スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その9 

真中の土下座行脚はさらに続く。


注さんにとって英語というのは
意味を理解するために日本語の倍くらい時間をかけて読む傾向がある。


だから文章を理解するために色々な日本語をあてはめる。


多少意味が分からなくても意訳で雰囲気だけはつかめてしまう。




だからね。


原作では絶対ありえなかった恋愛に対する精算の代償が


スゴク痛い。







200811110012jpg


「俺達・・・。別れよう」



この後の英文を読めば読むほど痛々しくってさぁぁぁ・・・。




200811110013jpg



「・・・なんで? 他に好きな人がいるの?」
スポンサーサイト
[ 2008/11/28 03:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その8 

真中の土下座行脚は正直言って痛すぎる。


注さん英語は苦手な方だが、読んでいるうちにいたたまれなくなってきた。


だけど考えてもみれば
恋愛というものはこういった直視に耐えがたい修羅場あってこそといえよう。



まして真中がヒロイン達に中途半端であった分だけ、その精算はあまりにつらい。



200811110010jpg


「さつき。俺達は付き合う事が出来ない。。。」


この後の英文を読めば読むほど痛々しくってさぁぁぁ・・・。




200811110011jpg




このエンディング創った人は実にスゲェ。

ここまで躊躇なくバッサリやっちまうんだから。


[ 2008/11/25 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その7 

そして。

真中の土下座行脚が始まる。



200811110079jpg



なんと。
東城からの告白された当日の夜。


文化祭が行なわれた夜。
その日に土下座行脚のスタートである。


電撃的すぎるだろ?
[ 2008/11/21 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その6 

だけど。




20081111007.jpg



真中の中にいまだ迷う影がこの局面に置いてちらついてしまう。 




だけどこの物語はどこまでも東城びいきに描かれていて。



20081111008.jpg



些細な思い違いさえもたった1コマで修正されてしまう。。。
[ 2008/11/19 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(2)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その5 

東城を強く、そしてきつく抱きしめる真中。


20081111005.jpg


「ま・・・真中くん・・・!?」  




抱きしめたかったんだ・・・。

あの時からずっと・・・。




20081111006.jpg



注さん。
このときの綾を見て猛烈に親近感がわいた。

これほど幸せに包まれた表情をした綾を知らない。



[ 2008/11/17 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その4 

扉を開けた真中は

20081111004.jpg

東城の手を握る。。。
東城の手を掴む。。。


遥か以前に見たことあるよな構図ですが、そこは触れません。



20081111005.jpg

「ま・・・真中くん・・・!?」  



おもわず自分のブログ記事を確認したけど。

このシーンがどこだったかさえも思い出せねぇ・・・。

ちゃんとこーゆー画像をピックしたかさえも思い出せねぇ・・・。
[ 2008/11/15 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その3 




20081111002.jpg


注さんが原作読んだときに、かなり熱くなったシーンのひとつ。東城の告白シーンである。



「中学3年のときから、ずっと・・・ずっと・・・。」  (意訳になってないな。。。)



なにげにタイトルも CHAPTER152.5 とか描かれてて

あくまでもジョークであることを強調するかのような演出である。





注さん。
いちごレビューのときに書きました。

ここで扉を開ける事があったら、東城の告白は実ったはずと。

目を合わせて告白していたら東城の告白は成功したはずと。



20081111003.jpg


「東城!」  




おいおい。簡単に開けてしまったぜよ。
[ 2008/11/12 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(2)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その2 

といっても全編を誰かがコミック化したわけではなく。

よくよく見れば原作の切り貼りやつぎはぎだらけで。

セリフだけはオリジナルになっている様子。


全編書くのもアレなんで、少しづつピックしていく。


冒頭。
真中はベッドの上で回想している。


20081111001.jpg


「東城が俺を? マジ?」  (かなり意訳した。)


本当ならこのコマの元絵はこことか。
色々考察加えるほうがいいのかもしれないんだけど。


その作業はここを見てくださる皆さんのほうが詳しいと思うので省きます。


では何故こういったセリフが真中の口から飛び出すのか。


それにはこんなストーリーがあった。



その3へ続く。
[ 2008/11/10 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)

世の中にはこんなもの創る人もいる。『Ichigo 100% Toujou Ending』その1 

とある海外サイトを巡っていた。

連載が終わって数年が経過しているというのに
『いちご100%』は海外でも受け入れられているようだ。

原作の表紙やカバー絵にそれぞれ着色される方もいて。
さらには一話丸々着色されていたり。
(もしかしたら海外版はそれがデフォなのかもしれないけど)


さらにそれらが壁紙としてお持ちかえり可のような状態になっていたり。(いいのかな?)


幅広くファンがいるのならこのブログもインターナショナルテイストを加える必要があるのかないのか。。。
(全文英語にしてやろうとか考えましたが、無駄な労力になりそう。。。)


そんななかで


Ichigo 100% Toujou Ending


という文字が目に入った瞬間。注さんの右手はあっという間にダブルクリックしていました。


Toujou Ending


なんという甘美な響きであろう。


アレから数年たった今。


注さんは再び いちごレビューを描く。


いまだに西とか東とかこだわっちゃう人はゴメンなさいね。
[ 2008/11/07 00:00 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。