FC2ブログ

『いちご100%』 レビュー開始宣言 

いよいよ最終話の足音が聞こえつつあります。「その日」「Xデー」は近いです。
この夏でいよいよ、最終話を迎えるのでしょう。
様々なホームページやブログなどでいろいろな形で紹介されている『いちご100%』ですが、
私はこの作品が好きです。

最初はパンツマンガだと思って軽視していた節がありますが、
ようやくシリアスな部分に入り毎週、私を楽しませてくれます。

私がこの物語と出会ったのは昨年の冬。
忘年会と称してしたたかに飲んだ日に酔いを覚ますために何気なく入った漫喫。
フリードリンクとタバコで酔いを覚ましながら何気なく手にとったのがジャンプでした。
学生時代に少し『I's』を読んだだけでそれ以来のご無沙汰でした。
なんか可愛い女の子を描いているなというのがきっかけで、棚を探して単行本をブースに持ち込んだのです。
が、いかんせん私は飲み過ぎていました。話が頭に入らず気がつけば寝てしまいました。

それから月日は流れ初夏。七夕と称してまたしても深酒を喰らった私は漫喫へ。
競馬の予想をするために新聞をとり、ドリンク片手にブースへと戻るところに、
あの日、酔いつぶれて未読だった作品を発見したのです。
以前延滞料金で痛い目にあった私は、あらかじめ泊まりに切り替えてゆっくりと読み進めました。
なんと16冊一気読み。 疲れました。酔いが抜けたころには明け方…。
その後ジャンプのバックナンバーを探してきてだいたい前後がつながったところで数時間寝させていただきました。

それからです。いちご100%をこっそり楽しむ自分と出会ったのは。
あちこちのネットやブログ・掲示板を見てテレビ放送されていたことを知り。
オリジナルアニメがあることを知り。
とうとう自分でブログ立ち上げる始末。

そもそもなんでこんなにイレこんだかというと
真中くんたち映研の活動を読みながら、自分たちの学生時代がフラッシュバックしたからです。
私は高校時代に『モノ』を作る部活に所属していました。
あいにく完成まではたどり着けなかったものの、何かを作る道程でのやりとり。
友人とのあの貴重で楽しい日々の時間群。 出会った先輩後輩そして女の子たち…。

その甘酸っぱい思い出が『3年目の嵐泉祭』とリアルタイムで甦り、
ますます目が放せなくなった本編を追いかけ始めたのです。
そして昔の自分達の姿を投影しながら。懐かしみながら。今日を迎えたのです。

そんな私はこの作品の現在進行形を追いかけるのではなく、
第一話から、もう一度おさらいという作業をしてみたくなりました。
結構長い作業になりそうですが、時間をかけてやってみたいと思います。
こういったジャンルのマンガでは久々に、私の胸の中を甘酸っぱく、そして苦いものが駆け抜けていきました…。
その私の体験を、皆さんにも伝えてあげたいと思いここにレビュー開始を宣言いたします。

(コミック買ったほうが早いという意見は置いといて…。)
この夜私は、遥か長く時間のかかりそうな道程にむかって、ひとり踏み出すのである。

【註・この記事は2005年7月17日の記事と2005年8月2日の記事をひとつに修正・補稿したものである】
スポンサーサイト



[ 2005/07/17 01:19 ] いちご100% | TB(1) | CM(5)
はじめまして!
自分もいちご100%の大ファンです。
自分も最初はパンツマンガでやばいとみんなが言うのですがテレビで見たとき「こんなに悲しい場面もあるのか!」と思いどんどんいちご100%にお金をつぎ込みました。
だけどDVDのとれたて編買いたいけど予算が・・・と自分もこんな感じです。
[ 2006/03/21 01:14 ] [ 編集 ]
こちらはアニメ版のファンの方なのでしょうか?
私もアニメは見ました。
…けど、あの作画技術は破綻してます。
ストーリーを忠実に追っているのはいいのですがアニメの生命線は絵なのに…。

といってもちゃんとアニメ全巻揃えております。
友人からいただいたものなんですけどね。
[ 2006/03/21 09:08 ] [ 編集 ]
いやーアニメもマンガもファンです!
あー自分は最初はマンガ全巻そろえてそれからDVD買ったのですが最初びっくりしました。あまりにも東城が似てないことに!まー面白いから許したりもしちゃいます
[ 2006/03/23 00:46 ] [ 編集 ]
あのちょっとした色気シーンに流れる
ヘンな効果音なんとかなりませんかねぇ~。
頭から離れないのでなおさら困ります。

テレビ版のオープニング見たときは
このままの作画ならまぁなんとか耐えうるか
と期待してたんですがあっという間に破綻して泣きました。

そう。
あまりにも
哀しいほど東城が可愛くない!!
かろうじて声優さんに救われた感じだ。

だからアニメは別物としてみたほうがいいですね。
[ 2006/03/23 14:47 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/09/06 02:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://silentmind.blog16.fc2.com/tb.php/1-77ad5da0

ランキングにご協力くださいませ^^   『週刊少年ジャンプ』誌上に2002年12号から2005年35号まで連載されていた,河下水希作の学園お色気ラブコメディー漫画作品。Wikipediaより引用
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示