FC2ブログ

いちご100% 第8話 「早朝恋愛勉強会」 

t_008-01.jpg


のっけからバスタオル一枚の東城。朝からシャワーして登校です。
サービスカットありがとうございます。中学三年生でこんな・・・発育よすぎです。

真中が上機嫌で登校してくるとそこには、前髪を下ろして三つ網も解いた東城がいた。
「…あ おはよう真中くん」
一瞬言葉を失う真中。

t_008-02.jpg


女の子のちょっとした変身に気づくことのできる男性はモテます。髪型・アクセ・服装・化粧の使い方…等
作者が女性だけあって真中も気づくのですが、よくよく見ていないと気づかないほど鈍感な男性もいます。このマンガからこういうところまで読み取る私はちょっと変なのでしょう。
さて続きます。

昨日前髪下ろした時のみんなの評判が良かったから 少し髪を緩めたそうです。

「おっはよ~ えーっみんな早いんだねえ あたし一番に来たつもりだったのに」

「わあー今日も東城さん前髪下ろしてる。こっちのが絶対にかわいいかわいい」

仲良く三人が図書室に向かいドアを開けて見たものは。

「やあ 君たちも今から勉強 いやー奇遇だねぇ」
小宮山が西野を振り向かせる最後のチャンスと先回りしていた。

「まあ安心してよ俺が西野を小宮山から死守して見せるから!」
「なぁーんか 俺 最近大草のこと信用できねーんだよなぁ」
「大丈夫大丈夫! ほら みんな時間なくなるから勉強始めようぜ」

ここで西野がやっと大草に気づき 以前(携帯を抜き出すため)の嘘を責めます。

「ちょっとねー アンタが嘘ついたせいであたし超恥ずかしい目にあったんだからね!」
「ごめんごめん嘘ついたわけじゃないんだって あの時は本当に先生が西野を呼んでた気がしてさ」

「そうだ代わりに俺が勉強見るよ」
推薦ですでに泉坂に合格している大草。
西野と同じ机にグループを作る。

一方で東城・真中・小宮山とグループをつくる。
「小宮山も東城に聞いとけ~~ おまえが勉強してんの見たことねーけど泉坂目指してんだろ一応」
「あ ああ・・・」

t_008-03.jpg


「小宮山君のわからないところあたしが全部わかってるわけじゃないと思うけど できる限りの質問には答えるから・・・ね」

なぜか頬を赤くする小宮山。・・・東城の雰囲気が違う。
「髪形がちょっと違うだけだろ そんなくっつくんじゃねーよ」と真中。
そこに隣のテーブルから西野の笑い声。

大草と使っている文房具が同じということで盛り上がっていた。
「ねぇ なんかさあ 自分のセンスと同じ人に会えるのってすごく嬉しくない?」
孤独を感じる真中。東城が勉強しようと促すが上の空。
孤独を感じる東城。それを大草がチラリと確認。

「でもあれだよね 西野ってホントもてるよな」
「は!?」
「やっぱさぁ いつでも誰かから告られるの待ってんの?」
「何それ 何言ってんの!?」
「例えば西野に好きな男子がいたら そいつが告白してくるまでずっと待つタイプだろ 当たり?」

t_008-04.jpg


「・・・まさかぁー あたし本当は好きな人には自分からガンガン告っちゃうタイプだもん」

つかさは自分から行動するタイプである。という説明で捕らえておきます。つかさの恋愛に対するスタンスはこういう感じとしておきましょう。

真中そのやりとりを聞いてペンケースを落っことす。
拾い上げてた目の先には小宮山のギャグに楽しそうに笑っている東城を見る。
孤独を感じる真中。

「やだ笑いすぎて涙出ちゃう あ ごめんなさい消しゴムが・・・」
東城の胸が小宮山に触れる・・・
『むにゅっ』 
小宮山には刺激が強すぎたか 意識が飛んで鼻血が・・・
追い打ちをかけるように胸の谷間・・・

こんなに大きいわけないだろ中学生が!
私が親ならこんな無防備な綾を叱るね。

保健室に運び込まれ鼻血を噴き出しながらも興奮冷めやらぬ小宮山。
「いいっ 東城綾ちゃん すわいこーにいいっ」
「ふわふわだった・・・」
当初の小宮山のイメージが崩れていきます。もっと硬派だった気がしたんだけどいつ間にかバカキャラ扱いです。

教室に向かう真中・大草
「小宮山も大変だよな 絶対振り向いてくれない相手ばっか好きになって」
「なんで? 東城は絶対に振り向かないとは言いきれないじゃん 彼氏もいねーし」
「彼氏はいないかもしれないけど他に好きな人がいちゃ望みは薄いだろ?」
「えっ? 好きな人!? 東城って好きなヤツいたんだ」
「・・・何言ってんのオマエ どこからどう見たって東城はオマエのこと好きだろ」

確かに今この段階では真中が気がつかないのは仕方ありません。
東城の心理描写のみで読者が判断することですから。
しかし大草の発言により、真中も東城の行動が気になっていくはずです。多分。ただの友達が恋愛対象となる瞬間をこの先上手く描いていくはずです。
一話一話レビューし先の展開をみないで(意図的に忘れて)書くのは結構大変だ。
とにかくこれで第一巻終了。








この記事の原作はこちらまで




スポンサーサイト



[ 2005/07/28 11:48 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示