FC2ブログ

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第015話「大切なプレゼント」 

t_20070520-001.jpg

癇癪を起こして大泣きした雨の日
由紀の背中に乗り
水面の傘に入り

結局はほだされながら家路についたひだり。





由紀はユキとして街に出て現実逃避。

ナンパをされたことからふたたび自分が男であることに嫌悪感を抱く。

ウワベだけの作り笑いとか
下心ミエミエの腰の低い話し方とか

それは自分の嫌な部分をいっぺんに見せられたようになるから・・・。





ひだりにも水面にも、両方にいい顔したがっている自分。
そんな男である自分に絶望してしまうから


t_20070520-002.jpg

だから
ひだりに「好き」と言えない




そんな互いが互いを引き寄せあう。
それは由紀が初めて女装した小山写真館。




t_20070520-003.jpg

「ユキさんと話したい。だめ?」




うーん。
由紀=ユキをあえて忘れて
ユキに由紀の話をするのって
この微妙な人間関係ってなんかくすぐったい。


もうひだりはこの前の涙を清算していた。
紀くんが気を遣ってくれたんだ。と。




t_20070520-004.jpg

「『好き』って言われたこと無いっていうのが大きいんですよね」

ひだりは小さいときから『紀くんが好き』って言ってるのに
由紀の目にはひだりは『女』とは映ってはいないみたいと。

動揺する由紀。

この一言。
由紀の胸に刺さったかな?
刺さって欲しいんだけど水面ファンとしては
ちょっと複雑な心境。。。





そんなひだりにユキは伝える。



t_20070520-005.jpg

「『紀くん』はひだりちゃんだけの紀くんだよ」


ひだりは確かに女と映っていることを自覚したユキ。
でも、まだ時間が欲しい。
どんな形だとしても。。。


これが由紀の口から出てくるにはもうあと何回かかる?
そしてそのためにどれだけの涙が流されるのか?


水面の泣き顔は見たくないんだが・・・。







ゆびさきミルクティー 3 (3) ゆびさきミルクティー 3 (3)
宮野 ともちか (2004/06/29)
白泉社

この商品の詳細を見る





今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示