FC2ブログ

宮野ともちか『ゆびさきミルクティー』  第028話「涙のメッセージカード」 

茅に対してユキがなにを言い出すのかとハラハラさせられたが
茅の思いを潰さない言葉だったことに安堵。


t_20070822-01.jpg

「好きって言ったら?」


だけど
マネージャーがそんなこと言えない。
一人の選手だけ特別扱いできない。

どうやら茅は果てしなくいい子だった。


t_20070822-02.jpg

「好きだから邪魔になりたくない」


しかし、ユキの交渉能力は折り紙つき。

『好きに平等なんて無い』

『君が亘を支えてあげて』

こんな殺し文句決められたら、経験値低い茅はイチコロ。


t_20070822-03.jpg

涙ながらに決意する。



ユキ・・・。
亘は君しか見ていないんだぞ。
これはある意味茅を不幸にしかねない。

大丈夫か? この展開?




そしてユキは水面と下校。
ファストフードで寄り道して水面は由紀への気持ちを確認する。


t_20070822-04.jpg

「わたしを受け止めてくれて嬉しかったの」


水面としてはいつまでも 『男は汚い』という愚痴を聞きたくなかった。

汚くてもいい。
そんな由紀の事を好きだから。。。



t_20070822-05.jpg

そして路上キス。
目撃してしまう茅。


なんていうか。
こーいった行動がこの物語ではフツーにおこなわれていますが
現実どーなんでしょー?

あるの? こーゆーの?



t_20070822-06.jpg

わざと唇へのキスをはずさせた水面からの一撃。



あああああ。
このシーン。注さん見たことある!

高校生のときだ!
(ゴメン。フツーにヤってた!)


というわけで注さんもカミングアウトしてしまうとこーゆーことが平気で書ける。




今まで信じられない話だがユキも茅もまだ名前さえ知らない仲だった。


t_20070822-07.jpg

この出会いが茅の人生の歯車を狂わすのではないか?




春の大会。
亘は2年生であるにもかかわらずレギュラーを勝ち取った。
ポジションはセンターハーフ。司令塔である。


そんな亘にプレゼントをしたらと茅に持ちかける。


「できませんよ」と足踏みするが

しかし、ユキの交渉能力は折り紙つき。

『ためらってたら君がレギュラー落ちするよ』

また殺し文句。経験値低い茅はイチコロ。




茅のために付き合うユキ。
プレゼントはレガース(脛当て)。 

練習でも試合でもケガは怖い。
せっかくレギュラーになれたのにケガでフイにはして欲しくない。


t_20070822-08.jpg

そんな気持ちの込められたプレゼントだった。





t_20070822-09.jpg

だが。
残念ながらそれが茅からのものとはわたるには気がつかなかった。

感激の涙を流しつつ
亘は自分に都合のいい勘違いをしてしまったのだ。



・゚・(つД`)・゚・
茅。なんで名前書かなかったんだよ!?








ゆびさきミルクティー 4 (4) ゆびさきミルクティー 4 (4)
宮野 ともちか (2005/02/28)
白泉社

この商品の詳細を見る








今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示