スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第006話「ハートの色ハートの形」 

由紀に訪れた突然の喉の痛み。

それは成長。

声変わり。


t_006-001.jpg

「そんな・・・まずいよ」


男性ホルモンの分泌。
背も伸び、肩幅も広がり、声も変わってしまえば。



女装・・・
できなくなっちゃう



・・・この由紀に関してはコメントしにくいね。



由紀は姉にひだり以外の女の子から告白を受けたことを伝える。

t_006-002.jpg

「ちょっと何言ってんの!?
 ひだりちゃんのこと傷つけたらあんたでも許さないからね

「傷つけるもなにも、ひだりはまだ子供じゃないか」



実はここで姉が怒った理由について、注さん意味がわからなかった。
しかし、もう少し物語が先に進むにつれて徐々に明らかになる。



ひだりのことを女として見れない。
大人になるまで待っていられない。

だからといって
ひだりを傷つけるモノがあれば許せそうもない

そんな由紀の信念がいま大きな矛盾にぶち当たる。

水面の告白を受けたらひだりは傷ついてしまうだろう。





そのころひだりの家では水面が家庭教師として来ていた。


「水面さん。頭良いし美人だしすごく羨ましい」

「わたしはひだりちゃんが羨ましいけどな
 池田にあれだけ大切に思われてるの、ひだりちゃんだけだもん」



なぜ、いまその言葉が水面の口から出てくるのか・・・。



t_006-003.jpg

「水面さん。紀くんのこと・・・」

「うん。大好きだよ 池田は私の特別だもん」





くはー。修羅場キタ――――!!




その夜。
ひだりは由紀の部屋に飛び込んでくる。

夜10時。

思春期の男女にとってはある意味区切りの時間である。


ひだりに対してどう接していいか、わからなくなってきている由紀。
由紀の気を引きたくてもどうしていいか思いつかないひだり。


20070201112407.jpg
かつては空気を変えたこの行動も、いまやっても笑えない空間である。


以前のふたりだったら、こーゆーやりとりは乗ってくれたけど。
いまはどうしようもないくらい互いの動きを探りあういびつな関係。



t_006-004.jpg

「あたしバカだから、これぐらいしか思いつかない」

「水面さんね、紀くんのこと好きだって。よかったね両想いだよ」






そんなひだりの涙を見た由紀。


その涙に由紀は 一番大事なことをひだりにカミングアウトする。





t_006-005.jpg

「だーれだ」


公園でのひだりからの告白を
知らないフリして無かった事にしようとしていたけど

あの夜のユキはやさしかったから。


t_006-006.jpg

「その紀くんって男もきっとひだりちゃんを大切に思ってる
 ひだりちゃんを傷つけるモノは私も許さないから」



だから


再びひだりは涙を流す。


t_006-007.jpg

それは、嬉し泣き。



ふたりの空間が元通りになっていく。


いじらしくて、とてもいとしい存在。


この泣き顔にそそられた由紀。
女の子が成長していくのなんてあっという間なのかもしれない。





そして女の子にケジメをつけるときが来る。

t_006-008.jpg

最近カッコよくなったよね。という水面に対して

「はは。眼が曇ったんじゃない?」


この発言、鬼だよ。

このマンガの楽しみ方、スゲー難しいな。


t_006-009.jpg

「何で目を逸らすの?
 ずるいよね。私のことさんざん振り回したクセに」


まったくだよ。



そして水面は告白の返事を聞きたくて
夜の恵比寿にユキのカッコで来てと頼む。


おそらくこれが最後の女装。
そしてこれが水面との最後・・・



水面は知っていた。
池田由紀はひだりの事を一番大切に思っていることを。
黒川水面は一人で空回りしていることを。


自分はひだりみたいに素直じゃないから、可愛くないから。


ユキが
「黒川は十分可愛いよ」
と言ってくれても。

もう、その言葉さえ水面には意味がない。



もっと別の言葉が欲しかったけど、それはもう不可能な話。



t_006-010.jpg

「ずるいよ」


またズルイのは由紀は水面に対して何も言っていないこと。
好きとか、嫌いとか。
何も言わずにこの行動である。


水面の存在っていったいなんだったんだよ。

たぶん由紀のキャラがいけないのだが
こいつは性格破綻者にしておかないと
全然この物語面白くならないから仕方ないんだけど・・・。


こんな振り回され方したらたまらんよな。





t_006-011.jpg

妹のようなひだり。
性徴が始まった由紀。


今までのいびつな関係はなんだったのかと言うくらい
あっけなくモトサヤになった感じだが、


それはそれである。



個人的には
水面ともっと進んだ話を見たい
と思った次第ではあるが、どうやらこの先あるらしい。と書いておく。

それをレビューするときは絶対大型記事にすると約束したい。







ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る








補足。
『ゆびさきミルクティー』 ってホントはこれで完結だったらしいんですが
一部ファンの熱烈な要望で続投という運びになったらしいんですよね。

由紀の鬼畜ぶりが受けたのか?

水面のおさげメガネが受けたのか? 

それともひだりの発育途上のロリっぽさが受けたのか?



ともかく当ブログはこのマンガを推していきます。


今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。
スポンサーサイト

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第005話「指先の温度」 

t_004-005.jpg


あのキスの一件以来。
水面は一週間近く学校を休んでいた。


それでも由紀は相変わらずユキになってセルフポートレートをしていた。



t_005-001.jpg

ひだりの笑顔。
水面の泣き顔。


二人と同じ表情をすることで二人の気持ちが解るかもしれない。



t_005-002.jpg

だが、由紀だって気がついている。
そんなことでは全然前に進めないってことくらい。





t_005-003.jpg

そしてそんな現場を姉に見つかってしまう。



t_005-004.jpg

しかし、姉は理解者だった。
「悩んだり迷ったりしたときは相談していいんだから」


ここではレビューしてないけど
ずっとピエロ役かと思っていた姉だが


なかなかにいい味を出している素敵な姉なのだ。
この先もっと活躍していただきたい。


t_005-005.jpg


って。
・・・あれ!?

ちょっとおねえさん?





成年誌のパワー恐るべし・・・。




そして2学期中間テストシーズン。

黒川水面は再び学校に戻ってきた。




t_005-006.jpg


キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


メガネ外したら超美人設定


どこのいちごだよ!?
どこの東城さんだよ!?
おさげと黒ぶちメガネはどこいったんだよ!?





戻ってきた水面は別人になっていた。

以前だったら男子と一緒に帰るのも何かと人目を気にしていたのに。

部屋で3日間泣きはらしたら、いろいろ考える時間が出来て。






「わたしは怖がって誰にも心を許したことがなかった
 でも池田ならいいよ
 いまなら心ごと全部あげれる準備があります」




キスから始まった水面の想いが由紀にぶつけられる。


t_005-007.jpg

「先着一名様 つかみどりだよ」

こーゆー告白セリフってオシャレだよね。



この手をつかんだら水面の告白を受けることになる。

由紀は瞬間迷う。


t_004-008.jpg

この土壇場でひだりの告白が脳裏を横切ったのである。



そして
由紀が真中以上にダメ男ぶりを発揮する。


t_005-008.jpg

「もっと自分を大切にして」


もう。
ゆびさきをよく知っている読者の方には耳タコですが


この由紀って奴はなかなかに鬼畜です。
絶対にこの男を好きになってはいけません。
一応主人公ということもあり、彼の視点を中心に世界が回っていますが。
これからもっと複雑な人間模様を醸し出す危険人物です。




女の子の場合。
告白のあとこういった返事がきてしまうと
それなりに身構える。

身構えないわけがない。

「答えは今じゃなくてもいい」

その返事までの間にどんな気持ちで女の子はすごすことになるのか。



t_005-009.jpg

「告白って気持ちいいね」

だから水面のその泣き出しそうな目元が切なくさせてしまうんだって・・・。



去り行く水面の背中を見ながら由紀は

自分しか知らない黒川水面の魅力をかみしめていた。



口唇

心まで全部触れたいのに・・・。

水面の告白をためらう理由なんて何もないのに・・・。



その日の晩、由紀は突然の喉の痛みを経験する。










ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る




今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第004話「揺れる水面」 

由紀は揺れていた。

t_004-001.jpg

ひだりの告白以来、調子が狂いっぱなしなのだ。

ひだりに対してどう接していいわからなくなる。


汗に濡れたひだりが
妙に艶っぽく見え始めて仕方ない

いままでの
まるで妹のような関係だったひだりが変わってしまいそうな恐怖。


t_004-002.jpg

だが、女の子の態度によって
その関係図が一目瞭然となる。


微妙な三角関係がすこしづつ変化していく。


水面は由紀の心のやわらかい部分に触れる。


t_004-003.jpg

「ひだりちゃん。私と池田が仲良いとか思ったのかな。そんなわけないじゃんね」


由紀は水面に対して特別な意識を持っている。
しかし水面の目から見てもひだりの想いはまっすぐに由紀をとらえている。



迷う由紀。



t_004-004.jpg

「あんまりふざけてると大声出すわよ」

俺が好きなのは・・・。

大切にしたいのは・・・。





t_004-005.jpg

黒川水面なのに・・・。




いやー。
このシーンカッコいい!

「だったらその口ふさぐよ」
そのセリフ言ってみたーい。




t_004-006.jpg

そして由紀のキスになにげに反応する水面。

このエロティックな描写も成年誌ならでは。

すげーキタ。
やっぱり委員長タイプの女の子が乱れちゃうのってすげーイイ!






翌日。
サッカーをしにきたひだりの髪を結いながら二人は互いの距離を確認しあう。

ひだりと由紀の距離。
それはひだりが小学校4年生のとき。胸がふくらみだした頃。

由紀の前で女の子らしさを出しちゃいけないって思ったひだり。
そんなひだりの裸を見て、スケベなことを考える自分が許せなかった由紀。


「ひだりを嫌いなんて思うわけないよ」


t_004-007.jpg

だが、瞬間手をつなげなかったことで二人の距離がまた開く。


t_003-007.jpg

この手はユキとしてつないだ手。
もしつなげば自分がユキであることがばれてしまう。


そうなると、ひだりの告白を聞いてどぎまぎしていることがわかってしまう。


そんな由紀の気持ちを知ってか、ひだりは告白する。


t_004-008.jpg

「紀くん。大好きだよ」


この痛々しい目元が注さんを切なくさせるーっ!





由紀はユキとなり
セルフポートレートにふけっていた。



ひだりを傷つけた。
水面に拒まれて
寂しくなり
その寂しさをひだりに優しくすることで埋めていた。



t_004-009.jpg

そんなことでは解決しないのに。

由紀はそんなひだりや水面の気持ちを自身にかぶせカメラに身を委ねる。









ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る




今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第003話「チクチクジェラシー」 

t_003-001.jpg

由紀は困っていた。
水面がひだりの家庭教師をすることで
ひだりの成績がのび、今までの関係が変わってしまうことが。



水面は困っていた。
由紀がそんなにひだりのことを心配するから。


t_003-002.jpg

「あんなに価値観の近い子初めて逢ったのに、とりあげないでよ」



t_003-003.jpg

ひだりは困っていた。
由紀と水面の空気にいたたまれなくなって。



そんなひだりの前で由紀は水面に対する何気ない想いを口にしてしまう。



t_003-004.jpg

「好きな子の前だとつい意地悪しちゃうみたいだ」
「困ってるのを見て逆に可愛いとか思ったりしてさ」



由紀の口からそんなこと聞きたくなかった。

それが嫉妬。

それがジェラシー。



ひだりは夜の街に飛び出した。
あこがれのユキさんに会って相談したい。



由紀はユキになりひだりの後を追い夜の街をひた走る。

『もし万が一ひだりに何かあったら、俺は一生自分を許せそうもない』



t_003-005.jpg

そして公園のブランコに腰掛けるひだりを発見する。


ユキとしてひだりに接する由紀。


由紀=ユキを知らないひだりはユキに心のわだかまりを告白する。


ひだりの心にはじめて生まれた醜い嫉妬心。

そして嫉妬心から来る由紀への恋心・・・。


t_003-006.jpg

「紀くんが好き。誰にもわたしたくない」



ひだりを傷つけるものは誰であっても許さない。
そんなひだりに対する由紀の特別な思いが形を変えていく。




t_003-007.jpg

応えてやれるだろうか、その想いに・・・。



由紀にはじめて恋心を抱かせた水面。
由紀のことをずっと想っていたひだり。



三角形のいずれかの一辺が揺れ動いたとき
三角形はさらにいびつになり、場合によってはその三角形は消滅する。



次回。もう一辺が動く。







ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る




今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第002話「訪れた家庭教師」 

由紀は女の子を好きになったことがない。


20070201112411.jpg

「食べさせて、下さい」
(ここまでやっといて、ひだりのことはどうなんだ。という意見は置いておく)



「女性の美しさは内面から沸き上がってくるものだ」

15歳にしてすでに達観している由紀である。


ただ、同じクラスの女の子。
学年トップの秀才 黒川水面(くろかわ・みなも)は美人だと由紀はおもう。


t_002-001.jpg

彼女が水面ちゃん。
(ちょっと画像選択間違えた)


黒髪のおさげ。
メガネ。
そしてパンツ。

由紀くん。
君とは友達になれそうだよ!


べっ、べつに注さん、パーツに弱い訳じゃないんだからねッ!



しかし、周りからの水面に対する反応はいまいち。


t_002-002.jpg

「休み時間も一人で勉強して女友達もいないんだぜ。
 頭すげーいいらしいけど、性格悪いに決まってる」


由紀はきさくに近づくが、たしかに水面はそっけない。


そこで由紀は考えた。
ユキになって水面に接近したら話してくれるんじゃないだろうか。



登校途中にひだりと出会ってしまうのだが、不思議と事なきを得る。




t_002-003.jpg

「黒川水面さん。ちょっといいかな?」

こわいのはここ。

とうとう由紀は女装のまま登校してしまった。

知り合いもクラスメイトも誰一人この行為に気がつかないのか?

この趣味確実にステップアップしていってます。








しかし。



t_002-004.jpg

「きゃははは。何てカッコしてんのあんた」


水面には通じない。


って・・・。

あれ?

何してんの?



t_002-005.jpg

「足の形かっこいいね」


なにげにユキも顔色があやしいぞ。


おいおい。
なんだこの展開は。




触りまくられた由紀は水面に
「不公平だ。俺にもさわらせろ」と言い始める。


しかし、水面は由紀をなめていた。
どうせ、なにもできないって思っていた。



そんなわけないじゃん!

t_002-006.jpg

いとも簡単にやってのける由紀。


いきなり胸を触られて泣き出す水面を見ながら由紀の心は揺れた。

『黒川は、お高くとまってるんじゃなくて不器用なだけなのかも・・・』




t_002-007.jpg

そんな姿がとても可愛くて

『すごくドキドキするから・・・』








ひだりは家庭教師が来ているようだ。
男の家庭教師だとしたら、それは許せない。


家庭教師は水面。
由紀の取り越し苦労だった。


ひだりはみんなのために晩ご飯の支度中。
由紀と水面は部屋に残される。


そこで由紀は水面に女装の秘密の口止めを申し出る。


t_002-008.jpg

「はじめて口止めしたね。特別なんだひだりちゃんは」


この約束で水面の中にふたつ複雑な感情が生まれる。


由紀=ユキは水面だけの秘密。秘密を共有できる歓び。

そんな女装した姿を「汚いこと」としてひだりに見せられないという
ひだりに対する由紀の特別な意識。
それはある意味、水面には超えられない壁。


これで恋の三角形は、いびつながらも作られた。
次回からもっと急展開になる。







ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る




今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第001話「苺ショートと隣の女の子」 

いつまでたっても河下先生の新連載が始まりそうもないんで
しばらくの間このマンガを紹介して皆さんと共に楽しんでいきたいと思います。


画像も極力抑えつつこのマンガのスゴさを共感したい。



池田由紀 (いけだ・ゆきのり)は15歳。高校一年生。

20070201112349.jpg

「うん。化粧映えしそうな顔してる」
姉の未記(みき)が写真のモデルをすっぽかしたため、
代役としてウェディングドレスを着たことから女装の味を覚えてしまう。

教えたのは写真屋。
この中年男のいやらしい目元がまた生理的に良い…。


心まで女の子になりたいとは思わないけど

20070201112354.jpg


『違う自分になれる』

変身。

その魔法のような、快楽に少しずつはまっていく。



由紀の隣りに住んでる幼なじみ、中学二年生の森居左 (もりい・ひだり)


20070201112358.jpg

はるか昔、一緒にお風呂に入ったこともある関係。

「だったら俺はひだりより素敵な花嫁さんになる」

『女の子より素敵な女の子になる』という意味だ。
ふつうの男の子ならこんなことは言わない。


このときからすでに由紀は僕らより斜め上を行っている。


しかし、さすがに成年誌。
由紀も左もなかなかに変態チックです。


20070201112403.jpg

15歳が年下の女の子にそれも思春期真っ盛りの中学生の髪をかぐ。

(間違えた。・・・触ったただけか)


かと思えば・・・。
由紀があまりにも左を子供みたいとバカにするので…。


20070201112407.jpg

「おっぱい」



キタ━━━おっ━━━(゜∀゜)━━━ぱい━━━!!!!



由紀動揺。


注さん仰天。マジでコーヒー噴いた。



中学生がこんな誘い方しない。



しかしそれだけで終わらない。





20070201112411.jpg



「食べさせて、下さい」


その乳首に見立てたショートケーキの苺に歯を立てる由紀。



ぶっちゃけ、ありえねぇ。
だがこれがゆびさきミルクの世界だ。




そしてこれが成年誌のパワーだ!




由紀は以前からあたためていた計画を実行する。

それは女装した自分を屋外で撮影すること。

別名。
野外プレイ。


羞恥心と罪悪感の交錯する複雑な気分を楽しんでいた由紀であった。


そして変身した姿を左に見つかってしまい
t_001.jpg


とっさに由紀(ゆきのり)で由紀(ユキ)と安直な偽名を使う由紀。


しかし左は普通にユキを女性と認識する。


ありえない。
実社会なら一撃で発覚する。

あるいは、見て見ぬフリされる。



そしてこの由紀とユキの存在が
そのうちにものすごい勢いで、この物話を暴走させていく引き金となる。




ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る




今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。



変態チックな話しなんで語り口もそれに倣いました。
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。