FC2ブログ

いちご100% 第113話 「DISTANT VOICES」 

青天の霹靂。
突如浮上した縁談話。
店長の大胆かつ現実的な発言は
西野の心をおおいに戸惑わせる。

t_113-01.jpg
「…あたしが日暮さんと結婚…って」

西野つかさ。
高校3年生。
将来の夢もある。

まだこの縁談話は、あくまで店長の願望であり、日暮はまだ承知していない。

ただ、日暮と西野なら目指すものも同じ。
ならばそーゆー関係として…という年寄りの気遣いの域である。

ふたりで菓子職人としての歓びを分かち合えること。
また海外で修行したい西野としては、修行するあてが日暮にはある。
日暮の名を出すことで、一流の職人に弟子入り修行できる。

そして一人前の職人になり、日本に帰ってきたら、日暮と結婚し店を継いでほしい。

それが店長の夢。



西野さえその気ならこんなにいい話はない。

t_113-02.jpg
「あたしにとって日暮さんは神様くらいの存在で…。
 け…結婚なんて想像もつかないってゆーか…」


だが、高校3年生の段階で結婚という単語は重すぎである。

あくまでこれは店長の希望である。
「アタシの考えている事を胸に留めておいて欲しかっただけじゃよ
 結婚に大切なのは互いの気持ちだってこともわかっとるし」



そして話は塾へと切り替わる。
真中は塾をサボって西野と話をしに行っているため休み。
東城も休んでいるというところから
舞は東城に関する持論を述べようとするが

「…あたし朝から出席してるよ」

t_113-03.jpg
「なっ。なんだいたんだ東城さ…」




…? 
なぜ凍りついたんだ舞ちゃん?







t_113-04.jpg






と・と・と東城のお・お・お・おさげ姿

キタ――――――――ッ!!




…第113話のレビューはここで終了いたします。































…レビュー再開…


こずえがひっくり返り
クールな舞が取り乱すほどの別人ぶり。
「とっ。東城さん!?
 なによそのダサイ眼鏡にダサイ髪型…」

「そんなに変かなあー。あたし小学校も中学校もこの格好だったんだけど」
「きゅ…9年間もそんなカッコで過ごしてたの…」


この格好の理由は、年に一回おきる髪の毛の爆発。
ハネた毛を修正しようとして、こんな格好になったいうことである。


舞にしろ、こずえにしろ女の子がこの東城を見抜けなかったという。
ならば男である天地が見破ったら天地の愛は本物だねーっ。と茶化す。



t_113-05.jpg
廊下で転んでしまったメガネ東城を抱き上げる天地。
「ケガはありませんか? 綾さん」


t_113-06.jpg
「え…」
不敵に笑う天地。
小細工なんか通用する男ではないのだ。


t_113-07.jpg

「僕こーゆー清純女学生風なスタイル大賛成ですよ」

…いまの、注さんなら天地と同じくらいの笑顔で
彼と握手ができるだろう。


「…お。下ろしてください…」

t_113-08.jpg
かろうじて、それだけは言えたものの
もう穏やかでなんかいられなかった。

真中よりも数段上を行く男。「天地」
愛は本物…。


東城は塾の屋上へと駆け上がる。
そして夕焼けに染まる町を見ながら真中にSOSを送り続けていた。




t_113-09.jpg
その頃さつきは入浴中。

真中との今後に決着をつけるべく勇気を固めていた。
「今から電話して、デートの約束して…。
 来週…来週には答えが出て…」


t_113-10.jpg
「どーゆー結果になっても。あたしは真中のそばにいられれば…」


t_113-11.jpg
そして勇気を振り絞って電話をかけるさつき。
「会いたいの!! いつでもいいから休みの日…来週の土曜とか!
 だ、大事な話があるの!!」
「? 大事な話って…。来週じゃなくて明日でもいいんじゃね-の?
 明日、日曜日じゃん」


その頃キャッチホンには西野からの電話。
ただ真中の声が聞きたかった西野だが、電話はつながらなかった。


t_113-12.jpg
三者三様の複雑な気持ちを抱えたまま、物語はさらに加速していく…。


日曜日。
さつきとの待ち合わせに駆けつけた真中は
さつきの姿に違和感を感じた。

t_113-13.jpg


あれ? いつもと雰囲気違う…


t_113-14.jpg

ただ、そのとき俺は数時間後にさつきとの関係が大きく揺らぐ事を知るよしもなかった。









この記事の原作はこちらまで

スポンサーサイト



[ 2006/01/31 00:49 ] いちご100% | TB(0) | CM(3)
いつもご覧いただきありがとうございます。

書き溜めたストックこそありますが私用のためしばらく更新が滞ります。

と言っても来週の月曜までにはチマチマと更新していく次第です。

ここに来て仕事がいそがしくなるなんて…。
[ 2006/01/31 00:54 ] [ 編集 ]
いつもごくろうさまです。いよいよ佳境にはいるところですね。
もうこの段階で唯ちゃんはかやの外なんですよね。
[ 2006/01/31 21:52 ] [ 編集 ]
去年7月からのいちごバレもいよいよ佳境に入ってまいりました。
俗に言う『神展開』を何話からと定義するか?
注さん的には3年目の夏合宿クライマックス第135話『SCENE122』からと考えています。


なにしろあのクライマックスがあって初めて物語が動き出すのです。
そこまでの道程あと20話ほど。
3月末までにはこのマラソンを完走したいですね…。
[ 2006/02/01 01:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示