FC2ブログ

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第004話「揺れる水面」 

由紀は揺れていた。

t_004-001.jpg

ひだりの告白以来、調子が狂いっぱなしなのだ。

ひだりに対してどう接していいわからなくなる。


汗に濡れたひだりが
妙に艶っぽく見え始めて仕方ない

いままでの
まるで妹のような関係だったひだりが変わってしまいそうな恐怖。


t_004-002.jpg

だが、女の子の態度によって
その関係図が一目瞭然となる。


微妙な三角関係がすこしづつ変化していく。


水面は由紀の心のやわらかい部分に触れる。


t_004-003.jpg

「ひだりちゃん。私と池田が仲良いとか思ったのかな。そんなわけないじゃんね」


由紀は水面に対して特別な意識を持っている。
しかし水面の目から見てもひだりの想いはまっすぐに由紀をとらえている。



迷う由紀。



t_004-004.jpg

「あんまりふざけてると大声出すわよ」

俺が好きなのは・・・。

大切にしたいのは・・・。





t_004-005.jpg

黒川水面なのに・・・。




いやー。
このシーンカッコいい!

「だったらその口ふさぐよ」
そのセリフ言ってみたーい。




t_004-006.jpg

そして由紀のキスになにげに反応する水面。

このエロティックな描写も成年誌ならでは。

すげーキタ。
やっぱり委員長タイプの女の子が乱れちゃうのってすげーイイ!






翌日。
サッカーをしにきたひだりの髪を結いながら二人は互いの距離を確認しあう。

ひだりと由紀の距離。
それはひだりが小学校4年生のとき。胸がふくらみだした頃。

由紀の前で女の子らしさを出しちゃいけないって思ったひだり。
そんなひだりの裸を見て、スケベなことを考える自分が許せなかった由紀。


「ひだりを嫌いなんて思うわけないよ」


t_004-007.jpg

だが、瞬間手をつなげなかったことで二人の距離がまた開く。


t_003-007.jpg

この手はユキとしてつないだ手。
もしつなげば自分がユキであることがばれてしまう。


そうなると、ひだりの告白を聞いてどぎまぎしていることがわかってしまう。


そんな由紀の気持ちを知ってか、ひだりは告白する。


t_004-008.jpg

「紀くん。大好きだよ」


この痛々しい目元が注さんを切なくさせるーっ!





由紀はユキとなり
セルフポートレートにふけっていた。



ひだりを傷つけた。
水面に拒まれて
寂しくなり
その寂しさをひだりに優しくすることで埋めていた。



t_004-009.jpg

そんなことでは解決しないのに。

由紀はそんなひだりや水面の気持ちを自身にかぶせカメラに身を委ねる。









ゆびさきミルクティー 1 (1) ゆびさきミルクティー 1 (1)
宮野 ともちか (2003/07/29)
白泉社

この商品の詳細を見る




今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

スポンサーサイト



そろそろカテゴリだてをして、検索しやすくしたらいかがでしょう。
[ 2007/03/14 08:05 ] [ 編集 ]
コミック派の注さんなので
リアルタイムのことはよくわからないですが
なんかスゲー展開になっているみたいです。
風聞なんで明日確認したい。

登場人物が全員キテる。
この一風変わった ゴッタ煮恋愛(? ストーリー

当然最後まで応援します!
ついてこれない人はゴメンナサイ。
[ 2007/03/15 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示