FC2ブログ

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第016話「思い出の浜辺」 

今回の話は
ひだり・由紀・未紀の過去を触れる。


今日は冬の浜辺へ未紀という保護者同伴のデート。



t_20070520-006.jpg

海岸線で犬と戯れるひだりを見ながら
由紀と未紀は思い出話にふける。



それは由紀の初恋のヒト。




t_20070520-007.jpg

そのヒトはひだりのお母さん。『左智』さん。


そんな左智さんに最近ちょっと似てきたひだり。




t_20070520-008.jpg

「あっだめだ」
左智さんの話になると未紀は涙もろくなる。


ひだりはお母さんを早くに亡くしていた。
それでも健気にいい子に育ってくれたひだり。
ひだりが幸せになってくれればいい。
それが未紀の望みでもあった。



由紀にとって左智さんとの思い出はこんなシーン。


一緒にお風呂入ってたら左智さんの胸に興奮してしまい
言われたこと。




t_20070520-009.jpg

「この、お・ま・せ・さ・ん」


ごめんニュアンス変えた・・・。


オチンチン固くしてこんな事言われたらどーよ?
どーよって突然読者の皆さんにフルのもどーよ?


こんな言葉で女の人カッコいいな
とか感じちゃう由紀もちょっと斜め上飛びすぎてる感じだけど?




t_20070520-010.jpg

「こーやって『おませさん』って言って、つんってやるんだつんって・・・」


ごめん。
つんってやるのはおでこでいいんだよな?



ヤベー。
注ヤベー。
完全にドン引きだ。

今回はもうこんな空気でいいです。
劇中と同じくらい書いてて寒くなってきましたよ。。。
未紀さんの目が痛いがここはもうひとつ。



さらにひだりが成長して左智さんくらいになったとき。

シチュエーションはやっぱり同じように
アレがナニして・・・。




t_20070520-011.jpg

「お・ま・せ・さん」



はっ、早くツンってしてくれっ!!




t_20070520-012.jpg

「亡くなった人に敬意をはらいなさいよ」


まったくです。
ごめんなさい。 









知らないうちに雄くさくなってきた由紀。
以前はこんな風に考えること自体が汚く思っていたのに


あの日ひだりにキスしたことで由紀の中の男が目を覚ましたのだろう。

きっとそのまま男心は加速していき
やがてユキが消えてしまうのだろう。


はるか昔。
女の子になりたいと言っていた由紀。
違う自分になれると自分にかけた女装という魔法。



そして由紀は立ち上がり未紀に言う。




t_20070520-013.jpg

「ひだりは俺が守っていくんだ。もう泣かせたりしない」







ゆびさきミルクティー 3 (3) ゆびさきミルクティー 3 (3)
宮野 ともちか (2004/06/29)
白泉社

この商品の詳細を見る








今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示