スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「革命」は何度起きるのか? ジャンプ the REVOLUTION 

ジャンプ the REVOLUTION ←公式ホームページ


さて、「いちご」連載終了以来すっかり企画物となってしまった感のある紹介コーナーです。


去年秋にジャンプ the REVOLUTIONに描かれた美鈴の恋
新年初めの「氷姫奇譚」
赤丸ジャンプ夏号の「彼女と夏と僕」

につづいて4度目の登場。


t_akiiromousoubiyori-01.jpg

『秋色妄想日和』 である…。


ちっちゃカワイイ
亜季ちゃんの妄想爆発
ちょっとえっちな
オールカラー!!


とあるのですが、『こずえ』的な話になってしまうんでしょうか?


またオールカラーにだまされて
わずか8ページくらいのショートショートにのめりこむ自分がいるから困る。



なんだかんだ言ってても結局買ってしまう。
カレンダーの9月29日(金)に○印をしている自分がちょっと可愛く思えた。。。

スポンサーサイト
[ 2006/09/22 13:41 ] 書籍紹介 | TB(0) | CM(3)

アニメ版 いちご100% 第06話 「春の嵐は幼なじみ」 

朝起きたら。


…おっきしてた。


見知らぬ女の子が半裸でそばにいた…。


t_t_itigo-anime06-001.jpg
南戸唯。


真中の隣の家に住んでいて、
5年前に引っ越して 
やたらとちょっかい出してきたひとつ年下のおせっかい女


この春、中学3年生になる唯は
将来進学する学校の下見に来たのである。


(以下略)


学校の下見の後、犬に襲われそうになり
真中の機転でその場を逃れて


真中の背中を流すことでお礼とした唯であったが。


t_t_itigo-anime06-002.jpg
シャワーをかぶってしまいずぶぬれになる唯。
だが下着が透けるわけでもなく、中途半端。



ずぶ濡れの体を温めるということで


t_t_itigo-anime06-003.jpg
その場で服を脱ぎ入浴するもののこんな感じ。



朝早くの電車で帰るとか言ってたにもかかわらず。


t_t_itigo-anime06-004.jpg
寝倒した…。



t_t_itigo-anime06-005.jpg

…ということはパジャマの下は全裸。



本来なら、

キ・キ・キ・キタ━━━唯━━━(゚∀゚)━━━GJ━━━!!!!

とか書きたいところだが全然燃えてこない。




これって注さんのせいですか?





いちご100% strawberry 2 いちご100% strawberry 2
中原清隆 (2006/04/26)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る


↑こちらは5~8話まで収録


いちご100% スペシャル もぎたて編 いちご100% スペシャル もぎたて編
中原清隆 (2005/12/14)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


↑こちらは1話~12話まで収録
[ 2006/09/21 20:29 ] いちご100% | TB(0) | CM(2)

アニメ版 いちご100% 第05話 「思い出の第2ボタン」 

泉坂高校 合格発表の日。

すでにサッカーによる推薦入学を決めている大草にとっては
真中・小宮山の不安など、どこ吹く風であった。


原作ではこのあたり


西野が168番
小宮山が171番
真中が172番
東城が173番


t_t_itigo-anime05-001.jpg
ふたりの不合格が決まった瞬間である。


その時東城は掲示板の端っこにある補欠合格の番号を発見する。


t_t_itigo-anime05-002.jpg
こんなの掲示板のあり方として最低だろ。



中学校は卒業式をむかえる。
原作とは違いすでに真中は合格の通知が手元に届いている。


原作ではこのあたり


やはり真中の妄想シーンは存在する。


t_t_itigo-anime05-003.jpg

「やあ俺達また同じ学校だね」
「真中くん!」
「どうして東城は桜海学園じゃなく泉坂高校を選んだのかな」
「それは…」
「教えてくれる? 東城」
「い…いや…。ほんとはわかってて言ってるんでしょ…。いじわる…」

「ねぇ真中くん高校も一緒だけど中学時代の思い出をあたしにちょうだい」
「思い出?」
「そうよ…。
 あたし真中くんのことが好きなのよ…。
 だからいちごパンツもわざと見えるようにして…」
「え」

「ね、お願い。中学の思い出って言ったらこれしかないでしょ…」


『あの受験の日以来。俺の頭の中には東城のことばかり
 いったいどうしちまったんだ。俺は西野と付き合ってるってのに…』


中学の卒業式
誰かに一緒に合格を祝ってもらいたい
そして忘れられない思い出を作りたいのに…


t_t_itigo-anime05-004.jpg
東城は男子生徒に囲まれていた。
そんな様子が面白くない真中。



西野は真中の第2ボタンを奪い取りにきた。

t_t_itigo-anime05-005.jpg
「これが。あたしの中学時代の思い出」

この言葉の意味が真中にはよくわからなかった。
「思い出って。俺たち同じ高校行くんだし…」



だがここで原作以上にドラマが待っていた。



t_t_itigo-anime05-006.jpg
「あたし。泉坂高校には進学しないの」

「淳平くん。あたしの他に好きな人いるでしょ?
 あたし。カンがいいからすぐわかっちゃうんだよね。
 …でもいいよ。あたしも東城さん好きだもん。
 それに東城さんだってきっと淳平くんのこと…」


こんなこと、付き合っている女の子から言われてはいけない。

男しても最低な瞬間である。


西野の進学先は桜海学園。
それはおりしも、真中と出会う前の東城が進学先にあげていた学校である。


t_t_itigo-anime05-007.jpg
「あたしは別に淳平くんの事を諦めてないから。だから桜海学園に行くの。
 東城さんは淳平くんと一緒に映画を作りたくて同じ学校に行くんでしょ。
 でも、今のあたしにはそんなものがない。
 だから同じ学校に行っても勝てないなぁって思ったの。
 それであたしはあたしの何かを見つけるために桜海学園に行くことにしたってわけ」


「でもあの淳平くんからの告白が
 あたしに火をつけたのは確か。人を好きになるって理屈じゃないんだな。うん」

「嫌なヤツ好きになるほど、あたし心広くないよ。
 大丈夫。淳平くんはいいところいっぱい持ってるんだから」


それだけ言うと西野は「補欠合格おめでとう」と言い残し元気に去っていった。



卒業式。
夕暮れ時の屋上でひとり。
そこにあのコはやってきた。


そしてここも原作どおりに話が進む。


t_t_itigo-anime05-008.jpg
「これ…なくしちゃうよ」

二人は並んで夕暮れ染まる街を眺める。
「考えてみたら、この景色を見るのもこれで最後なんだな」
「そうだね。あたしこの場所が好きだったの。
 真中くんは? 真中くんも好きなんだよね」


「だから、ここにいると思った」


ふたりが初めて出会った場所。
ふたりが初めて夢を語った場所。

この屋上から中学生生活最後の思い出が生まれる…!?


t_t_itigo-anime05-009.jpg
「第2ボタンか…。
 いいよね、何か思い出が形に残るのって…。
 あたしも何か思い出ほしいな…」


中学生活最後の日。
真中の今朝の妄想が今現実となる…。


はずもなく。
合格に歓喜した小宮山が乱入してきてムード台無し。



今回あまりにも
原作に忠実なんで過去記事コピーで済んでしまったよ!!




t_t_itigo-anime05-010.jpg


作画がハマればこんなにかわいいのに!





いちご100% strawberry 2 いちご100% strawberry 2
中原清隆 (2006/04/26)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る


↑こちらは5~8話まで収録


いちご100% スペシャル もぎたて編 いちご100% スペシャル もぎたて編
中原清隆 (2005/12/14)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


↑こちらは1話~12話まで収録
[ 2006/09/01 12:44 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。