FC2ブログ

いちご100% 第139話 「EAT!」 

長い…けど一瞬だったとも感じられた夏休みも終わり
これから怒涛の二学期の始まりです。


そして誰が作ったのか謎の張り紙にみんなが心を奪われている。

t_139-001.jpg
『ラブ・サンクチュアリ』
カップル限定アトラクション。嵐泉祭まであと61日。


さすがにどーいったイベントかわからないものの
思春期の学生達を熱くさせる何かがあったようです。


t_139-002.jpg
ひさびさ登場の大草も、真中を煽ったりしています。
「真中の場合。どの女の子と参加するかで悩むべきなんじゃねーの? 
ん?」

「モテない野郎は参加もできねーってことだろ? 小宮山あたり怒り狂いそう」


t_139-003.jpg
しかしそんな大草も小宮山・ちなみペアを見て愕然。
「あ…ありえない。あの小宮山が…ありえない…」


そんな張り紙に静かに闘志を燃やす者ひとり。

t_139-004.jpg
『聞いたわよ。恋人たちのアトラクション…!
 文化祭に向けて。北大路さつき。今日から一気に仕掛けます!!』


t_139-005.jpg
さっそくこんな感じ。
「せっかく合宿で戦線復帰したんだから手加減なしでいくつもりだからねっ!」


そのころ東城も美鈴も、真中の学力低下を気にしていた。

t_139-006.jpg

t_139-007.jpg
真中と東城は同じ大学に行って、
映画を作る夢を追うはずなのではなかったのだろうか?

にもかかわらず、真中はそんな二人の気持ちを汲むこともできず

『東城にも理由は話してないけど。
 この映画をどうしても自分で完成させたいのは。
 これが、初めて東城の姿を収めた映像だからかな』

と自分の未来などすでに忘れてしまったかのように映画に取り組みはじめていく。



部室に残ったのは真中とさつき。
映画の編集作業に取り掛かるもののすぐに脱線する

t_139-008.jpg
「夏休みお笑いスペシャルのビデオ!! 
 合宿の時に放送したヤツ録画してあったんだ。真中に貸してあげるよ」
「嘘! マジで俺諦めてたんだ~~。 
 せっかくだから今ここで観てもいいか? さつきも一緒に見よーぜ!」


あいにくDVDしかない部室。備品の山の中からビデオデッキを探す真中。
見ながら食べるべく購買へパンを買いに走るさつき。


備品の山はガラクタの山なのでデッキを探しながらも、
去年西野の使った衣装とか掘り出したり。
懐かしさに思わずほお擦りしてしまう真中。

t_139-009.jpg
「そっか。文化祭の例のカップル限定イベント。西野って手もアリなのか…」
そんな楽しいことを考えている真中の背中から、
山積みされたダンボール。備品の塔が倒れ掛かってきた…。


t_139-010.jpg
備品に埋もれた真中を発見したさつき。

真中を助け出すために、人を呼ぼうとしたさつきだったが
ふと、何かを思いつき立ち止まる。


「真中…。
 あたしどうしてもあのイベントの真中のパートナーに選ばれたい
 あたしとならきっと最強のカップルになれるよ。二人で泉坂一のカップル目指そ」

そして実に自然に、入り口のドアに鍵をかける

「大胆行動はさけて、じわじわと真中を攻略してくつもりだったけど
 でも目の前にこんなチャンス転がってきたなら…作戦変更!
 公認のカップルになる前に、それなりの関係築いておくことにするわ」


t_139-011.jpg
「今から真中を食べちゃおうと思って」


t_139-012.jpg

「さらに左手の自由も奪っちゃえば…真中は完全に無抵抗…」





次回。画像多数は必至!









この記事の原作はこちらまで


スポンサーサイト



[ 2006/03/24 00:43 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示