FC2ブログ

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第007話「ミルクティーおかわり」 

由紀に訪れた突然の喉の痛み。

それは成長。

男性ホルモンの分泌。

背も伸び、肩幅も広がり、声も変わってしまえば・・・。

女装をやめなければいけない。




だから最近。女装も、撮影も全然乗らない・・・。




20070201112354.jpg

写真屋に飾ってある、由紀の初めての女装写真さえ人生の汚点として見えてくる。




ユキよりきれいな女の子を連れてきたら、その写真を替えてもいいと写真屋の主人と約束して由紀は水面にお願いする。





t_20070330-001.jpg

「俺の為にウェディングドレスを着てほしいんだ。黒川」
「はい?」


ひさびさの水面はもう、メガネっ娘ではなかった・・・。
ずるいよ。
表紙ではメガネっ娘なのに・・・。




t_20070330-002.jpg

「ひだりちゃん誘いなよ。わたしなんかよりもずっと可愛い」

水面に自信を持たせてあげたいと思う由紀。





t_20070330-003.jpg

一度水面のことを振った由紀であるが。


これをきっかけに
水面には自分がすごく魅力的な女の子であることを理解してもらいたい。


だから写真のモデルになってもらいたい。






ただ由紀の鬼畜ぶりは二巻になっても健在。


水面は可愛いな。
なんて言ってるそばから、ひだりのドレス姿も見たくなってしまったのである。



t_20070330-004.jpg

水面と一緒にひだりも撮影に誘う由紀。





そして日曜日。
撮影の日が来た。


t_20070330-005.jpg


ここの主人が何気に丸メガネかけてて
眼の表情が見えないところにすごくいやらしさを感じてしまうのは
きっと注さんがビョーキなんだろう。




t_20070330-006.jpg

そんなドレスアップされたふたりを見ながら


由紀は再び問題発言をする。


「いい子じゃない二人とも。 
 で。結局どっちが本命なの?」


「・・・内緒」


鬼畜っぷりキタ――――!!
こっから先も嵐の予感。





その夜。
ふたりのドレス姿を見て由紀は再びユキに変身しようとしたが


t_20070330-007.jpg

乗らなかった。。。


『まるで冷めたあとの恋』



ゆびさきに出てくる心理描写はひとつも見逃せなくなります・・・。









ゆびさきミルクティー 2 (2) ゆびさきミルクティー 2 (2)
宮野 ともちか (2004/01/29)
白泉社

この商品の詳細を見る











今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示