FC2ブログ

こーゆーのを聴いてるっ! TM NETWORK 『BEYOND THE TIME メビウスの宇宙を越えて』 

ウチのファンであるシンさんからのコメントいただきまして
この歌詞がいちご終盤の綾の心境をつづっているいうことで紹介していただきました。


すでにコメントから飛んでいただいた方もいると思いますが再度ここでピックアップ


TM NETWORK 『BEYOND THE TIME メビウスの宇宙を越えて』 逆襲のシャアエンディング版

TM NETWORK 『BEYOND THE TIME メビウスの宇宙を越えて』 テレビ放送版

TM NETWORK 『BEYOND THE TIME メビウスの宇宙を越えて』 の歌詞



うーむ。
『逆襲のシャア』か懐かしいな・・・。
1988年の映画だから注さん小学生のときだよ。
コロニー落としという斬新な発想が当時のガンダムファンをどれだけ熱くしたか。
スーパーディフォルメガンダムワールド(通称ガン消し)に相当熱くなってた時期でしたよ。
もうおぼえてないんですけど、サザビーのプラモとか作ってたような気がしますね・・・。




さて昔話になってしまったが、この映画の主題歌に起用されたことで話題になった曲である。




大変申し訳ないですが、注さんTM NETWORKはあまりくわしくありません・・・。
この記事を書きながら改めてしっかり聞きました。


ゴメンナサイ。


注さんとしてもこの歌詞には、綾の切ない気持ちが表れているととらえられます。


最初に断っておかなければいけない点ですが

「注さんは東城のことを可愛いと思っていますが、
人間としてそれはなしだろうといった点は非難します」

というスタンスが表現されていませんが実は根底にはあります。
もっといえば河下先生のキャラに対しての掘り下げ方が
週刊誌だからいろいろイベントを起こさなければいけないからしょうがない
とはいえちょっと配慮が足りないんじゃないのと意見したい立場でもあります。


西だ東だと言うつもりはないのですが

事実東城の性格からしてその行動はおかしいだろうという点がちらほらありましたので・・・。


t_016-04.jpg

こーゆーのとか。




さて歌詞に入りますが
『サヨナラ言えなくて いつまでも抱きしめたかった』

『メビウスの輪から抜け出せなくて いくつもの罪繰り返す』

というところでどうしてもこのシーンを採り上げてしまう。


t_161-19.jpg



ここは東城派としては擁護や納得のシーンである。
事実ウチもそう書いた。

逆に西野派や女性の立場では
「なにやってんの? あきらめ悪いんじゃないの」
と言われてもしかたないシーンである。



でもそういった東城の心情が
やがて自ら別れを切り出すということで解決していったため最後は笑顔で真中と向き合える。


t_167-22.jpg




これでいいのだ。
この笑顔。
この晴れ晴れした笑顔だけでいい。
注さんにとっては。

実際東城ファンとしてはもっと彼女にとって最高のエンディングを期待したけれど
もうこればっかりは完結した作品なんで これで良しとしなければいけない。



ただこの歌詞ではまだ未練あるようで 
『ああ もう一度君に巡り合えるなら』 と唄ってしまっている。
だがそれはいちごには関係ない話である。


その発想は男女の性差の問題である。


どうやら男はあきらめが悪いのだ。
注さんもそのひとりである。


ってこれ歌詞書いたの女性か?  


よくわかってらっしゃる。(笑



次に来るであろう新連載は
どうか黒髪で清純な正ヒロインが結ばれるハッピーエンドとなることを・・・。


ってこれもあきらめが悪いな。
そもそもヒロイン像はもっと違う娘になる可能性が高いだろう。
東城のキャラは特別だ。






Beyond The Time~メビウスの宇宙を越えて~ Beyond The Time~メビウスの宇宙を越えて~
TM NETWORK (1988/03/05)
ERJ
この商品の詳細を見る



機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
北爪宏幸 (2001/03/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る





注さんは東城のキャラが大好きです。
たぶんいつまで経っても。

あきらめ悪いとわかっていても。
スポンサーサイト



[ 2007/02/12 05:00 ] 音楽紹介 | TB(0) | CM(7)
シンです。

たまたまこの曲を聴きながら入ってみたら「マジで!?」って感じでした。

まあ、綾に合う曲を考えていたら何故かコレが浮かんだ……
というより、これしか浮かばなかったのが現実ですが……(ガンヲタでスマソ

諦め悪いのは同じです。
俺の場合は二次小説という形で現れている分、ヤバいですが……(汗

ではこれで。
[ 2007/02/12 13:41 ] [ 編集 ]
すいません、ちゃんとコメントの返信ありましたね……
以上です。
[ 2007/02/12 14:42 ] [ 編集 ]
>俺の場合は二次小説という形で現れている

そうですか。二次小説書かれているんですか。
ぜひ読ませていただきたいですね。

もしよかったらシンさんのページを教えていただけませんか?
こっそり観に行こうと思います。

[ 2007/02/13 01:06 ] [ 編集 ]
>注さん
題名の通り、俺はサイトを持っていないんです。
ただ、↓のサイトに投稿しています。
http://negibouz.hp.infoseek.co.jp/
……もっとも、いちごの最終回後の小説は全然進んでいないので、メイン作品の「見えない明日・見える未来」の方を見てください。
(もう一つあるけどそれも進んでいないですし……)
誤字脱字がかなり多く、更新が滞っている作品ですが……とりあえずよろしくお願いします。(番外編も見ないと話が分からなくなるのが難点……)
ちなみに、この先の展開で東城の人間性が度々疑われます。

余談ですが、そのサイトでは「HEART」という作品がオススメです。泣けます。


『ああ もう一度君に巡り合えるなら』の件ですが、一度離れた真中と東城が、夢をかなえるためにもう一度巡り合う……
と、考えれば分からない事でも無いかと……(要するに、最終話ですね。

ではこれで。長文失礼。
[ 2007/02/13 05:07 ] [ 編集 ]
Beyond the Timeは私が大好きなTM NETWORKの作品なので当然好きな訳です、ハイ(*´∀`*)
あんまりいちごとの関連は考えられませんでしたが、シンさんらしいですね、ガンダムネタ好きなだけに。

私もこんな痛い事やってますが、
ttp://wing2.jp/~rdwhpco/writing/fukudai.txt
そうだなぁ、せっかくだし歌詞へリンクでもしよっかなー。
そこに載ってる161話に関しては、
「SCANDALOUS BLUE / access」が一番ハマってるかな?凄い名曲。
まぁ同性愛を歌っている曲だというのは内緒ですが…アッー。
そのシーンに関しては「文学的」と評した女性がいるのですが、なかなかに上手い表現というか着眼というか、そういう所に河下水希の本気を感じられたのは確かです。

SCANDALOUS BLUE
歌詞→http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND7673/index.html
PV→http://www.youtube.com/watch?v=LhaOgL9Amy8
[ 2007/02/14 09:08 ] [ 編集 ]
そうか。
二次小説とか
好きなアーティストの音楽を当てはめたりとか
いろいろないちごの楽しみ方があるのだな・・・。
と感心した注。
まだまだこの領域は奥が深いですね。

>シンさんへ
あまりにも長編だったゆえ熟読できなかったので
序章と終章だけ読みました。
後日熟読させていただきます。ゴメンナサイ。
ラストシーンの綾からの質問が最高です。
おもわず「うまい」と感嘆しました。

「HEART」という作品がオススメということでしたので
こちらも序章と終章だけ読みました。
ビビッた。マジ泣けました。
二次小説ってこんな楽しみ方があるのだな。
けど注さんには出来ない領域かも・・・。
こーゆーうまいストーリーが浮かばないのが注の欠点です。


>S.H.Rさま
TMの記事を書けばきっと喰いついてくると待ってました。(笑

「SCANDALOUS BLUE / access」
これPVのテーマがまんま同性愛っぽいじゃないですか。
歌詞だけなら切なさ炸裂ですね。
「それだけでいい 迷うほど 心は君を求めて」
このあたりの歌詞なんて161話にふさわしいですね。
[ 2007/02/14 22:33 ] [ 編集 ]
例によってシンです。

>あまりにも長編だったゆえ熟読できなかったので
>序章と終章だけ読みました。
別に構いませんよ。
実を言うと俺も最初に『HEART』を読んだ時は、「また定番の西野ENDかよ」と思って第1話からいきなり第17話に飛んだんですよね。(汗
で、第17話に飛ぶと「一体何が起こっているんだ!?」って感じになって、それから一気にハマってしまいました。

ちなみに、第二部はギャグだらけです。やりすぎです。
おまけに前のコメントに書いてある通り、第一部の方も番外編に書いてある32,5話と33,5話を見ないと、話の辻褄が合わなくなったりします……
もっとも、挙げていくとキリが無いですが……(汗

ではこれで……
[ 2007/02/15 05:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示