FC2ブログ

いちご100% 第019話 「運命のクランク・イン!?」 

高校に合格し約束であったビデオカメラを購入してもらった真中。
基本操作を頭に叩き込み 初作品の映像作品を作るべく東城に電話をする。

しかし電話に出たのは『野太い声の男』 弟の正太郎だった。
コワイ感じの男の声に電話かける勇気を無くした真中は近所をブラブラしながら何かを撮ることにした。
(西野はいとこと沖縄に行っているらしい)

河原の土手にて 女の子と犬が戯れているのを見かけ撮影を始める。
しかしその女の子は合格発表の日に真中に空き缶を蹴り飛ばした『いつかのカン蹴り女』であった。

この後再び篠原夫人とか出てきて話が脱線しますが
真中のカメラに飛びつく女の子。

「ねえそれよりいいモノ持ってんじゃん さっきこれであたし撮ってたでしょ?」
「ああ うんこれね」「あ 映像でたでたホントかわいいよなー」

「はあ!?」
自分に向かって可愛いといわれたものと勘違いする女の子

t_019-01.jpg


『なっ 何コイツ普通こんなにヒトのこと「かわいいかわいい」っ言う!?
今日で会うの2回目なのに何なのこの大胆さ! やだあたしも何ドキドキしてんのよーっ!!』

「ね… ねえあたしでよければいつでもモデルになってあげてもいいわよ?」

河原の上から降りて来る絵を取ろうとする真中
すっかり乗り気の女の子は
「勢いにまかせて胸に飛びこんでいってやろうかしら」
と笑顔で駆け降りた… しかしそれが悲劇の始まりだった…

t_019-02.jpg


この河原でよく遊んでいる子供達の作った罠に引っかかり足を滑らせた女の子は あられもないポーズをビテオに収められ完全に逆上。
怒り心頭のまま真中のビデオカメラを河に叩き込んだ・・・。

t_019-03.jpg


そして念願の泉坂高校入学の日を迎える

う~ん 綾のセーラー服… いいですねぇ

そこを疾風が如き駆け抜けていくのは『いつかのカン蹴り女』

t_019-04.jpg



そして女性達による運命のすれ違い。

真中はその勢いで電柱にぶつけられ気を失う。

「やっばぁ~ ごめんねぇ~ あたし急いでるから…じゃっ」

入学式早々何かが起こりそうです。








この記事の原作はこちらまで
スポンサーサイト



[ 2005/08/31 22:29 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示