FC2ブログ

河下水希 『初恋限定。』 第11話「雪が降り出すその前に」感想。 

ようやく登場する全ての女の子にまつわるエピソードが終わり
いよいよストーリーが動き出しそうな第11回目。

最初にターンがまわってきたのは「慧ちゃん」
といっても慧ちゃんと言うほど注さんには強い愛着がない。

ファンの方には申し訳ない。

このふたりの恋愛よりも
楠田が再び男気を魅せてくれるのかが楽しみである。

また慧の気持ちの揺らぎっぷりがどうなっていくのかが興味ある。



まずは扉絵。
t_20071220001.jpg

人物相関図である。

非常にわかりやすい図式である。


ただ悲しいかなこの図には夕ちゃんに惚れた上村くんがいない。(つд`)


あいつモブキャラだったのかよー!






前回。
ちーちゃんと一緒に帰ったものの手を握るどころか
「また明日」などとズッコケをかましてくれた曽我部。


今回はかなり大胆な展開に出る様子だ。


t_20071220002jpg

「今年のイブは千倉さんとともに過ごしたいと思っている」


曽我部の計画はこうだ。
きっと千倉は家族か友人とでクリスマスを過ごしているだろうから
僕らもそこに参加できれば一緒にクリスマスを過ごせるだろう。

そして計画はそれだけでは終わらない。


t_20071220003.jpg

スペシャルゲストとして学級委員の財津クンである。


あゆみの気持ちを曽我部が知ってるわけではない。
クラスのイケメン交えれば女性陣のガードがゆるむと踏んだのだろう。

そしてその作戦は功を奏す。

財津クンと聞いてあゆみが即答である。


t_20071220004.jpg

互いの思惑を知らないままハイタッチ。

しかしながら
別所は兄と過ごすため不参加。
土橋はまだ未定だが(寺井と過ごすかも)不参加。

ウームこのふたりのクリスマスナイトの展開も見たいなぁ・・・。




その夜。
慧は湯上がりバスタオル姿でベッドの上で悩む。

楠田へのプレゼント。
いつのまにか楠田にあげるという前提で妄想がふくらむ。


t_20071220005.jpg

「いやいやそんな展開さすがにないでしょ・・・」


女の子が妄想に身悶えるシーンで
逆に男性陣が興奮する絵をかけるのが河下先生の魅力なのです。





t_20071220006.jpg

この乱れっぷり。
中学生にしとくの勿体無いです!





このあと慧がプレゼント探しに行って楠田と鉢合わせて
心にも無い事言ってしまうシーンがあるのですが



そこの描写は他所に任せて



注さんはここをピックアップ



t_20071220007.jpg

女の子は別段物を買わなくても
その売り物から様々なインスピレーションをうけストーリーを作り出せる。

気になる異性を使ってこんな愉快なイメージが浮かぶならきっとその彼は本命。



t_20071220008.jpg

でもさすがにそんな彼に女の子扱いされないのなら
余計なひとことが感情に乗って口をつく。




t_20071220009.jpg

賛否両論あるだろうが
この笑顔でこれだけ言った慧はちょいオニだ。
こんだけやられて傷付かない奴いるか?









今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。
スポンサーサイト



[ 2007/12/25 00:01 ] 初恋限定。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示