大きな水溜りに飛び込んでしまう。

とりあえず小屋に向かって避難する。
しかし小屋の中はひどく荒れ果てていてとても人が住めるような状況ではなかった。
水道だけは生きていたようでこれで泥水を洗い流そうと提案する東城。
着替えの入っていたカバンを取りに戻る真中であったが、
t_067-05.jpg
愕然とする。
荷物がなくなっていたのだ。

真中の知る由ではなかったが、荷物は既に外村が回収済みだったのである。
「外 見に行ったら前の道に荷物あってさ そのままロケ地探してんじゃねーの?」

今にも降り出しそうな空模様は ついに雷と共に降り始めた。
泥水で汚れ、また雨に降られ寒気を感じ始める東城。
そんななかうつむいた真中が戻ってきた。

「お帰りなさい真中くん あれ? 荷物は…」
「…なくなってた」
t_067-06.jpg
「な…なくなってたって…」
「他のところも探したんだけど」
「…あたしのせいだ…」
実は外村のメモ用紙が置かれていたみたいなんですが、風に飛ばされたか藪の中に引っかかっています。

この天気の中。そしてだんだんと日没が迫ってくる中。
この小屋で一晩過ごすことを決断する真中。
東城は部屋の片隅で小さくなって震えていた。
服が濡れて体温が下がっているのだ。
「東城…? どうした具合悪いのか?」
「ううん…たださっきから寒くて…真中くんは寒くない…の?」

きっと真中は本か何かで取り入れた知識をなにげなく披露したつもりだったのだろうが、実はこの状況下でその発言はかなり大胆なものだった。
「その…ふ…服脱いで体を拭けば多分…」

同じことを東城も考えていたようだ…。
何事かを決意するように頷きながら
「…うん あたしもそう思ってた…」

「きゃああっ!!!」
その時大きな落雷が響き
t_067-07.jpg

東城は真中にしがみつく
…雨足はいよいよ強くなる。

●閉ざされた世界に二人きりの夜が今、訪れる…!!








この記事の原作はこちらまで
スポンサーサイト
[ 2005/10/29 09:15 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第066話 「オールOK!!」 

●いきなり何をッ!?
t_066-01.jpg
物語の冒頭 パジャマのボタンに手をかける寝ぼけ唯。
そんな寝ぼけ眼の先には午前3時にもかかわらず東城の脚本を絵コンテに仕上げている真中の姿があった。
明日の朝起きれなくても、この脚本の良さを倍にするために燃えていたのである。

結局。次の日の授業は放課後まで寝倒した真中。
そこへ美鈴が真中を呼びにやって来た。
「今日はちゃんと部活に出てもらうからな!!」

おもわず「バイト」と口走ってしまった真中だが、幸い気が付かれなかったようである。
t_066-02.jpg
真中は映画館でバイトしていることを知られたくはなかった。
というのは隣に西野がバイトしているケーキ屋があるという点でいろいろ面倒なことが起こりそうだと考えていたからである。

「今日は部活に出る予定だったぜ? 絵コンテを仕上げてきたからな」
「私も見てほしい人がいるの 今から全員でその人に再交渉しに行くから!!」

美鈴に付き添われて行く先には、どう考えても『あの店』に向かっているようにならない…
はらはらしだす真中を他所に やはり着いたところは『パティスリー鶴屋』

黙って上手くやり過ごせばいいのに そうは出来ない真中。
挙動不審が逆効果となり、「出直そう」とか言い出す始末、
なるべくなら西野に会わずにすましたい真中である。
この撮影に西野が加わったらきっと東城だってやりにくいだろうし…
などと考えていたら背後から西野が声をかけてきた。
t_066-03.jpg
「さっきから淳平くんたち 店の前で何してんの? 営業妨害は困るんだけどなぁ」

久し振りの再会に驚く面々だが
真中ひとりだけ困っていた。
西野に親しく声をかけられてしまうと全然別れたっぽく見えないから…。
それに東城の神妙な顔が痛々しくて…。
俺達しょっちゅう会ってることを知られたくないから
t_066-04.jpg
「俺達も久し振り…だよ…な?」
などと白々しい嘘をついてしまう。
最低です。
いったい真中は今誰に対して気を使っているのでしょうか。
t_066-05.jpg
それでもそんな真中のことを気遣ったつかさはいい子です。

そんな真中を他所に美鈴の出演交渉は熱を帯びていた。
「知り合いならなおのこと手伝ってもらえたらって思うんですけど!」
「でも学校違うといろいろ厄介じゃない? それに人前で演技なんて正直自信ないもん」
迷っている西野の背中を押したのは東城の一言だった。

t_066-06.jpg
「あたしこの脚本書いたくせにヒロイン像は漠然としたイメージだけだったの」
「けど今は違う 西野さん…できればあたしも西野さんにあの役演じてほしいわ」

美鈴に請われ真中も西野に出演を依頼する。

t_066-07.jpg
「…オッケー! 監督のご要望なら応えちゃおっかな!」

あわてて主人公役を志願する小宮山。
「…どうなっても知らないんだから」とつぶやくさつき。

ここで西野がケーキ屋のバイトを選んだ理由が明らかになる。
店長の孫が考え出すケーキの素晴らしさと味に惹かれたのだと。

真中は西野に次回作の台本を渡し、映研一同はケーキ屋を後にする。
その時真中には聞こえていなかったようだがこの近くに映画館があるから今度一緒に行こうと話をする美鈴と東城。

その夜。西野の出演が決まり映画のイメージがより鮮明になったことで妄想を楽しみだす真中。
あのときの青いワンピースで行こう…
夏だから水着は入れたい…
浴衣も捨てがたい…

という妄想も後日館内での西野の一言で現実に戻される。
t_066-08.jpg
「ねえ…やっぱりあたしたちが近い場所でバイトしてるのみんなに知られたくないの…?」
淳平くんにはその方が都合いいんだって思ったからあわせてくれた西野。

…しかしそのふたりだけの秘密も長くは続かなかった。
館長の撒いた水が東城と美鈴を直撃したのである。
t_066-09.jpg
さらに事情を何ひとつ知らない館長は
真中が一番聞かれたくない東城のまえで
t_066-10.jpg
「お前たち ホントいっつも仲いいなあー」
「いつも…?」

『だって変に思うだろ? 俺達別れたはずなのに』

●淳平、一歩も動けず!!








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/29 09:11 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第065話 「自分を信じて」 

●真中監督の次回作、主演は…誰だ!?

外は雨。梅雨模様です。
「ちぇーっ 今回の映画のヒロイン役はあたしじゃないのかぁ」
そこへ歩み寄る美鈴。
t_065-01.jpg
「北大路センパイ ちょっと換気してもいいですかぁ?」
と窓を全開にし、降り込んだ雨でびっしょり濡れるさつき。
「ぎゃーっっ!! いきなり何すんのよバカじゃないのアンタ!!」

t_065-02.jpg
「ダメダメ!! この作品のヒロインなら絶対今みたいな野蛮な態度とらないはずよ!?」 
さつきの配役は『主人公の幼なじみ』と決まる。しかし決まったのはまだそれだけ。
主役もヒロイン役も不在なまま。このままでは練習も出来ない。

部屋でジッとしててもはじまらねーだろ? だから使えそーなコをスカウトしといてよ。
という理由で部活を解散させて出かける真中。

「ねえお兄ちゃん! お兄ちゃんのデータの中にはあのヒロインに似合いそうな娘いないわけ?」
美鈴は兄に頼むが、兄は言いよどむ。
『いるっていえばいるけど 真中は多分使いたがらないだろうな…』

真中のお目当ては、西野のメイド服なのか、館長へのケーキなのかよくよく通っているらしい。
真中は西野のバイトしてる店でケーキを買って、館長と映画の話を始める。
「ワシはな 映画とは人を幸せにするためにこそあると思ってる」

映画談義に華が咲くふたり。
「俺は驚かせたいんだ 俺の映画で! でもいい機材持ってねーし…」
「何が機材じゃウチで上映してる映画 ちゃんと観てんのか!?」
t_065-03.jpg
昔に思いを馳せる玉三郎館長。
「映画を手軽に作れる時代にいることを幸せだと思わんとな さらにそれで誰かを幸せに出来たら最高じゃな」
t_065-04.jpg
「あたし映画のことはさっぱりわからないけど…映画もケーキも似たようなものなんだね」
「…え?」
「だってさ どっちとも人を幸せにしてあげよう撮って気持ちは一緒だもん!」

その帰り西野と学園祭向けの第二作目の話をしたようで。
「頑張って! あたしも楽しみにしてるから」 と励ましをもらう。

そういえば 西野確か前に自分も映画作りに参加したかったって言ったことあったけど…。
今はもう無理だよな…。

西野は真中との交際の後、映画を観るようになったという。淳平くんもこの映画見たのかな~なんて考えながら。
別れたあとも少しは考えてた…? と推測してしまう真中。


翌日の映研部室に飛び込んできたのは現国の佐藤先生。
『文芸星屑』の審査員特別賞に東城の作品が選ばれたそうなのだ。

t_065-05.jpg
「『文芸星屑』っていったら結構有名じゃん? 映画の脚本にしてもいい話書くなあって思ってたけどさ やっぱ東城って才能あるんだな …なぁ真中?」
外村の声が耳に入っていたかは定かではないが
部活へやって来た東城を囲んで祝福する美鈴を見ながら心ここにあらずな真中。

t_065-06.jpg
心落ち着けるために深呼吸して東城を祝福する真中。
「俺も頑張っていい映画撮らないと せっかくの脚本台無しにしちゃうもんな!」
と虚勢を張って笑うものの そんな真中の心中を東城はしっかり見抜いていた。

t_065-07.jpg
ふたりの帰り道。
空気がいつもと違い重々しい。
「降り出しそうだね 雨」
「まぁ 梅雨だからな…」

先に切り出したのは東城
「…真中くん もしかして怒ってるの?」
「…え ええ!? なんで?」
「だって…あたし真中くんに内緒で投稿したから…」
「いや…別にそんなの怒る理由にならねーし…」

「羨ましかったんだ…」
怒っているわけではない もし怒っているとしたらそれは自分に対しての怒りであり。
東城は世間的に認められているのに自分はなんなんだって思い始め 
他人の成功に嫉妬し始めている自分はダメな証拠だよなと 素直に心情吐露する。
「…そんな風に言わないで」

t_065-08.jpg
「真中くんがいたから 今の自分がいるっていつも思ってるよ」
去年東城の脚本で作った映画に 素直に感動して涙したことをつげる東城。

t_065-09.jpg
「だから大丈夫!! 自分をちゃんと信じてあげて!」
少年マンガらしいひとコマだと思います。
このふたりのつながりはこういった創作過程における励まし合いにあると思います。
友情の行き着く先に、多少の恋愛感情が織り込まれ複雑になった感はあるのですが
私はこの関係が真中と東城をつなぐ絆であるようにとらえています。

「…俺 根が単純だからおだてられると立ち直り早いんだ~」



その頃 美鈴はテアトル泉坂の近くで次回作のヒロイン像に近い女性を見つけていた。
近づいて声をかけようとしたところ通行人にぶつかって、手に持っていたジュースをその女性にかけてしまうが
ジュースをかけられたことよりも美鈴の制服を心配する反応振りに
美鈴は確信していた。
映画のヒロイン見つけたー!!!
t_065-10.jpg
それはまぎれもなく『西野つかさ』であった。

●主役大決定!?








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/29 09:05 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第064話 「運命の扉」 

●いま大きく動き始めた 迷える恋の勢力図…。

先日自分の誕生日を迎えて 
わずかだけど女の子達との距離にそれぞれ変化があった気がする
いま俺の心のコンパスは
どの娘の方角を指しているのだろうか…


その日の映研は、東城が次回作の映画の脚本を完成させたため、みんなで本読みを行っている最中であった。
しかしさつきは不在。映研ただ一人の女優ということで不在に怒り心頭の美鈴。

しかしすごいのはこの脚本。
グングンと東城の描いた世界に引きずりこまれていく真中。
しかし読んでいて一点だけ 釈然としないところがある。それはこのヒロインがどう考えてもさつきではないという点。
「…まぁいいんじゃねーか?」
「なーにが『まぁいい』だよ こんなに素晴らしい作品目の前にして感想はそれだけか」
「…あとは配役次第かな このヒロインさつきは向いてないと思うんだよな」
「うん…それ同意見」

何度読んでも今回のヒロインは西野のイメージなのだ。
わざと東城がそういう設定にしたんじゃないかと邪推するほどあてはまるようだ。

と、考え事をしながらバイト先の映画館に向かっていると、店先を水撒きしていた館長に水をかけられてしまう。
身体を拭くために館内の部屋に入る真中。
館長『玉三郎』は必死でその部屋に入られるのを拒むが着替えをしなければ他に方法のない真中は強引にドアを開ける。

t_064-01.jpg
開けた先には西野…。

t_064-02.jpg
館長はこの着替えをさせたいがために西野に水をかけたらしい。
「かあっわい~い 死んだばーさんの若い頃そっくりじゃい!」

真中もしばし見とれていた。
この姿。この衣装。東城の書いたヒロイン像に近づいているようにかんじてならない。

真中のバイトする映画館から 3件先のケーキ屋に西野はバイトしていた。
いつもはただその店の前を通り過ぎるだけなのに そこで西野はずっと働いていた…。
こういうのを『偶然』というよりも『運命』というかもしれない…。

「バイト何時で終わるの? よかったら一緒に帰ろうよ!」
「…ああ! 終わる頃迎えに行くから!」
西野からの誘い。声さえ上ずりそうな真中の笑顔。

そしてバイト帰り。ふたりはおしゃべりしながら帰路につく。

通り過ぎていく人達には 俺達カップルに見えるのだろうか。
でもこんなところ東城やさつきに見られたら…。
いちど別れたはずの俺達なのに…これから毎週会えるなんて想像もしてなかったな…。

二人は近道するために夜の公園を横切ることにする。
今までここは近道だと知っていたわけだが、夜の公園を女の子一人で行くにはなんか怖くて行けない雰囲気だったという。

夜の公園のベンチには、どのベンチにも、カップルであふれかえっていた。
t_064-03.jpg
おもわず声を無くし、うつむいたまま公園を横切るふたり。
気まずくて声をかけることも出来ない真中。

しかし真中の心は嘘つきだった。
t_064-04.jpg
もしも西野と順調に付き合っていたら今頃はあんな事をしていたかも…

その時背後から西野の声がかかる
t_064-05.jpg
「ねぇ淳平くん 歩くの早いよ。…ちょっと止まって…」

ドクン

いけない想像に胸の高鳴る真中。
もう俺達つきあっていないのに。
でも以前西野から抱きすくめられたこともあったよな…。
でもこの足音だと西野はもうすぐ真後ろに…

振り返る真中に突き出されたのは
t_064-06.jpg
「はいこれ お店のケーキ!!」

真中への誕生日プレゼントだったみたいです。
いいんです高校生の恋愛はこーゆーのでいいんです。

「じゃあまた明日!!」
「おやすみ!!」
明日も日曜でバイトだからまた会えるんだ。
まるでつきあっていたときのように二人の周りの空気はそこにあったのです。

●つかさらしさフルスロトッル!?








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/21 09:01 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第063話 「揺れてBIRTHDAY」 

前回に引き続いて冒頭からパンツ
「今日は また随分かわいい下着つけて 学校行く気じゃん」
t_063-01.jpg

東城の朝のシャワーシーン。

姉の下着をチェックする弟の正太郎。
「つまんねぇーなぁ つまんねーぜ!!
いっつもダセーいちご柄か白のパンツしかはかねえ姉ちゃんがよぉー」
この弟…。カッコいい顔しているのにちょっとキテいます。

今日は5月10日。
真中の17歳の誕生日である。

疑問なのはなぜ真中の誕生日に勝負パンツを履くのでしょうか?
プレゼント渡すためだけに気合を入れたのでしょうか?
不純な私はどうしても履いた理由として『見せる』からと連想してしまう。

そして朝の学校の廊下。
さつきは真中の期待を裏切らず誕生日をプレゼントを渡します。
t_063-02.jpg
「お誕生日おめでとう 真中 はいこれプレゼント!!」

t_063-03.jpg
「ごめん 俺そのプレゼントもらえない」
真中は今朝から決心していたことがあった。
それは、さつきに対して何もしてあげられないから、これ以上何も もらえないという理由からであった。

それにしてもタイミングとか乙女心とかそんなものすべてを踏みにじるような、この断り方はいただけない。
「変な真中!! らしくないこと言っちゃって!」
「気持ちだけでいいよ」
t_063-04.jpg
どうしても受け取る気のない真中。
「俺なりに考えたんだ これ以上さつきの気持ちに応える自信はないから」
「そんな風に考えないでよ あたしはあたしのやりたいようにやってるだけなのに」
ガンとして受け取らない真中に怒り心頭のさつき
t_063-05.jpg
「なによそれ!! もう真中なんて大っ嫌い!!」

廊下に座りこむ真中
『…これで これでよかった…んだよな? こうしなきゃしょうがないんだし』

「あーあ ホントわかってないねぇ女心が」 そんな真中の横に座り話をする外村。
「ダメだ 真中にゃてんでジゴロの才能ねーや」
「…当たり前だろ」
「そんなんじゃ複数の女と付き合うなんてムリムリ!!」
「誰も複数の女とつきあうつもりなんてねーよ!!」
「んじゃ 誰が本命? どーせどの娘も放したくないって思ってるだけのくせに」
「んなこと思ってねーよ!!」
「ふ~ん どうかな~?  でも今の様子からすると北大路のやつ きっとまだ真中のこと好きだと思うぜ」

そのさつきは突き返されたプレゼントを胸に抱き泣きながら廊下を走っていた。
そして天地の胸にぶつかった
t_063-06.jpg

「…痛い 痛い! 痛い! 痛い痛い痛~い!!」
真中のプレゼントに買ったものを不要だから天地に売ろうとするさつき。
さつきの傷付いた心が癒えるなら喜んで買おうとする天地。
女性にやさしいという点では天地も真中も同じだが、こんなに違いがある。

やっぱり売るのをやめたさつき。
真中のためにあちこちの店まわったものだから…。
「…ねえ天地 天地は女性の味方だよね?」
「ん? ああ まあ…ね」
「それってさぁ あたしの味方でもあるってことだよね?」
「え」

そのあともさつきは教室に戻ってこなかった。
授業中。真中はずっと誰からも何ももらわないという悲壮な決意をしたものの早くも揺らいでいた。

t_063-07.jpg
「はい お誕生日おめでとう!」
東城からのバースデイプレゼントである。
さつきからのプレゼントを断っている真中だ。
t_063-08.jpg
「…ごめん もらえないんだ …その」
「西野…さん?」
「いや! 西野とは別れたんだよ …別れたけど…」
「いいんだよ」
t_063-09.jpg
「あたしは ただ真中くんの誕生日を祝いたいだけなんだもん」

結局 この言葉により真中の心が軽くなった感じがして、東城からのプレゼントを受け取る真中。

そこへ天地がやってきてさつきから渡すように頼まれたプレゼントを真中に手渡す。
さつきからのプレゼントは
t_063-10.jpg
さつきのセンス無敵です。おもわず赤ひげ薬局の広告を連想したよ。



そのころ東城は屋上で物憂げな顔をして風に揺れていた。
朝から気合を入れてきたのに、まだ真中の心の中には西野のことが引っかかっていたから。

いつも書いてきたことなんですが、東城の気持ちは言葉やセリフで表れてはこないため読者の判断にゆだねられています。
そしてその判断素材はいつも物言わぬ顔の表情だけです。
東城は自分が気持ちを伝えようとするたびに必ず西野の影が現われて伝えるのを断念します。
見ている読者は毎回ハラハラしながら この作者のビミョーなテンションを楽しむことになるのですが
それもあと100話くらい付き合うことになります。
実際こんなに心を振り回される関係なら離れていってしまうのが普通ですが、それはそれってことで。


この回から手持ちの都合で『ジャンプのスキャン画像』となります。
ジャンプの編集さんがいれたと思われる煽りなど使って締めの言葉とさせてもらっていいかな。

●受け入れられた気持ち… 伝え切れなかった言葉… 複雑な女心がさらなる嵐を呼ぶ!?








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/21 08:49 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第062話 「最後の一枚」 

t_062-01.jpg
物語冒頭から西野のいちごパンツ。
5月の連休の真っ只中、店は大繁盛である。

t_062-02.jpg
電話を受ける西野の背後にいる真中。
こういうすれ違いがまだまだ続いていきます。

『テアトル泉坂』はこの連休にもかかわらず相変わらず閑散としていた。ただで映画を観る代わりに掃除や雑用を行う真中である。

客席の掃除をしている際に、西野がケーキの出前を運んできた。
『パティスリー鶴屋』 それが店の名前。
ツケでケーキを頼んでいるじーさんだが、この日ばかりは西野のおごりということ。

このじーさん西野がとってもお気に入りらしく、手に擦り寄ったり。
西野のモノマネを始めたり したい放題です。

西野が店に戻った後、客席からあわてて飛び出してくる真中。
t_062-03.jpg
「館長! すみません今から早退させてくださいっ!!」

さつきの誕生日のために あわててプレゼントの買出しに向かう真中。結局真中は何にも変わってはいなかった…。
誰にも絞ることが出来ず、女の子にはみんなやさしい。
そしてそのことがみんなの心を惑わして物語をさらにもどかしくしていく。

t_062-04.jpg
互いに気が付かないすれ違い。
見ていてジリジリするような感触が憎らしい演出です。

そしてバイト中のさつきに向かって
誕生日プレゼントを差し出す真中。
t_062-05.jpg
「えっと 誕生日おめでとう!!」
中身は写真立て。日ごろ世話になってるさつきに真中のやさしさ。

t_062-06.jpg
「すっごく嬉しい ありがと」
さつきの涙に真中の胸が痛くなる。
普段は真中に嫌われてもおかしくないことばかりしているさつき。
まさかこんなに喜んでくれるなんて思わなかっただけに。
普段とのギャップにゆれる。

「いまから これに入れる写真一緒に撮りに行こう!!」
さつきの提案にすでにシャッターを切り始めている真中。
はしゃぎすぎて下着が見えていることを注意する真中に
t_062-07.jpg
「だって 挑発してるんだもん」

「なんだか昔のこと思い出すね」
それは真中とさつきの初対面のことであった。
あのときの第一印象は共に最悪だった。
「なのに不思議だね 今は…今はあたしこんなに真中のこと」
t_062-08.jpg
この悲しげな顔。 今度は真中も見逃さなかったさつきの表情。

『さつきのことは好きだ さつきも俺のこと好きで だけど俺達は恋人同士じゃない』
ふたりの間にある好きという感情の重みの違い。
この違いに悩む真中。

t_062-09.jpg

「最後はふたり一緒に写ろう!!」
突然のキス写真

『やっぱりこーゆーのって…いい』
宙ぶらりんで誰とも仲良くやっていた方が確かに気楽である。
『でももうこれ以上もらえない だって俺はさつきに何ひとつ返してやれないから 今後どんなことが会ってもさつきからはもう何ももらっちゃいけないんだ…』

キス写真を収めたカメラを大切そうに抱え
はしゃいでいるさつきを見ながら、西野・東城のことを考えている真中。さつきにその気持ちを伝えることが出来るのか?








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/21 08:42 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第061話 「涙のテアトル泉坂」 

真中の傷だらけの顔に対して外村が言うには
「西野つかさを救った名誉の負傷」

そこにさつきが真中をからかいに来るが
顔の負傷についてはスルー…。
それどころか放課後は真中と二人きりの部活ということに期待している始末。
早く部活の時間がきて二人っきりになりたいねぇーっ。
というサインを振りまいてるのに真中は気がついていない。

「けどよ いつまでも曖昧なまま仲良くしてるのって北大路には酷だと思うぜ」
t_061-01.jpg
「オマエにはそんなひどい怪我を負ってまで 守ろうとした女もいるわけだし」
真中と西野はまだ付きあっていると思っていた外村。
しかしここではじめて真中の口から別れていたことを確認。

「そっかあー今度作る映画に是非出演して欲しかったのになつかさチャン」

部室に向かう真中
窓越しに空を見ながら西野のことに思いを馳せる。
t_061-02.jpg
『なんでだろう 今の方がつきあってた頃より西野のこと考えている』

部室にはやはりさつきがひとりで待っていた。
「えっとね! あたしの誕生日5月3日でぇー 真中の誕生日5月10日でしょ?」
「あっ じゃあさつきもうすぐ17歳か おめでとう!」
「う うん だから…だからね…?」
t_061-03.jpg
「キスしてほしいな…って」
t_061-04.jpg
あの瞳
あの胸
あの腰
全部が男を誘ってるみたいで

しかし真中はさつきの色香を拒否した。
それはきっとここの奥にいたあの人のため…。
「…誰? 今真中の頭に浮かんでた人 誰? 東城さん?」

t_061-05.jpg
そんな様子を一部始終見ていた美鈴
あわてて何もなかったフリをする二人だが
美鈴の目は冷たく鋭かった
「待ちなよ」
真中に手渡したものは『テアトル泉坂』という映画館の無料チケット。
「いい映画見てちゃんとした審美眼養ってほしいだけよ」

そして美鈴が真中に問い掛ける。
「あたし他人のプライバシーに口挟むの好きじゃないんだけどさぁ」
t_061-06.jpg
「これじゃ東城先輩がかわいそう 自分が今したこと映画に置き換えて自分の役考えてみれば?」
「間違いなくアンタハッピーエンドなんてならないよ フラフラしてると最終的にバチがあたるんだから!」


実はこの後の部室による女達の話し合いのほうが面白い。
わざとさつきにまで聞こえる大きな声で真中を叱咤する美鈴に
真中はみんなに優しいと かばうさつき
「ホントはあたしだけやさしくしてくれるといいんだけど ダメだね今は あたしが一番真中から遠いや」

そこへ映画のストーリーをおもいついた東城が部室にやってくる。
聞きたいとせがむ美鈴だが
t_061-07.jpg
「でも一番最初に聞いてもらいたいのはやっぱり真中くんなの」

真中を取り巻く女性陣のベクトルを複雑な気持ちで見つめる美鈴


t_061-08.jpg
一方 テアトル泉坂の真中は映画を観て泣いていた。

この映画の内容が今の真中にすごく突き刺さったようだ。
『ある女が数人の女達と一人の男をめぐって争う内容だった 
その男というのは出来が悪い故に母性本能を刺激するという
あまりカッコよくない奴なのだが 女達全員がひたむきで
でも最後は全員バラバラになって…』

涙声で鼻をすすり、もう一回見ることにする真中。
ここでこの映画館のじーさんからバイトに誘われる。
土・日・祝日に働いてバイト代無しだが毎日ただで映画を観られるという条件で。

そしてじーさんと近所のケーキ屋から出前してもらったというケーキをふたりで食べながら、真中は西野のことを思い出していた。
『俺もようやく夢に向かってバイトできそうだよ…』


当然今はまだ知る由もなかったことだが、
そのじーさんが出前させたケーキ屋は
t_061-09.jpg

西野が看板として働いているケーキ屋であった。









この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/21 08:35 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第060話 「君を守りたい」 

西野に手を引かれ連れてこられた場所は階段下の倉庫。
何とか先生・生徒達を振り切ることに成功した二人。

桜海学園に侵入した理由を正直に話す真中。
「なーんだ あたしに会いにきてくれたのかと思っちゃった… なーんて!」
「騒ぎが落ち着くまで一緒に脱出の方法考えてあげる」


と。ここまでが前回の話です。
どこから桜海学園を脱出するか。
すべての門は警備員が配置されていてそこから出て行くのは不可能だろう。
壁には有刺鉄線が張られている…。

といろいろ真中のために考えてくれているのに
真中といえば西野にずっと見とれていた。
t_060-01.jpg

『やっぱりダントツで西野がかわいい』

当然違うこと考えてしまう真中の癖をよく知っている西野は真中のカバンに引っかかっている下着に反応する。
t_060-02.jpg
「ん?」
「や…やだーっ!! これあたしのブラじゃん!」

…っということは今西野はノーブラでブラウス着用ですかっ!!

さらに圧巻なのは 
「つっ つけるからあっち向いてて!」
t_060-03.jpg

t_060-04.jpg

布のこすれる音を頼りに聞き耳を立てる真中。
しかし倉庫の奥に鏡がなぜか置いてある…。

こんな位置に鏡置いてあったら西野だって気付くはずなんですが
その辺の細かいところはスルーってことで。

そんな事しながら真中は脱出方法を考えていた。
「今逃げ出すよりも放課後までここに身を潜めて 放課後にやってくる西野の親衛隊に紛れれば警備員の目をかわせるかもしれない」
という段取りで綿密に策を練っていくふたり。

ここで互いの近況報告も行われた。
西野は最近ケーキ屋でバイトを始めたこと。
前は笛ひとつで言うことを聞いた親衛隊も最近効果がなく、前のバイト先でバカ騒ぎをされてクビになって迷惑してるということ。

そんなやり取りの後真中は誰もいない倉庫の中で西野のことを考えていた。
『以前つきあっていても別れちゃったら即友達になれるものなんだろうか 俺もいつかは西野のことを友達として見ていけるんだろうか』

そして放課後をむかえ脱走計画がはじまる。
倉庫の窓から木を伝って外に出て、親衛隊を集める西野。
t_060-05.jpg
上手く紛れ込み桜海学園を抜け出した真中。
「やったあ淳平くん! 作戦成功だね!!」

親衛隊としては非常に面白くないセリフを言ってしまった西野。
「つかさちゃん 誰だよそいつ…」

一瞬にして空気が変わる。
誰だコイツ。
俺達の間では抜け駆けはしない決まりだろ?
なんでオマエだけそんなになれなれしいんだよ。

親衛隊に囲まれる中。真中はひるまずに立ち向かった。
そして、かなり久し振りに真中が男を見せる。
t_060-06.jpg

「ちょうどよかった おまえらに言いたいことがあったんだよ」
t_060-07.jpg

「これ以上つかさちゃんにまとわりつくな!!」
「集団で行動してどれだけ西野に迷惑かけているか考えたことあるのか!?」
t_060-08.jpg

「お前もう二度とつかさちゃんに迷惑かけるな!!」

しかし親衛隊としても素直にハイそうですかと納得できるわけもなく、拳に訴えかかる。
たちまち親衛の拳にかかる真中。
t_060-09.jpg

「俺…負けねぇ…どんだけ殴られたってこんな奴等なんか…だから心配しない…で…」



アツイ。
ここしばらく見ていなかった真中の熱さに心打たれました。

「ねえ 何でわざわざあんなこと言ったの?」
t_060-10.jpg

「したかったんだ 恩返し 今日西野が俺を守ってくれたみたいに…」

今回の話はいちごの中で大きな意味をもってくると思われます。
真中が身体張ってまで守ろうとした西野。
展開が大きく動く予感がしてなりません。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/21 08:27 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第059話 「救世主アゲイン」 

思えば唯に頼まれて友達のノートを返すだけのはずがひょんなことから今なぜか掃除ロッカーの中。
そして、その隙間から目に入るのはめくるめく女の子達だけの世界。そう、ここは夢の女子校

とうとうロッカーから逃げ出すこともできず、二時間目の授業が始まってしまった。
こうなると開き直って放課後までここにいようかという気になる真中であった。
当たり前のことだけど女子校なので女の子しかいない。
滅多にない機会なので見学しようという豪胆な気持ちになってくる。

しかし。いつまでも上手く隠れいるわけにもいかず生理現象は突然やってくる。
t_059-01.jpg

腹の虫が鳴るだけにとどまらず
突然襲い掛かって来た腹の具合…。

そしてとうとうロッカー内で物音を立ててしまい発見されてしまう。
t_059-02.jpg

「きゃーっ」
「ぎゃーっ」
「ぎゃ~~っっ!!」
「うわーっ!!」
(こんな手抜きでゴメン)
飛び交う悲鳴。悲鳴。悲鳴…。
桜海学園内を騒がす大騒動の幕開けにふさわしい悲鳴である。

とりあえず腹の具合を何とかすべく、トイレを探すが女子校で男子用トイレなど見つかるわけもなく手近なトイレに隠れこむ…。

t_059-03.jpg

しかしそこには授業をサボって一服していたお姉さんたちがいた。
いつのまにか薙刀を構えた先生達まで現われていよいよ騒動は大きくなっていく。

桜海学園において今日は身体測定の日であるなんて、当然真中の知る由ではないが、厳戒態勢の中に飛び込んでいる真中はトイレの窓から脱走を図る。
t_059-04.jpg

よくよく考えてみれば唯のノートは警備員に頼んで渡してもらえばよかったのである。今さらなのだがもう手遅れである。警戒されていないと思われる教室の開いている窓から校内への最侵入を試みる真中。

「いいよねトモコ胸大きくて」
「噂じゃさくらんぼ食べると大きくなるってさ」
「またそんな根も葉もないこと言う!」
「んじゃ早く彼氏作ってそいつに…」
t_059-05.jpg

「…きゃ…」
「きゃああああっ!!」
「どぅおわ~~っ!!」
その部屋が身体測定の会場だなんて…。

またまた騒がしい鬼ゴッコとなる。
警備員。薙刀の教師。そして女生徒たち。
絶体絶命の中さらに上の階へと逃げる真中。

だが突然強い力で、とある教室内に引っ張り込まれてしまう。
t_059-06.jpg

「痴漢つ~かま~え~た~」
『デカイ…! 駄目だ きっと腕力じゃ負ける!』
まさに犯されかかったその瞬間!!

「そこまでよ!! 出てきなさい」
目的を果たせなかった女生徒は「ちきしょう」と言い残しあわてて走り去っていく。

俺は助かったのか助からなかったのか…
もはや観念して土下座を始める真中
「あの本当にすみませんでした…」

「バカね さっさとしないと本当に捕まっちゃうよ?」
と言いつつ真中の手を取ったのこの聞き覚えのある声は
t_059-07.jpg

「ほら 立って! 淳平くん!」








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/14 23:26 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第058話 「新入部員参上!!」 

4月も終わりに近いその日、外村から今日から部室に全員集合というの連絡が入った。

真中・東城・さつきが部室に行ってみると、部室のドアから小宮山が吹っ飛ばされてきた。
何事かと見てみれば、美鈴が小宮山を蹴飛ばしたようだ。
t_058-01.jpg

理由はと言うと小宮山がいきなりあたしの事「スキだ」なんてつまんない冗談言ってきたから…。

「だいたい何? この部ってやる気あんの!? 言っとくけどあたしが入部するからにはもっと厳しくいかせてもらうからな!!」

早くも全体の流れを握ろうとする美鈴に向かっていく真中。

「どうしてオマエにこの部の主導権握られなきゃなんねーんだよ」
「それはアンタに映画のこと任せられないからだろ!!」
t_058-02.jpg
「いい加減にしなさいよ1年生の分際で!! もっと仲良く部活動しようよ」
「仲良く撮ってできたのが去年のあの程度の映画でしょ!? 大体あなた意味もなく水着になったりあの映画のレベル下げてるのがわからないの!?」
「あれはあんたの兄貴に言われたからよ!!」

t_058-03.jpg

言い合いはだんだんと映画から性格の話になり熱を帯びてきて、
とうとう美鈴が手を出してしまう。
ついにはケンカになり、止めに入った真中まで巻き込まれ
t_058-04.jpg

ドサクサの中で二人の手が偶然にも真中の股間に手があたった時点で終了となった。


早くも大きな存在感を植え付けた美鈴。
「えー というわけで新入部員も加わり部費も去年より増えたっつーことで今年は是非コンクールに向けて映画を一本作ってみたいと思う!!」
乱闘騒ぎの後にしれっと本題に入る外村兄。

しかし実に秋以来数ヶ月ぶりの活動である。
東城と脚本の打ち合わせからということで始めようとするが
t_058-05.jpg

東城の真中に対する軽蔑のまなざしと自信のない返事と無理して作った笑顔が前途多難を予感させていた。



話は変わって真中宅。
学校帰りの唯から、西野の話を聞く真中。
「桜海学園てね女子高だから帰りに校門の前に他の高校の男子がもういーっぱい待ってんの! その男子のほとんどが西野さん目当てなの!!」
平静を装いながら聞いていた真中だが、やはり西野という単語を聞くと胸の高鳴りを抑えきれない。

その夜。なかなか寝付けない真中。
西野はどんな高校生活を送っているんだろう…。
帰ってきたときから少々咳き込んでいた唯だが夜中になっても席は治まらず診れば発熱していた。

翌朝になってもまだ熱のある唯から
t_058-06.jpg

「あのね おねがいがあるの…」

『友達から借りたノートを今日どうしても返さなくてはいけない。一時間目が体育の授業だからこっそり教室に入ってその娘の机の上にノートを置いてきて欲しい…』
かつてないほどの難問です。
ですが真中はバカ正直に侵入を試みる。



門のそばにいた警備員の目を逃れ桜海学園に侵入し、手近な窓から校内に入ったのもつかの間、唯のクラスに到着してまもなく授業が終わった女子生徒たちが帰ってきてしまったのである。

同時に全校放送で不審者侵入の連絡が入る。

さらにクラスの女子が今日来ていないはずの唯に貸したノートが落ちていたことを不審に思う。

t_058-07.jpg

とっさに隠れた掃除用具ロッカー内の真中。
『ど どうしよう… もしかして俺今とんでもない状況にいるのでは…!?』
[ 2005/10/14 23:22 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第057話 「SWEET LITTLE SISTER」 

朝七時の目覚ましが鳴り新学期を告げる。
t_057-01.jpg

相変わらず寝相の悪い唯。刺激的過ぎる朝。

掲示板にはクラス替えが載っていたようで、確認する前にさつきが飛んできた。
t_057-02.jpg

「あたしたち今年も同じクラスだよん よろしくね!!」
この春休みバイトを辞めた真中(サボりすぎでクビになったらしい)
聞けば今度のクラスは4組で真中・外村・北大路と小宮山が同じクラスとなったらしい。
成績優秀な外村だが高2までは勉強よりも楽しく過ごしたいという。
t_057-03.jpg

「あたし6組だった クラス…別になっちゃったね真中くん」
同じクラスとなった天地はゴキゲンである。
t_057-04.jpg

「真中くん! あたし時々4組に遊びに行くから! 真中くんもうちのクラスに来てねーっ!!」
少しづつですが東城に変化が起こりました。

『…よかった クラスが違ったって別のどこかでつながっているんだ俺達』

部室でただ独り今年の部の方向性を考えている真中。
東城と次回作について相談したいこともあったのだが…。
そこに突然部室のドアが開く。
t_057-05.jpg

入ってきたのは映画館で会った辛口ポップコーン女…。
「なーんだこの学校映像研究部があるから受けたのに期待外れかも」
去年の作品の批評を始める彼女。
○ある意味面白い映画。
○小学生にも撮れそう
○単純なカメラワークに演出
○なんとか観れたのは脚本と主演の女の子だけ
t_057-06.jpg

「だからあたしがこの部に入ってあげるのよ」
すごくカメラ映えのする顔で彼女は言った。


彼女の名は『外村美鈴』
あの外村の SWEET LITTLE SISTER (かわいい妹)であった。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/14 17:53 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第056話 「映画館の女」 

「じゅんぺー 今日のデート本当に楽しかったありがとう」
「いやいや俺も東城といっしょですごく楽しかったよ」
「じゅんぺー だから…ね?」
とキスをせがむ東城…。

というのは全部真中の都合のいい夢の話であって。
「もう!! 今日早く起こしてって言ったの淳平でしょーっ!?」
が現実…。

毎晩夜遅くまでDVD観て夜更かししているためか約束の時間ギリギリまで寝倒した真中。
小宮山と映画を見に行くという口実にもかかわらず、服装を気にしたり何かと挙動不審なため唯に勘繰られるものの何とか待ち合わせに間に合った。
t_056-01.jpg

『唯には内緒にしているけれど だって本当は 今日は東城とデートの日だから…』

今まで色々とふたりで行動しているように見受けられたのだが、それはデートではないのだろうかという疑問もありますが、
お互いが好き合っている感情があったところから、とりあえず今回が初デートということにしておきます。

東城の観たかった映画。
それはたまたま真中もこの春要チェックな映画だった。

やっぱりいいよな趣味が同じってっことは
変に気を遣わなくてもいいし
t_056-02.jpg

同じところで笑って・興奮して・涙して…
そんな東城の横顔に思わず暗闇の中でそっと手を重ねる真中

いい映画と隣に東城、この上なく満ち足りた気分の真中に隣に座っていた女性が映画を一閃する。
t_056-03.jpg

「なんだこりゃ めっちゃ期待してたのに 全然つまんないじゃん」

あまりに辛口の批評を始める女性に口を挟む真中であったが、真中の映画論は軽々と論破されてしまう。
t_056-04.jpg

「映画は中身よ どれだけ客の胸に中身を焼きつけるか」

「何だよさっきから理屈ばっかり!! いいだろ感覚で映画観たって!!」
「うわっ!! いるよね言葉で勝てないと強引な態度で自分を正当化しようとするヤツ!!」

完全に真中の負け…。
とどめに放った言葉が真中に屈辱を与える。
t_056-05.jpg

「どーせ暗闇と雰囲気に紛れて彼女の手を握るために映画観にきたんだろ はっきり言って不潔!!」

しかし彼女の批評は真中の中にくすぶっていた納得いかない部分を見事に並べあげたのだ。だから何も反論できなかったのだ。
そんなイライラした様子の真中を察してどこかでジュースでも飲もうと提案する東城。でもふたりしてどこに行こうとも決められず結局一年前に西野と映画を観たときに立ち寄った店に入ってしまう二人。
そのときのデートをなぞるようにこの後カラオケに行こうと誘うのだが、人前で歌うのが苦手な東城は拒否。
話題を変えるものの、東城にはテレビの話も合わなかった。

「あの映画面白かったよね」
沈黙が続く中、話題を振ったのは東城だった。
「真中くんの隣の席の人はひどいこと言ってたけど…」
t_056-06.jpg

「あたしはいい映画だと思った!! 大切なのは自分の感想よね!? 他人の意見でそれをねじ曲げちゃダメだよね!?」
その言葉をきっかけに映画の話題となり華が咲いていった。

帰り道。東城が読んでいた本を自分も買って読むという話になり
財布を確認するものの小銭を路上にぶちまけてしまう。
拾う際に自転車と接触しかかり、転倒する真中。
t_056-07.jpg

ありえない転がり方をする二人

t_056-08.jpg

転倒の原因を作った自転車に乗っていたのは見たことのある二人…。








この記事の原作はこちらまで

[ 2005/10/14 17:50 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第055話 「接点」 

t_055-01.jpg

呼びかけられ振り向く西野。
「西野!! …チョッ チョコレート美味かった!! ありがとな!」
唯に言われるまで気づかなかったことを見透かさすものの余裕で対応する西野。
「あたしのだって気づいてくれてありがと」

「でも あの女の子に言われるまでわからなかったでしょ?」
唯の話題になり4月から西野の後輩になることを話すと
「うん…今頃淳平くんと接点ができるなんてね…」

意味をうまく捉えられずまたまた動揺する真中。
t_055-02.jpg

『大体西野はどういうつもりで俺にチョコレートをくれたんだ?』
西野の髪型や冬の季節が一年前の今頃を思い起こさずにはいられなかった。
「ちょ ちょっと待って!! 明日ほらホワイトデーだろ? 俺お返ししなきゃ 何欲しい?」
真中はつかさと一秒でも話したくて、また次回につなげるように提案をするのだが
「…いらない」
とあしらわれてしまう。

チョコは西野個人のレベルアップに対する感謝のつもりであげたのであって、気付かなかったらそれでももいと思っていたと告げる。

『…ああ 西野にとって俺の存在は もう本当に過去なんだ』
呆然と立ち尽くす真中。
t_055-03.jpg

車にはねられかける真中を引っ張り抱きしめる西野。
「付き合ってた時だってこんなにくっついたことなかったのにね…」
「なんてゴメン!! 変なこと言っちゃって!」
今度こそ本当に走り去る西野。
手こそ伸ばすものの後を追えない真中。
『…アホだ もう戻るわけないのに…』

西野は真中と別れることでレベルアップを図ったにもかかわらず、真中は別れる前も後も一度だってレベルアップのファンファーレを聞いてやしない…


翌日ホワイトデー当日。
昨日買ったホワイトデーのお返しは全部唯に渡したまま、結局コンビニで買ったお返しを渡すことにした。

まずは東城にお返しを渡す。
t_055-04.jpg

「ははは…こーゆーの渡すの初めてだからなんか恥ずかしくて」
「…あたしも…」
t_055-05.jpg

「あたしも初めて」
本当に女の子らしい反応をする東城。
うれしくて涙流すしぐさなんて完全に男からしたらツボです。

続いてさつきにお返しを渡す。
t_055-06.jpg

「やーん うれしーい」
身体全体でうれしさを表現するさつき。
赤面しつつもさつきも涙を浮かべています。

「東城さんにはもっといい物買ってたりして」
「同じだよ 東城にも同じ物あげたから」
t_055-07.jpg

「…へっへっへ~」
東城との差がないことを知り頬がゆるむさつき。

「さつき…俺の家のどこにチョコ置いてったんだ?」
「何言ってんの? 真中ん家の近所の自動販売機のゴミ箱でしょ? よく見つけたよねー」

『…嘘なんだ さつきのチョコレートは本当は』

その自販機のゴミ箱をひっくり返しても、一ヶ月もたった今残っているわけもない。
「…どれだけまずくたって食べてみたかったな さつきのチョコレート…」

どんなに想像を巡らせても口の中によみがえるのは西野のチョコの味だけで…

そのころ東城は真中のお返しと手紙を読んでいた。
t_055-08.jpg

『チョコレートのおかえしです 春休みの約束楽しみにしています。 真中』
「…初めてのデートだと思っていいのかな…」








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/14 16:13 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第054話 「DASH 淳平!!」 

放課後の部室。
東城と二人きり。
t_054-01.jpg

髪の匂いも。
身体のやわらかさも。
そのぬくもりも、ずっとこうしていたい…。
いや。ほんの少し手の位置をずらして…触ってみたい…。

しかし東城は普段どおりだった。
「…え えっと…どうしたの?急に…」
突然恥ずかしさがこみ上げてくる真中。
あわてて東城から離れ、パネルでつんのめってパネルの東城と夢の続きを見る真中。
t_054-02.jpg


危険なムードは消えて、お開きとなる部活。
t_054-03.jpg

「あたし春休みに観たい映画があるんだけど よかったら真中くん一緒に行ってくれない…?」
東城からのデートの約束。
なにもあわてることはない。ちゃんと一歩ずつ関係を進めていけばいいんだ。本当に東城のことを大切にしたいから…。

しかしそんな決意など思春期の少年の前にはなんら無力な訳で…。その話はまたどこかで。


話は変わり。
t_054-04.jpg

「じゃーん!! 南戸 唯 無事に桜海学園合格しましたー!!」
桜海学園にあるはずの寮は今年からなくなったということで真中の部屋に継続して居座ること
が確定した。
唯の朝の寝姿を知らない大人たちは実にお気楽である。
t_054-05.jpg


悶々とする真中をよそに明日のホワイトデーのお返しという話題を振る唯。
親に知られてはいけない寝姿の件は当面二人だけの秘密ってことでうまくごまかせたようです。
棚に並んでいるお返しを適当に手に取る真中だが、唯にはどう見てもお返しに差をつけているように見えてならない。
「さつきちゃんと東城さん どっちが本命? ねぇっねえっ!!」
誰がどう見たってくまさんは入っているほうが本命に見えます。そしてお返しを買った帰り道。
偶然かそれとも運命か二人は再び出会うこととなる。
t_054-06.jpg

西野。
同じ中学だったし、会わないほうがおかしい、この近所には西野の家だってあるわけで…。

少し髪を切った西野
一年前と同じ髪型。
t_054-07.jpg

別れたとはいえまだ心のどこかに未練を隠しきれない真中にとってこの出会いは突然すぎた。
t_054-08.jpg
「気のせいかなぁ 淳平くん少し背 伸びたみたい」
ぜんぜん変わっていない西野。
こんな自然に振舞えるものなのだろうか、戸惑う真中をよそに去って行く西野。

ただ唯だけは違っていた。
西野のしていたマフラー見覚えがあったのだ。
それはあの日、道に迷って困っていた唯に救いの手を差し伸べた人。
「淳平!! あの人…チョコ!! チョコレート!! ほら! 手作りのチョコ あれあの人が作ったんだよ!!」
意味のわからなかった真中だがさつきの手作りというよりも西野の手作りだとしたら意味合いが通じる。
「それにあの人言ってたもん『チョコレート食べてくれてありがとう淳平くん』って」
真中の中でもつれていた糸が解けた。
「な…なんで今そんなこと言うんだよ!!」

t_054-09.jpg

「西野!!」








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/14 16:09 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第053話 「放さない」 

あたしの唇も 胸も 全部真中のものなのに…
t_053-01.jpg

あのとき天地が映研の部室に現れなかったら 俺は…

昨日のこととはいえ感触も記憶もまだ消えていない。
t_053-02.jpg

だからこんな妄想にもだえてしまう。
黒川先生の授業中だということを忘れて大声を出したがためにチョークが飛んでくる。
「で 今日はどんな映画の白昼夢を見てたんだ 真中!」
「し…しいて言うならR指定…」

授業後。突っ込みを入れるさつき。
「何よR指定って! まさか昨日の続き想像してたんじゃないでしょーねー!?」
t_053-03.jpg

ウソ図星!!??

そのあとさつきの友達がやってきてスカートめくりをするご愛嬌もあります
t_053-04.jpg

高校生でヒョウ柄のヒモパンを勝負パンツとして履くなんてどうかと思いますが
さつきだからありって事にしておきます。


舞台は変わって部室にて真中は外村に相談をもちかけます。
『女の子から迫られたとき男はどのように対処したらカッコイイか(裸に近い格好で迫られたら)』

「へ~え ほ~お まるで自分が体験したみたいに話すんだなぁ~」
真中がどれだけオブラートかけようが外村にはバレバレです。
以前西野との際のこともオブラートにかけたように話すのですが
「なーんかそのフラれた女に相当未練あるみたいだなー」
「な なんだよそれ」 
と、真中が反論しかけた際に東城が部室に顔を出します。この間の言い訳である寒中水泳の撮影を本当に行うものだと思っていたようです。
東城が顔を出したと同時に帰り支度を始める外村。
「試しに東城に迫ってもらって聞いてみれば? このあとどうしたらいいのかなって」
という去り際のセリフが憎らしい演出ですが、その言葉が現実になるまであとわずか…。

撮影する予定もない寒中水泳の話なんかしていても当然行き詰るだけであって、真中は東城の顔を見ながら昨日のさつきとの出来事を東城に重ね合わせていた。
『東城は俺のこと好き…だよな じゃあ東城も昨日のさつきみたいになる瞬間があるんだろうか』
t_053-05.jpg

東城が自ら脱いで行くシーンを
妄想し始める。
しかしその妄想をといたのは、嵐泉祭の際に作ったパネルであった。
メキ…。という音と共に倒れ掛かるパネル。とっさに気づいた真中は東城を抱きかかえ飛び込む。

『外村が何か変なこと言ってたけど 俺は…俺は最初からこの娘のことを』
t_053-06.jpg

「このまま放したくないって言ったらどうする…?」








この記事の原作はこちらまで

[ 2005/10/14 16:03 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

ブログタイトル変更について 

50話近くレビュー書いたことで気分転換をはかりたくなりました。
「私はこういうものを読んでいる」では固いイメージがあったんで
軽い感じに変えてみました。

kaimassi-img370x525-1104481425wj_card10-ichigo.jpg



「『こーゆーのを読んでるッ!!』 そんじゃ。いってみよー!!」
[ 2005/10/10 09:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第052話 「放課後プラクティス」 

今回は誘惑色の強い話ですので、極力絵のほうに力を入れていきます…。
普段よりちょっと大きめに設定してみました。


脱ぎだしたさつきに戸惑う真中。
「ここ学校だぞ!?」
t_052-01.jpg

「いいから」
t_052-02.jpg

「いいからあたしのこと見て」

『せっかく東城といい感じなのに』
t_052-03.jpg

「あたしは本気よ!」

「俺はその気はないから 早く服を着ろ」
t_052-04.jpg

「!!!」

「いいんだってばそんなに深く考えなくたって お互い練習じゃん」

「あたしは東城さんより先ならそれでいいの」

t_052-05.jpg

「それとも あたしってそんなに魅力ない…?」

t_052-06.jpg

さつきに押し倒された真中。
胸のボタンが弾けて…

「ダメだよ 俺 やっぱ東城のことが…」
「あたしこのこと誰にも言わないよ」

t_052-07.jpg
「失うものなんてなーんにもないじゃん なんで真中は素直になれないの?」
西野とのことが脳裏によみがえる真中

t_052-08.jpg

「ほらっ あたしの前でくらい我慢するなって!!」

「今は…やっぱりダメなんだよ」
「それでもいいの!! あたしが真中のこと好きなんだからいいのよ!」
強行手段として真中のシャツに手をかけるさつき。

『今度こそ抵抗する力はないかも…』

t_052-09.jpg

これからってとこで邪魔者が入る。
おかしいよ。カギ閉めたはずなのに…。






このあと廊下までさつきが追ってきて 東城はそんな二人を見る。
天地が機転を利かせて「寒中水泳」の撮影といいわけする。
t_052-10.jpg

「でも いつの間に次の映画の内容 寒中水泳って決まったの?」
この顔が。目が笑ってなくて怖いです。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/10 08:07 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第051話 「さつき反撃!!」 

朝。唯が起きだす前から淳平は制服に着替えていた。
自然に鼻歌も飛び出し、満面の笑みを浮かべている。
受験の終わった唯にねぎらいの言葉をかける余裕さえある淳平だが
そんな姿が唯には「なんか気持ち悪い」といわれる始末。

満面の笑みの理由は『東城』だった。

ちょうど一年前。
屋上で出会った姿に恋をして
そのあと同一人物と知らないままおさげの東城を好きになって
t_051-01.jpg

そして今やっと思いが通じ合えた気がして…


真中の妄想がスタートする。
東城と遊園地デート。
手をつなぎ。肩に手をまわし。腕を組んで…
肘にやわらかいものがあたって…

帰り際、両手を肩に置いて 
お互い少し真剣に見詰め合って
そして東城が目を閉じたら 俺は唇を…
t_051-02.jpg

『そのあとは?』
何でシーツの上に転がっている…

この恋が上手くいきそうな分妄想がリアルすぎて。
t_051-03.jpg

「真中くん」
妄想から冷めたら目の前に東城。
そんな妄想にふけっていた自分が恥ずかしくなる。

二人並んで登校する中
「俺朝5時頃なんとなく東城のこと考えてたら眠れなくなって」
「…うん あたしも…」
「え」
朝から幸せ一杯の真中。


そして学校。
休み時間のなにげない風景だがさつきの目には違って見えた。
t_051-04.jpg

東城の様子を歯噛みしない真中。
そんな真中の後を追う東城の視線。
しかしその様子に気付いていたのはさつきだけではなかった。

天地も気付いていて、利害関係が一致しているさつきに対して共同戦線を提案をする。
「あたしこれ以上真中にみっともないとこ見せるのやだし!」
t_051-05.jpg

みっともなくたっていいだろう!? 欲しいものが手に入れば!!

本日の下着を確認し、勝負に出ることを決意したさつき。
『今日の放課後は絶対東城さんを映研の部室によこさないでよね…』

言葉と下着の意味に動揺を隠せない天地。

そして映研部室内。
ストーブをつけカーテンを閉める真中に、さつきはこっそりと部室のカギを閉める。
「で? 見せたいものって何?」
「それはいいから早くストーブつけてよ」
「このニオイ得意じゃねーんだよなぁ」
「…でも 裸になるのには寒すぎるでしょ?」

硬直する真中の前で脱ぎ始めるさつき。
セーター。
リボン。
「あたしやっぱり真中が好きだから」
スカート。
スカーフ。
「こーゆーこと東城さんに先越されたくない」
t_051-06.jpg

「練習のつもりでいいから」








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/10 08:01 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第050話 「予感」 

道に迷った唯に救いの手を差し伸べたのは西野だった。
t_050-01.jpg

「道に迷っているんだったら あたしが家まで送ってあげようか?」

一緒に話をしながら唯の帰る場所を探すふたり。
「あれ! あれが唯の泊まっているマンション!!」
「あそこ淳平くん家の…」

t_050-02.jpg
「えっ 淳平のこと知ってるの!?」

この間。バレンタインのチョコレートを食べ過ぎて鼻血を出したことを話す唯。
t_050-03.jpg

淳平の失敗談を笑いながら聞く西野。

ところが今の会話に納得行かなかった唯。 
まあるいチョコはさつきの作ったチョコじゃないの?
そこへ西野の携帯が鳴りその場から消える西野。

合点が行かない唯。
東城さんは真中に手渡し。さつきさんのは玄関前においてあった。
ということはまさか!

確認するためあわてて西野の後を追うがもう見つからなかった。
唯はまだ西野の名前さえも知らない。


その頃真中と東城は部室で小説を読んでいた。
東城とふたりきりのこのシチュエーション。
ノートの内容など全然頭に入っていない。

t_050-04.jpg

「前髪に何かついてるよ 少しじっとしててね」
東城の瞳に吸い込まれる。

おもわず東城の右手をつかむ真中。
「真中…くん」
困惑している東城をよそに思考が突き進む。
t_050-05.jpg

『一言 俺のこと好きって言ってくれたらもう何も迷わないのに』
女の子の細い手首。強く握ったら折れてしまうんだろうか。
もし東城を強く抱きしめたなら、今まで築いた関係も壊れてしまうんだろうか。
t_050-06.jpg

『でも 抱きしめて あげたかったんだ』


帰り道。
話しかける言葉さえ見つからない真中に東城から切り出した言葉は。
t_050-07.jpg

「あたし あの小説の主人公がふたりのヒロインのうちどっちを選ぶのか 今わかった気がするの」
これは東城なりの告白なんでしょうか?
だとしたらあまりにも届かない言葉です。

『好きって言ったわけでもなくて 好きって言われたわけでもない』

この物語はこの微妙なバランスに絶えられない読者を迷わせます。
それもいつまで迷わせるのか。

真中が美容院の前を通り過ぎた後。
その美容院から西野が出てきたことを知る由もない。
t_050-08.jpg


冬なのにもかかわらず『初心に戻ろう』として髪を10センチ近く切ったことなど。


またまた物語に動きが生じる『予感』








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/08 19:22 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第049話 「天使再臨」 

東城から手渡されたチョコレート。
玄関前においてあったさつきが置いたと思われるチョコレート。
生まれて初めての感激に思わず机の上に並べてしまう。
さつきのチョコにいたっては手作りのようである。

そこへ来週の月曜日に入試を控えた唯が真中家に顔を出す。
そしてお約束のごとく、机の上にあるチョコレートは味見と称してパクッとされてしまう。
負けまいとして真中も食べ始めるが余りに勢いよく食べたため真中は鼻血を出す。
t_049-01.jpg

…こういった古典的なギャグ大好きなんです。

翌朝。
さつきはチョコレートを捨てたことで真中と謝るきっかけをなくし沈んでいた。
しかし真中は玄関先に置かれたのをさつきからのチョコと思い込んでいた。

初めて作ったお菓子をゴミ箱から見つけ出してくれて、さらに食べてくれた。
大雑把な性格からそーゆーの向いていないことを承知で作った。
けど真中は見つけてくれたんだ。
t_049-02.jpg

「真中…真中って優しいね…」
突然の泣き出しそうな顔に真中は冗談で返す。
「バーカ! そんな顔すんなよ。もっとこう男勝りなところがさつきの良さだろ!? さつきが男なら絶対親友になりたいタイプつーか」
…男なら絶対親友になれるって、今はダメなの…?



バレンタインデーにチョコレートをやり取りするということ。
互いに対する好意の確認事項とすれば、真中をめぐるベクトルも変化していく。
t_049-03.jpg

真中は廊下で東城とすれ違いながら漠然と「変化」の予感を感じていた。 

まず変化その1。
東城がやっと天地の誘いを断った。
今まで続いていた放課後の勉強会の終了宣言。
変化その2。
東城から真中へ小説の続きを読んで欲しいとの誘い。
クラスの中でさつきの見ている前で。
変化その3。
さつきが東城に追いすがる天地に説得。
「追ってもムダだよ 東城さんは真中にチョコあげてんだから」

しかしものわかりの悪い天地にとってはその事実を認められない。
真中の差し金と勘違いしだす始末。

t_049-04.jpg

条件反射で雑巾からさつきを守る天地だが
真中以外の男に抱きしめられるのがいやなさつきは天地に回し蹴り
t_049-05.jpg


「助けるフリして気安くヒトの体抱きしめてんじゃないわよっ!!」
「キミも女性ならもっと女性らしい行動したまえ!!」
…天地も禁句を口にする。

t_049-06.jpg

「それならあたしだって」 男に生まれてきたかったわよ!!」
東城さんのように。
女の子っぽい女の子になれるならなりたかった。

…今回の話の中で一番さつきのつらい一面を見てしまった気がします。



一方その頃。試験の終わった唯は、真中家に戻れなくなっていた。
似たような建物の並ぶ住宅街。迷子になっていたのである。
電話を探して救援を求めようとした際。
背後から誰かが声をかけてきた。

「ねえ どうしたの?」
t_049-07.jpg

「もしかして迷子?」








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/08 19:17 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)

いちご100% 第048話 「2月14日」 

…なんで東城と天地がここに

「…まっ 真中~!!」
自分から約束しといて何今頃現れてんだとキレる天地
ついさっきまで東城とふたりで真中を待っていたことを口走る天地。
東城は真中との約束を守ったのである。
t_048-01.jpg

「でもあたしたちはデートしたよね 真中」
ここで突然攻撃を仕掛けるさつき。
「真中が東城さんに会う前にあたしが誘ったの…」
「何 言ってんださつき」
「あたしやっぱ帰る 楽しい時間ありがとね真中…」
このさつきがすごくきれいに見えるほどいい芝居です。
俺だったらコロッと騙されます。

t_048-02.jpg

「違う」
遅れた理由を力説してさつきを追う真中
「今言ったこと信じてくれ東城」

さつきに追いついた真中。
「なんで本当の言わずにデートしたなんて嘘ついたんだよ」
t_048-03.jpg

「ゆったじゃん 東城さんとの仲引き裂くつもりだって」
天地と東城がくっつけば真中もきっとあきらめるでしょ。
あたしといたほうがくだらないこと言い合えて楽しいよ
t_048-04.jpg

そして真中を力いっぱい抱きしめるさつき
しかし真中はなにもしない。いや何もできなかった。

「大嫌い」
なんで抱きしめ返さないの
あたしのこと好きって言ったのに、なんであたしだけ見てくれないの…

「もう嫌 もう疲れたこんなにアプローチしてるのに…真中なんか大っ嫌い」
「でもホントは こんな自分が一番嫌い…」
泣きながら走り去っていくさつき。
立ちすくむ真中。

…これじゃ これじゃあ西野のときとおんなじじゃないか…
俺がだらしないせいで 好きな女の子を一人に決められないから
だから自業自得なんだけど…

翌朝。
昨日の遅刻の理由を説明しようとするものの小宮山は頭に絆創膏貼っているだけで、とても昨日事故にあったようには見えなかった。
外村は風邪で欠席。さつきに説明を求めるがプイッと横を向かれてしまう。
言葉をかけられずに、嫌われたと思い込む真中。
さつきのほうも声をかけるタイミングを逸し素直になれない。
結局。東城ともさつきとも溝が埋まらないまま何日も過ぎた。


そして2月14日。 聖バレンタインデーを迎える。
クラス。嫌、学校中の男子生徒たちが朝からなんとなく忙しないその日。真中もその一人としてチョコレートをもらえるのではないかと期待していたようだが、現実はそんなに甘くない。
朝一に見た机の中にも、放課後の下駄箱も何も入ってはいなかった。
そうなるともうどうでも良くなってきて、憮然とした表情で家路に向かう真中。そんなあとをついてくる気配を感じて振り返った先には。
t_048-05.jpg

「これ…よかったらもらってくれる?」
東城であった。
t_048-06.jpg

「それとも やっぱり…ダメ?」

生まれて初めてもらったチョコレートに感激する真中。
「唯ちゃんから西野さんとのこと聞いちゃって それならあげても…大丈夫かなって…」
「え」
「あっでもこれは違うの その…これは感謝の気持ちで…」

真中と親しくなっておかげで東城にとっては世界が広がったから
小説も映画の脚本も 人との係わり合いも…。
今にも泣き出しそうな顔で感謝の言葉をもらったら、『好き』という言葉がなくてもその気になる。
デートの約束をすっぽかしたことも、真中のことを信じているから気にしていないみたいです。

t_048-07.jpg

東城とのやり取りを自動販売機の陰ですべて聞いていたさつき。
t_048-08.jpg

「バカみたい。初めてチョコ作ってみたのに」
手にしていたチョコレートの包みをそのままゴミ箱に投げ込み去っていく。
t_048-09.jpg

そのほぼ同じ時間。真中の家の玄関前にチョコレートの包みを置いていった女の子がいた。この髪型で誰かはお分かりでしょう。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/08 16:27 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)

いちご100% 第047話 「アクシデントが止まらないッ!!」 

転校生の挨拶もそこそこに突然の告白。
当然クラス全体。嫌、学年全体はそのウワサでもちきりだった。

そんな告白に対して東城は「ありがとう」と言っただけでちゃんとした返事はあやふやなまま。
面白くねぇ…って露骨に顔に出てる真中。
「真中にはあたしがいるじゃん これを気にあたしだけ見つめてっ!!」
と飛びつくさつきの姿をボーっ見ている東城。
t_047-01.jpg

天地の席は黒川先生が気を利かせて東城の隣りにしたらしい。その事を口に出して言う天地に
「…あたしはちょっと困ってます…」
というのが精一杯の綾。ここでしっかり断れないのが性格といってしまえばそれまでですが
このまま3年間付きまとわれることなど今はまだ知る由もない。
「ごめん…困惑させてしまって 僕感情を胸にとどめておくことができないみたいで」
告白したことがあっという間にうわさになったことがうれしい天地だが東城には迷惑である。
「それにあたし…」と言いかけたときに。
上級生から家庭科の時間に作った料理を食べてほしいとか、
クラスの子がお弁当を作ってきたということで天地争奪戦が繰り広げられる。
どの女の子にも優しい天地という話だが、女の子の事情も聞かずにやさしいというのは意味がわかりません。
実際ここは天地のスタンスに対して女性の意見が聞きたいところです。

そんな天地を見ていらだちを隠せない真中。
自分のことは棚に上げて「ただの女好きじゃねーか」とは笑えます。
何とか東城を天地から引き離すことを考えます。
そして放課後。
「俺と一緒に部室で次回の映画について話し合おう」と誘うのですが
放課後は天地の授業の遅れを見てほしいという黒川先生からのお達しがあったようです。

そんな真中の行動を読んでいた天地は一発見舞う。
「僕と綾さんを引き離そうというつもりなら間違ってないか?
君は綾さんの彼氏でもなんでもない訳だろう。その証拠に君はその女の子とベタベタしているじゃないか」
真中の目前で次の日曜日、東城をデートという名目で買い物に誘う天地。

確かに真中・東城のふたりはそういう関係ではない。
しかし、しかし…
t_047-02.jpg

「日曜午後1時駅前のバス停で待ち合わせ俺 待ってるから!!」
天地への意地。東城への気持ちを早く伝えていればこんなイライラする展開はなかった。
挑戦的になるのも仕方ないのですが、こればかりは真中がカッコ悪い。
その後校庭で思いっきりへこんでいる真中がもっと哀愁を誘う。

そして日曜日。
時間よりも早く着くべく出発する真中。
途上、さつきも真中を待っていた。
t_047-03.jpg

「さつき!! 何考えてんだオマエ!!」
「何って真中と東城さんの仲を引き裂くためでしょ」
ここでようやくさつきの宣戦布告が出ました。
西野と付き合っているわけでもないフリーの真中をめぐってベクトルは動き出しました。
とそのとき。
t_047-04.jpg

「あ~~っ 生徒二人発見~~」
私服の黒川先生です。
問答無用で引っ張られた先は薬局のタイムサービスでトイレットペーパーを買うこと。
一人限定一袋のタイムサービスを一時間前から並んで待てということで、
この先生。今回の話の中で見えても見えなくても活躍しすぎです。
約束の時間は一時。タイムサービス開始の時間も一時。絶体絶命の真中。

結局。約束場所に現れなかった真中
東城は天地の約束場所に向かっていた。
t_047-05.jpg

「あのね 結局今日どうしたらいいのかわからなくて二人に会って話をしようと思って…」
この表情…。かわいいんですけど、どっちにしようか決められませんという態度に参りました。
高校生なんですから自分で決めなさいよ。

そのころ真中たちは、買い物も終わり待ち合わせ場所に向かおうとするが
t_047-06.jpg
「わーっ その男を追ってくれーっ」
外村のデジカメがひったくられたらしい。
追いかける真中だが、そこを偶然自転車で通りかかった大草が引ったくりをはねて、
外村のリュックは事なきをえた…。
ロス時間が過ぎて行く…。
そんな真中たちにさらに追い討ちがかかる。
目の前で小宮山が車にはね飛ばされたのだ。
動揺するさつきをなだめる真中
t_047-07.jpg

「友達が瀕死なのにほっとけるかぁーーっ」

すでに時間は5時40分。
ずっとバス停で待っていた東城と天地。
遅れるという連絡もない。すっぽかされたという気持ちもおきない東城。
いい子を通り過ぎて鈍いのではという気持ちさえ湧いてきます。
寒すぎて、空腹でイライラしてる天地はバス停沿いのファミレスに入って待つことを提案する。

一方小宮山は無事だったようです。
t_047-08.jpg

真中の友人を見殺しにしなかった態度に惚れ直すさつき
いまさらながらバス停に着いた二人。
当然誰もいるわけもなく落ち込む真中。
それを見たさつきは元気付けるためにバス停近くのファミレスに入っていく。

そして店内で互いのペアが鉢合わせした。
t_047-09.jpg









この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/08 16:22 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第046話 「これぞ運命!?」 

年明け。三学期が始まりふたりきりでの下校風景。
さつきも小宮山も風邪でダウンしたためのふたりきり。
町には雪が積もり、寒さでバスでの帰宅を提案する真中。

これが運命の始まり…?
バスは混みあっていた。
東城との密着状態が続く中カバンがあらぬ場所に入った。
t_046-01.jpg

東城の脚の間にカバンが。

何とかカバンを抜こうとするものの「ひゃんっ!」なんて声をあげたため真中は痴漢扱いされてしまう。
t_046-02.jpg

「貴様 いまこの女の子に痴漢を働いていただろう!?」

「ちっ違います!! あたし痴漢なんてされてません!!」
と弁明する東城だが、この正義感あふれる男はこの混みあった車内の中、熱く状況を説明する。
しかし語れば語るほど内容は東城が自らカラダを…という内容になり、周りの男性客の興味本位な視線に耐えられなくなり途中下車してしまう。

車内に残された真中は、乗客のヒソヒソ話に屈辱と怒りのやり場に困りただただ歯噛みするのが精一杯であった。
『俺が悪く言われるのはこの際我慢する! ただ東城が変に思われるのは許せん…っっ!!』
この正義漢ぶったこの男はなんなんだ。せっかく東城といい雰囲気だったのに。

翌朝。
東城もまた真中との距離感が開いたことに溜息をつきながら登校していた。
「せっかく真中くんに小説見てもらえたのに…」
とその時足元の雪にすべり転倒・・・の寸前
t_046-03.jpg

昨日の正義漢がお姫様抱っこで救出する。

しかし彼は東城だけではなく、女性にのみ反応する体を持っているようで条件反射のごとく転倒寸前の女性を救っていた。
そんな彼の行動をほほえましく見ていた東城だがどこかへいってしまう。

それを横目で捉えていた正義漢は
『行ってしまったか…本当はちょっとばかりひと目ぼれだったんだけども…』

ところが東城は近くの酒屋にすべり止めのマットを借りに行っていたのである。
t_046-04.jpg

『な…なんてええ娘なんや』
彼の今まで付き合ったタイプとは明らかに一線を画す東城。
思わず目に涙が光ります。

ひと仕事終えたふたり。安心したのかまたまた足元の注意がおろそかになり転ぶ東城。
でもそんな姿にますます
t_046-05.jpg

きゅうううん。としてしまう正義漢。
「今は…今はまだ名前は聞かない ただもし再び僕達が会えたとしたら そのときはたぶん運め…」

そこに割って入った真中。機能の件もあり少々手荒に正義漢から東城を助け出します。


そして朝のホームルーム前。
さつきは風邪をこじらせてマフラーをまいたまま遠い目をしている。
そんななかクラスの女子が 今日、超カッコイイ男子生徒が転校してくると騒ぎ出す。
その後に続いて黒川先生が入ってきて、転校生を紹介する。
t_046-06.jpg

「じゃ 入って天地くん」

真中も東城も思わず反応した。
昨日のバスで…。今朝の雪道で…。

「本当に縁が会ったらまためぐり合えると思っていた…」
t_046-07.jpg


「だがこれぞ運命 好きです!! 東城綾さん!!」


突然の告白。
それも彼の自分勝手な運命論に従って…。
果たして彼は真中たちの恋路のライバル足りうるか。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/08 16:15 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第045話 「また会える」 

唯の家庭教師もいよいよ終わり。
明日帰るという話を東城としています。
家庭教師としていい仕事をしたようで唯の学力アップは成功したみたいです。
t_045-01.jpg

散歩でもしようということになり歩いていると、四つ角で偶然にも映研メンバーがそろいます。
みんなでいっしょに遊ぼうぜということで、唯に決めさせたところ「かくれんぼ」となった。

それぞれ思い思いの場所に隠れる面々。
真中と唯は偶然にもトイレの裏に隠れこんだ。

t_045-02.jpg

なんか変な具合になっちゃったぞ
唯の髪の匂いに緊張しはじめる真中
互いの成長に意識し始めた唯。
t_045-03.jpg

「ねえ 唯は…変わった…?」

t_045-04.jpg

何でそんなことキスできそうな距離で言うんだよ
さすがに西野がいないだけあって手当たり次第という言葉でしか真中のことを表現できません。
真中が汚く見えてきてしまうので困ります。

鬼の外村は次々と見つけ出し、あとは唯だけというところでなかなか見つけられません。
一時間近くも隠れ続けられるのは才能ですが、こういうゲームは適度なところで見つからないと盛り下がるので注意が必要です。おまけに雪まで降ってきてますますテンション下がってきます。あきらめかけた真中が椅子に腰掛けた瞬間「…っくし」という声で見つかった唯。

「くしゃみしなきゃ絶対見つからない自信あったのになぁ これでもうこの場所でかくれんぼできな…」
その瞬間真中が泣きながら唯を抱きしめた。
心配していたのだ。
「本当に泣き虫なんだから淳平は~~」

周りのヒロイン達はこの様子を見ても全然あわてるそぶりもありません。
ということは唯はすでにそういう恋愛関係からは対象外ということでしょうか。というか幼いというだけで外されたのか。

そして別れの日。
真中だけの見送りかと思いきや、映研メンバー全員が見送りに来てくれた。
たった一回遊んだことでもう仲間という意識を持ってくれる。
これって暖かいよね。

t_045-05.jpg

「ちがうの帰るのがさみしいの 変だよね春になったらまた会えるのに」
つられて泣く真中。
メンバーがそれぞれの言葉で送った後、
「唯 高校生になっても淳平のベッドで寝てもいい…?」
「おう! そりゃもちろん…」
t_045-06.jpg


「じゃあみんな またねーっ!!」

泉坂高校の枠組み
桜海学園の枠組み
そして年の差
唯の存在は友達や幼なじみの枠組みを超えることが出来るのか?
今後の唯の行動や心の動きが気になります。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/01 15:27 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第044話 「南北戦争勃発!?」 

目を覚ました東城。
数学のノートについて勝手に見てごめんという真中に
「もともと真中くんに読んでもらうために続きを書いてたようなものだから」
「俺のため?」
t_044-01.jpg

「だって真中くんだけがその小説の読者だもん」

そして二人は互いにノートを持って小説のシーンについて話しあう。

…ああこの感じなんだ
東城に出会って初めて誰かと語り合えた夢
東城もそうなんだよな この瞬間だけが好きなんだよな
だからきっと俺だけなんだ。この前のキスのこと思い出しているのは…。
もし西野と別れたって東城に言ったらどんな顔するんだろう

「真中くん…」
t_044-02.jpg

「へ 変なこと聞いてもいいかな…?」

さっき唯から聞いてしまった真中の別れ話。
自分から切り出しかけた西野との別れ話。
「さっき唯ちゃんから聞いたんだけど…」
…というなり黙り込んでしまった東城。
正座も崩れるその目の先には。
t_044-03.jpg

邪魔者が聞き耳立ててドキドキしていた。

「これから東城さんが家庭教師にくるたび10分くらいどっか消えよっか?」
という唯なりの提案だが、明日から真中はバイトである。

そして1月6日。
真中とさつきだけで店番をすることになったらしい。
t_044-04.jpg

「今日あたしたち初めてふたりきりのバイトなんだよ…?」
店長が来るまでの2時間。仕込みも終わりほとんど客の来ない時間帯。
レジ打ちの練習をはじめた二人。でも何気にさつきが背後から体を密着させて真中もまんざらでなくドキドキしつつも拒まない。

実際こんなファストフード店ありえないだろう…。よく知らんけど。
店先で客がいないのをいいことにさつきとキスしようとした真中にいたってはもっと最低である。
『店内にはふたりきり さつきだって何かを期待しているんだよな? それならもういいじゃないかもういっそ欲望のままにぃ~~っ』

そこへやってきた唯。
t_044-05.jpg

「あのっ!! 淳平にベタベタしないでくださいっ!!」

「今その人失恋したばっかで女の優しさに飢えてるんです たぶらかさないで下さい!!」
さすがに幼なじみです。いい仕事してくれます。

タイトルどおりここから戦争開始。
唯がさつきの長い髪は不潔っぽいと言い出し。
さつきは唯のチーズバーガーにマスタード30倍をいれ。
お返しに唯はトレイの上に置き忘れたマスタードをさつきに向かって放射。

結局真中に怒られて終戦。
下着まで汚されたさつきの着替え中に唯が謝りに来た。

やけに素直に謝ると思ったら
「だらしない人間はさつきちゃんじゃなくて淳平の方だって聞いてなんか納得したもんで」

t_044-06.jpg

やけにジーッと見ている唯に一言
「あたしの胸うらやましいんでしょおーっ」

「いらないよっ そんな胸歳とったらシワシワになって垂れるだけじゃん」
「全然素直じゃなーいっっ!!」

裸のまま店内に走りこむさつき。真中にそんな姿を見せまいとして片付け終わったマスタードを再び真中の顔にぶちまけた唯。

すさまじいギャグでオチを付けてしまいました。
こんな感じでは幼なじみという役柄だけで何にも恋愛発展しそうにありません。
きっと唯はそういうキャラなのでしょう。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/01 15:23 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第043話 「教えてお願い!!」 

柏手。
祈願。
初詣。
真中と唯は学業の神様に初詣にきていた。

t_043-01.jpg

お守りを買う途中に出会ったのは東城だった。
弟のためにお守りを買いに来たようです。
「でも知らなかったぁ 淳平くんって妹がいたんだね」
※おそらく誤植だと思うのですが。東城が淳平くんと呼んでいます。一気に距離が縮まっていて驚いた。

「ちがうちがう妹じゃないよ あたしの名前は南戸唯 淳平の幼なじみだよ」
ここではじめて唯の名字が出ましたか?
これで東西南北が出揃いました。
字一色を狙うなら「白」「発」「中」待ちですが方位や位置をちりばめるならそんなキャラはいないでしょう。

「唯ちゃんはどこの学校受けるの?」
「第一志望は桜海学園!! それ以外は受ける気なし」
『受験って高校受験だったんだ 中学受験かと思った…』
東城の目から見ても幼く見える唯。

東城がかつて使っていた桜学の受験予想問題集を唯にどうかなと提案する。
「ねぇ東城さん冬休み用事ありますか? あたしが帰るまで家庭教師やってください!!」

そして家庭教師としてやってきた東城。
以前東城といっしょに勉強したことを思い出す真中。
中学生のときの早朝勉強会…。
まだおさげだった東城。
t_043-02.jpg
懐かしいので一枚ここに載せることにします。
おさげ東城に萌え~っ…

あの頃は東城に対してまだ意識してなかった。
一年前のいまごろにいたっては顔も名前も知らなかった。


女同士の勉強も時間がたてばおしゃべりに変わる。
「カッコイイなぁ東城さんって 唯も東城さんみたいに生まれてきたかった」
「そんなことないよ 唯ちゃんのほうがかわいくて明るいし」
「ねぇなんで桜海学園行かなかったの? 好きな人がいる学校を選んだの?」
「うん 多分…」
「あたしだったら自分が行きたいとこにいくかも…でもわかんないな」
「あたしは一応片思いだから」
「ウソ片思い!? それってちゃんと告った?」
「唯ちゃん そんな大きな声で言わないで」

「それにその人ね 中学のときから付き合ってる彼女がいるのよ だからあたしなんて…」
「彼女かあ~ 愛なんて永遠じゃないじゃんその人も彼女ととっくに別れてたりして」
t_043-03.jpg

「大体あの淳平ですら 彼女と別れちゃったって言ってたもんね」
動揺しまくる東城。
お茶をこぼす。タオル取りに行こうとして転ぶ。部屋を出るときに足の小指ぶつけて悶絶。

結局ブレイクタイムとなり、コンビニまでお菓子を買いに行くふたり。ところが唯は途中で友達と話しこんでしまい東城がひとりで帰ってくる。

時間が経ちずいぶんと静かな様子に部屋を覗く真中。
覗いた先にはコタツで眠る東城がいた。
t_043-04.jpg

あの時くれた手作りのプリントや中学のときのノート。
そのなかにはあのときの小説のノートが入っていた。
t_043-05.jpg
これ…この数学のノート 東城の小説のノートだ!!

そんななか目を覚ました東城と目が合った。
t_043-06.jpg









この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/01 15:13 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第042話 「星降る夜!?」 

二学期の終業式。
成績通知表を見てガックリしている、補欠合格組三人。
小宮山にいたっては「1」があったようで補修受ける羽目になったようである。
一方、映研の秀才コンビ外村・東城は学年トップと学年2位になっていたようです。
東城はわかる。なぜ外村がトップなのか? 謎である。
人は見た目ではない。

「しみったれた成績のことなんか忘れて本日のクリスマス会のことを話し合おうぜーいっ!!」

「ごめん俺行けない」
真中の一言にみんなの目が集中する。
「バイトがあるから」
「バイトだと? そんなこと言って実は西野つかさとデートだろ」
t_042-01.jpg

「違うって!!」
「でも参加しないってことには変わりないんでしょ!」

西野とデートと思われてもかまわない
でも俺は決めたんだ 今年のクリスマスは誰とも過ごさない

「北大路さん真中くんと一緒にバイトしてるの…?」
「偶然だよあたしがバイトしてる店にたまたま真中が入ってきて…」
「西野って子とデートするなら最初からそういえばいいのよ」
t_042-02.jpg

「でもあたしは 真中君嘘ついてないと思う」
「…わかった 本当にバイトがどうかこの目で確かめてくるから」


クリスマスイブ当日というだけあり厨房・売り場カウンターは戦場だった。
外から確認しに来たさつきも悲鳴をあげそうなくらいの混み具合に中に真中がいるかまでは確認できなかった。

そこへバイトの先輩が通りかかり昨日真中から24日バイト替わってもいいと電話が来たことを話す。
西野とデートではなかったのだ。

商品補充の電話を掛ける真中に背後から声を掛けたのは
t_042-03.jpg

制服に着替え終わったさつきだった。
「クリスマス会はどうしたんだよ」
「大丈夫 さっき電話したから それよりデートじゃなかったんだ」
「…見ればわかるだろ」
「嘘! 約束ぐらいしてるんでしょ」
t_042-04.jpg

「俺たち別れたんだから」
「マジ?」
「こんな優柔不断じゃ誰だって嫌になるだろ しかも誰が一番好きかわかんねー人間が誰かとクリスマスなんか過ごせるか?」
そんな真中に喝を入れて一緒に働くことにしたさつき。
t_042-05.jpg

「それでもいいから 一緒にいたいって気持ちはわかってくれそうもない…かな?」

それから映研のメンバーが来店し
店内で忘年会を兼ねてクリスマス会を行った。
t_042-06.jpg
さつきの制服姿をひやかし、バーガー代をまけるように交渉をしたり、ハンバーガーを作れる真中がすごいと言い出したり。
営業妨害さえしなければこういう仲間がいるっていいですよね、自分の高校時代さえ懐かしくなってきましたよ。

バイトでの帰り道。
さつきからのキーホルダーのお返しは他所の家に飾られた星
t_042-07.jpg

星を盗む真中。
でもさつきの目にはそんな真中がすごくカッコよく映ったみたいです。
さつきにしてみれば、真中といることだけで楽しいんだから、どんなものでもいい。
たださつきの恋心が実る日はいつになるのか今は何も言えません。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/01 15:05 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

いちご100% 第041話 「一緒に入る!?」 

「西野!!
こないだのことは本当にごめんな
あんまり突然だったもんだから
俺何もできなくって」

「でも俺やっぱ西野好きだよ」
t_041-01.jpg

「懸垂100回してくれたら考え直してもいいわ」

わかった!! 死んでもやりきるよ
鉄棒を握り締めジタバタするもののいつもよりも身体が重く感じて
「もういいよ 懸垂できなくなっちゃったんだ じゃあバイバイ」
「待ってくれ 西野!!」


目が覚めたらそこは自分の部屋。
夢だったことを確認してもう一度寝ようとしたときに自分の顔の横に
女性用の下着パンツが落ちていることに気付き飛び起きる。
t_041-02.jpg

「おふぁよ~ 淳平~」

映画の中で女優がハダカで寝たりするのと同じで 
人間は本来裸で寝た方が気持ちいい…と服を脱ぐ理由を解説していますが
唯が裸で寝るのは読者のためだと思われますが皆様はいかがでしょうか?
でもその脱衣癖は両親には言えないよな。

父親は釣りに出かけ 母親はバーゲンセールに出かけ 
残された真中は唯と静まり返った部屋の中で朝食を摂りながらふと考えた。
『たしかに俺たちは幼なじみで兄弟みたいに育ってきた… お互いココロもカラダも成長して…ひとりの男とひとりの女に』
…真中なりに唯のことを女として意識しているようです。しかし唯はそんな気配さえありません。

テーブルの上に置かれたクリスマスケーキの話になり、昨日西野の家で食べたケーキがクリスマス用のケーキだったことを知り、取り乱す真中。
t_041-03.jpg


東城やさつきのことは説明しなかったようだが、西野とのいきさつをすべて唯に話した様子の真中。
淳平に彼女がいたりキスの経験まであることに驚き隠せない唯。

「とりあえずお風呂入んなよ。涙も泣き声もあったまって蒸発しそうでしょ」
他の友人には言えない涙の理由。ひとりで溜めこむには辛い。幼なじみだけには話せるのでしょうか。妹のような唯なら。

t_041-04.jpg

「じゅんぺー!! 背中流しにきたよー!!」
振られた男の哀しい背中をサービスで洗い流してくれるそうです。
泡だらけの背中をシャワーで流そうとした矢先、手元が滑り頭からずぶぬれになってしまう唯。
あわてて浴室から出ようとするものの、浴室のドアに立てかけてあったテーブルが倒れドアは1cmも動かなくなってしまった。
出る術を失った二人は、母親の帰りを待つことにしたのだが、いくら風呂場とはいえずぶ濡れになった唯。寒さで震えが止まらなくなってきた。
「俺と替わろう おまえ湯船に入れよ」
「いいの…?」

t_041-05.jpg

いくら幼なじみでも、小さい頃一緒に入ったことがある仲でも、15歳になった今。一緒に入れるものなのだろうか…。
あわてて真中は浴槽を飛び出す。
でも全然唯は平気みたいで…。
「一緒に入ればいいのに」

この後母親が帰ってきて浴室のドアをふさいでいたテーブルをどかしてもらい浴室から出た真中。

お母さんに唯と一緒に風呂入っていたことがばれなかったというのが奇跡的な話だが。
真中の「前」を見てショックで固まっていた唯と 
平然とした顔で見られてしまったことで逆にショックを受けた真中。
結局今回の話は唯のセミヌードが見れたってことで…。








この記事の原作はこちらまで
[ 2005/10/01 15:01 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。