FC2ブログ

アニメ版 いちご100% 第04話 「幻の美少女ふたたび!」 

話はあっという間にすぎて泉坂高校入学試験の日。

真中母は朝からトンカツという気合の入れようである。

原作ではこのあたり 
だがふたりの再会は教室のみに限定される。


その受験会場において真中の後ろの席は空席になっていた。
ここに来るのは真中と同じクラスの人らしいのだが。
泉坂を受けるのは真中と小宮山だけのはず。

いったい誰が…。



t_t_itigo-anime04-001.jpg
「すいません。遅れました。
 受験番号173番。東城綾です。」


そう。その娘はメガネもおさげもしていないありのままの東城。


t_t_itigo-anime04-002.jpg
『あれはいちごパンツの女の子…』
受験の最中にもかかわらず、はげしく動揺する真中。



原作ではこのあたり 


ここからは注さんのきまぐれでピックアップ。

真中の妄想がこころゆくまで炸裂する。

t_t_itigo-anime04-003.jpg
地味だけどかわいい。

そもそも地味で何が悪い。


t_t_itigo-anime04-004.jpg
いちごパンツのイメージはメガネ無し東城。

いいえ。メガネありでも全然問題ないですよ。


t_t_itigo-anime04-005.jpg
そして男の欲望が炸裂する。


原作でもこのコマがいちばん笑った。



試験の出来に自信をなくした真中は、東城にわびる。


「東城ごめん。せっかくこの高校を受験してくれたのに
 おれ。ここ受かりそうも無いよ」


「真中くん。合格してるといいね。そしたら一緒に映画作ろうね。」


t_t_itigo-anime04-006.jpg
それだけ言い残し溢れる涙をぬぐうことなく教室を走り去っていく東城。


そのセリフもその涙も、その一部始終を見ていた西野を混乱させるには十分であった。


そうなんだ。
メガネとかパンツとかそんなものもう全然関係なくて、
俺、真中淳平は東城綾で頭も胸もいっぱいなんです。




西野を前にしてそーゆーこと考えてはいけない。






いちご100% strawberry 1 いちご100% strawberry 1
中原清隆 (2006/03/23)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


↑こちらは1~4話まで収録


いちご100% スペシャル もぎたて編 いちご100% スペシャル もぎたて編
中原清隆 (2005/12/14)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


↑こちらは1話~12話まで収録
スポンサーサイト



[ 2006/08/19 09:23 ] いちご100% | TB(0) | CM(1)
はじめましてーー!!遊びにきましたあ!

また見にきますね(o^_^o)
よかったらまぃのとこにも見にきてください☆

あと相互リンクも募集中ですのでよかったらしませんか?!

↓まぃのブログ↓
http://blog.livedoor.jp/miyu3250/
[ 2006/10/03 16:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示