スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

関係者諸君へ(誰? 注さんからの超私信。003号  

スポンサーサイト
[ 2008/06/25 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

ジャンプスクエア8月号予告 

最近めっきり更新が減ったウチのブログ。
ウチは河下水希しか扱っていないです。
というわけではないのにカウンターを見ると波がありますね。

なんでこんなに波があるんだろうってことで他所をチェックしてみたら
「そうか7月4日の情報が出たんだ」ということで調べてまいりました。
こんなに河下記事扱っているのに、すっかり忘れてました。。。



河下先生の次回作の紹介がジャンプスクエアのHPにありました。

新作読切 『曾根崎心中!』 発表!







20080624111548.jpg


とんでもないほどの美麗絵です。



さて。
曾根崎心中というと、あの近松門左衛門の曾根崎でいいんでしょうか?


以下。
近松門左衛門と曾根崎心中について説明。


■近松 門左衛門 
承応2年~享保9年(1653~1724年)
江戸前期の歌舞伎・浄瑠璃作家。
歌舞伎は坂田藤十郎、浄瑠璃は竹本義太夫と組み活躍。
『曾根崎心中』で時代物中心だった浄瑠璃に、世話物を流行させるという革命を起こす。



■曾根崎心中のあらすじ 『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

醤油屋の手代・徳兵衛と、遊女のお初は恋し合う仲であった。
物語は、徳兵衛とお初が生玉の社で久しぶりに偶然再会したシーンから始まる。
便りのないことを責めるお初に、徳兵衛は会えない間、自分は大変な目にあったのだと語る。

徳兵衛は、実の叔父の家で丁稚奉公をしてきた。
誠実に働くことから信頼を得、店主の姪と結婚させて店を持たせようという話が出てきた。

徳兵衛はお初がいるからと断ったが、叔父のほうは徳兵衛が知らないうちに結納まで済ませてしまう。
固辞する徳兵衛に、叔父は怒りとうとう勘当を言い渡す。
その中身は「商売などさせない・大阪から出て行け・付け払いで買った服の代金を七日以内に返せ」というものであった。
徳兵衛はやっとのことで継母から結納金を取り返すが
どうしても金が要るという友人・九平次に三日限りの約束でその金を貸してしまう。

語り終えたところで、九平次が登場。
同時に、お初は喧嘩に巻き込まれるのを恐れた客に連れ去られる。
徳兵衛は、九平次に返済を迫る。
が、九平次は借金など知らぬと、逆に徳兵衛を公衆の面前で詐欺師呼ばわりしたうえ散々に殴りつけ面目を失わせる。
兄弟と呼べるほど信じていた男の手酷い裏切りであったが、
死んで身の証を立てるより他に身の潔白を証明し名誉を回復する手段が徳兵衛にはなかった。

徳兵衛は覚悟を決め、密かにお初のもとを訪れる。
お初は、他の人に見つかっては大変と徳兵衛を縁の下に隠す。
そこへ、九平次が客としてお初のもとを訪れるが、素気無くされ徳兵衛の悪口をいいつつ帰る。
徳兵衛は縁の下で、怒りにこぶしを震わせつつ、お初に死ぬ覚悟を伝える。

真夜中。
お初と徳兵衛は手を取り合い露天神の森へ行く。
互いを連理の松の木に縛り覚悟を確かめ合うと、徳兵衛は脇差でお初の命を奪い、自らも命を絶つ。


なお、歌舞伎では徳兵衛の叔父が帰らない徳兵衛を探して天満屋を尋ねてくる場面と
お初と徳兵衛が天満屋を抜け出した後に油屋の手代が天満屋を訪れ、
それによって九平次が徳兵衛の金をだまし取ったことが露見する場面が追加されている。




さて。
いままで河下先生には
原作者か脚本家をつけてくれと言われてきましたが
今回の曾根崎が、近松門左衛門の曾根崎ならかなり期待できます。 

ただし物語を脚色してしまうのかどうかが心配です。

心中という『死』を主題にきっちりとそこでしめるのか。
もしくは来世で巡り会ったふたりまで描いてしまうのか。
もしくは「曾根崎心中」をテーマに『氷姫奇譚』の堂島・高嶺コンビのような展開にしてしまうのか。

なんにしろ7月4日は500円持って本屋に行こう。









こんなものまで検索に引っかかったので紹介。
ニコ動にはすごい方がいるようです。
その才能、うらやましい。



[ 2008/06/24 12:00 ] 書籍紹介 | TB(0) | CM(0)

素敵なイラストを2枚もいただきました。 ブログ紹介 『M∀ZULOG』さま。  

注さんが 『M∀ZULOG』 の管理人である奄環和弘さんを知ったのは
グリード・スネークさん のリンクからでした。


注さんがネットサーフするときはたいてい友人になっていただいた方のリンク欄をたどっていく。
そして行った先でおもしろい記事があればコメントなり足跡なりを置いてくる。
場合によってはこちらから勝手にリンク張っちゃうときもある。

で。その方が足跡たどってウチに来ていただいて友好的なコメントをいただいたら
注さん的にはそこで「友達」とみなすんです。




さて。そんな奄環さんが記事内で

『服装に悩みポーズに悩みのこの頃です
 そんな物自分で考えろな訳ですが
 何かどなたか描くネタ下さいませんか!(ノД`)』

 

と泣かれていたので注さん的には
「願っても無いチャンスが、キター!」となったわけですよ。


注さんの奄環さんのイラストに関するイメージは

『アメコミ風な肉感的な女の子』
『目元の凛々しい女の子』

『露出高いけどガードは堅そうな女の子』


こんな作風な方だとどんなメガネっ娘になるんだろう。という好奇心からでした。



するとすぐにレスが来た。


『リクエストは「黒髪」の「メガネのおさげっ娘」ですね!! 
 注さんのブログ記事+イメージで描いて見ます

 訳のわからない例えですが
 目安としては出前で頼んだ「そば」が
 全く届かないので催促の電話を入れたら
 今出ましたと言う言い訳をするが一向に届かない「そば屋」
 な感じでお待ち戴けるとありがたいです
 …申し訳ないです』



出前の蕎麦屋…。おもしろい比喩だ。
このセンス、グリードさんに近いものがある。
かなり懐が深い人なんだなと思いました。

しかし。ウチのブログ記事なんて参考になるんでしょうかね?



そして今月1日。
最初の女の子が紹介された。







dearchusanmazulog001.jpg

かなりクールな仕上げの東城さん。


注さんには黒髪おさげのメガネっ娘はこんなイメージ。

優等生で学級委員で教室ではクールなんだけど家に帰ったらまた別人で。
メガネ外して髪ほどいたらグンバツなくせに
その容姿に自信が無く(特に胸無いことを気にして)地味目で無難で冒険しない。

実はこういったスタイルの女の子が職場にいて
注さん的には仕事以外の話をしたいのに、なかなか脱線してくれません。クールです。
(こっちが脱線か)



しかしながら奄環さんは

『描いてみて何かコレってまんまっぽくないか?
 こうじゃ無いだろう…
 うんコレジャナイ!と思ったので
 「注さん」から戴いたリクエストは又新たに描いていると言う事で
 もう暫しお待ち下さいませ<(_ _)>』



と。自らダメ出しされ、もう一枚描いて下さることになった!


「絵師という方々は自分の作品に対してストイックですね」
とコメントしたらこれまたすぐにレスが来た。


『ストイックと言う訳ではないのです
 以前別の方にリクエストを戴いた時描いた物を載せるまで
 数ヶ月を要した割りに大した物が描けなかった事がかなり申し訳ない気分だったので
 今回は1枚挟んで時間を稼ごうと目論んだだけです…(._.;) スミマセン

 新たに描き直しても大層な違いが出るとは思いませんが
 もう少し自分風と言いますか
 余り構図を練ったりして描くと日々の更新絵の作業も+されて
 結局完成まで数ヶ月はかかってしまうのでそんなにかからない範囲でもう少し描いて見ます
 更に蕎麦屋感覚でお待ち戴けるとありがたいです。』




そして16日後。
さらに手直しされ奄環風味の加わった女の焦がし溶解された。
このバカ辞書なんて変換しやがんだ。


女の子が紹介されました。






dearchusanmazulog002.jpg

なんだよ。これ。
すごくかわいいじゃん。

しまったぁぁぁ。こーゆーアプローチもあったのかぁぁぁ。
いままで抱いていた固定観念を崩されるのって気持ちいい。

その髪の質感とメガネのフレームの太さに違和感を感じさせない仕上がり
おどけたポーズとその茶目っ気たっぷりの表情が
今まで持っていた沈着冷静でクールなメガネっ娘のイメージを一閃してくれました。



…しまったなぁ。
描いてもらっておいてアレなんだけど。



「セクシー路線でお願いしますって。
言えばよかった…。」
[ 2008/06/17 03:07 ] ブログ紹介 | TB(0) | CM(3)

「こーゆーの交流会」(仮称)を企画します。 

みなさん。おはようございます。
そして。こんにちは。
さらに。こんばんは。

普段から「こーゆーのを読んでるッ!!」を御覧いただきありがとうございます。

かねてからブログ記事であれこれ企画についてほのめかしてきましたが
ここにきてようやくスケジュールの目処がたったのでここに発表いたします。

何人の方が参加してくれるかは未知数ですが
たとえ注さん独りでも開催したいと思っております。

かと言ってホントに誰もこないのはさびしいので

注さん的にオフ会でお会いしたい方には
かなり一方的でなんですが、強引にもコメント欄か
メールアドレスを公開している方にはメールにてご連絡させていただいております。
それは突然でかつ不躾なことをやってしまっているので
この場にてお詫びいたします。
注さんのブログにリンク貼られている方で
何回かコメント交わした方には送っています。


だからと言って送られていない方にも
参加資格はもちろんありますので都合つく方はぜひご連絡をくださいね。



【こーゆーのオフ・募集開始】


オフの日程 
 8月16日(土) 18時前後くらい?
 場所:横浜周辺



オフの内容
まだ具体的には決まってませんが、

18:00前後 集合
18:30~20:30 1次会
21:00~?  2次会・・・?

ちなみに注さんはこの日一日丸々空けてありますので昼オフ希望者がいればやります。
ランチ? お茶会? カラオケ? ボーリング? などなど・・・
夜が無理という方はこちらで。



参加資格
マンガ・アニメを愛する人。マナーと良識ある(?)人。であれば問題なしです。
もしかしたら女性が参加される可能性があります。
不快を与えないエチケットのある方であればOKです。



費用
基本スタンスは割り勘ですが全員一律というわけにはいかないでしょうから
基本的に年齢と比例すると思ってもらえれば。
大人な方がチョイ負担するかたちでお願い致します。
ですので若い方もお気軽にご参加くださいね。



連絡先
参加希望の方は、メール(ko-yu-no_chuusan@excite.co.jp)にてご連絡下さい。

募集〆切は 7/21(月)の23時までとします。
それまでこの記事をトップ記事とさせていただきます。

またコメント欄で参加希望を頂いてもお返事できません。
メールのタイトルには「オフ会参加希望」とお願い致します。

皆さんからのメアドなど個人情報は
注さんがオフ会用の連絡手段としてのみ使用します。




その他
オフに関してのさまざまな打ち合わせは別の場を設けます。
参加表明して頂いた方にはメールにて詳細をお送り致します。

「こーゆーの。」のオフ会になりますが『いちご』や『初恋』ファンじゃない方でもOKですし
河下先生のことを良く知らない方でもOKです。

1次会のみ2次会のみでもOKです。また途中参加・途中退場も全然OKです。
注さんに一目会いたいと思ってる方などもぜひぜひ。


今の段階で参加したいという声は
そんなに多くないので大丈夫かなと思ってるんですが
万が一参加人数が想定よりも越えてしまった場合
当ブログの常連さんや関わりのある方を優先する場合もありますのでその点だけご了承下さいませ。









またオフ会でやってほしい事なども同時募集します!
一応今のところは「参加者全員にシークレットプレゼント」を予定してます


沢山の方とお会いするのを楽しみにしてます!


※オフ会に関しては募集状況にもよりますが、もう一度記事を立ち上げる予定です。

[ 2008/06/15 23:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)

現在忙殺中。 

とりあえず近況記事を。

現在管理人は仕事に追いまくられています。
仕事があるだけありがたい時代ですが、さすがにしばらくPC出来ないのは辛いです。

また「初恋」以後なにを書くかもまだ決まっておらず。
お越しいただいている方には「また更新なし」かと。ご迷惑をおかけいたします。

時間が取れたら身辺記事で腕慣らししつつ
オフ会企画・参加募集記事をいれ
漬けっ放しだった昔の中途で止まった記事を書いていこうかと。

なのでしばらくお待ちくださいね。
[ 2008/06/10 08:12 ] その他 | TB(0) | CM(0)

制コレISM GPを読んでみた。 

6月7日。
シーカー君のご好意により許可が出たのだ。
なので記事改稿である。









6月4日。

今日はちょっとだけ早めに家を出て「制コレISM GP」を探しにいった。



t_200806005001.jpg

出勤途上で買うには気恥ずかしい代物だ。



この女の子たちの 征服 制服写真や
水着姿などはどうでもいいのだ。


だって注さん、実写に興味ないもん。





t_200806005002.jpg

理由はこれです。


☆豪華漫画陣9人がコラボ企画を発動

そこに河下先生の名前が
紹介されていれば期待しないわけにはいかないです。


おそらく女の子のイラストか
ミニストーリーが描かれるに違いない。


ぜひ見たい。
初恋なき今、グッと来るような記事にしたい。



ところがですよ。

駅前の本屋2件梯子しても見つからないのですよ。


販売部数が少ないのか、注さんの住んでる町には行き渡らないのか。


仕方ないので勤務先近くまで。
注さんの勤務先は都市部のため、大型有名書店がある。たぶんあるはずだ。


ありました。
アイドル写真集。ヌード写真集。男性向けコーナーの一角に積まれていました。


運良くビニール閉じされている風でもなく普通に立ち読みできました。


さて。コラボ記事はどこ? と探す間もなく見つかりました。


写真集のほぼ真ん中あたりに
明らかに毛色の違うミニ漫画コーナーが添付されています。


そしてその表紙を飾ったのが河下先生のイラスト…。

















t_20080607001.jpg









うーん。。。


なんだ? 
この出来損ないの「岬」みたいな女の子。。。


なんだろうこのキョーレツな違和感は。。。


これホントに河下先生が書いたのか???




片隅に「制コレ限定」と明朝体で四角く配列されていました。。。



(おもむろに写メしてやろうかと思いましたがそれは大きくマナー違反)



あああああ。
これやっちゃったな。
これだけのために980円は出せんわ。



ということで買わずに立ち読みで帰っちゃいました。






シーカー君はマニアの手前。
割に合わないと知りつつも、泣く泣く買われたみたいです。

ご愁傷様です。





読者の皆さん。
シーカー君にお礼を差し上げてください。

目安として拍手ボタンでみなさんの「ありがとう度」を計ろうと思います。

さっそく注さんはポチッとしました。






7月4日のSQまで我慢するさ。

次こそ期待していいはず。

はず。
たぶん。





制コレISM GP―ヤングジャンプ制服コレクション2007-2008YEAR BOOK (4) (集英社ムック)制コレISM GP―ヤングジャンプ制服コレクション2007-2008YEAR BOOK (4) (集英社ムック)
(2008/06)
不明

商品詳細を見る
[ 2008/06/05 02:16 ] 書籍紹介 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。