FC2ブログ

実はみんな緊張してる?えっ。注さんだけ?「こーゆーのオフ会」レポート後編。 

新宿での待ち合わせ。

実はこの部分を前日まで決め忘れてました。

食事する場所とかその後の場所とかは張り切って決めたくせに
「何時にどのあたりで待ち合わせね。」
という一番大事なところがごっそり抜けていて
前日にシーカーくんや優さんからツッコミ入れられてしまいました。

食事する場所は東口からちょっと行った所。

だけどシーカーくんの向かう先は西口。
「私のバス発着場の確認したいので」ということで事前の下見。
そう。シーカーくんこの旅行。日帰りなのだ。

考えても見れば大変な強行軍ですよ。
昨日深夜の夜行バスに乗り東京に早朝から放り出され。
また深夜発の夜行バスに揺られて地元に帰る。

並々ならぬ意気込みであられたのは想像に難くない。

さすがに時間もおしていて、バス発着の現場までは行けず。
とりあえずコッチの方向とまで確認して合流先の東口に戻ろうとしたものの。

新宿駅の構造まではさすがに勉強していない。
改札口を西口に出たものの東口に戻れない。
西口から東口への連絡通路が見つからない。

なんだ? この展開。
女性陣との合流に遅刻か?

なんとかしようともがけばもがくほどアリ地獄。
地下道から線路をくぐりスタジオアルタ前に浮上。

約束の東口改札に向かうがすでに空模様は小雨混じり。
ふたり思わず小走りになってしまいます。

東口歌舞伎町方面の出口。
ここでMihoさんからメールが届く。
「歌舞伎町方面の階段を正面にしたところにいます。」
黒のコート着ています。という内容だったんですが全然探せない。

階段を正面・・・?
ということは階段の下にいるの?

新宿駅の構造を知らないからもう降参。
探しっこするよりも電話しちゃいました。

ほどなくして
先のメールでの黒のコートとカーキのコートを着た女の子ふたりが遠慮がちに近づいてきました。

Mihoさんと、優さんの登場ですが。


offpic7.jpg

会うなり「どっちがどっちか分かりますか?」とご質問です。。。

注さんかなり迷った。
普通こういう質問は言い出しっぺが本人である可能性が高い。
言い出したのは黒のコートの女の子。ということはこちらの娘がMihoさん?


で。
ごめんなさい。素で間違えました。ホントごめんなさい。
間違えた理由は後述。


左の女の子。
優さんはカーキ色コートの「市井 紗耶香」似のボーイッシュな女の子。

右の女の子。
Mihoさんは黒色コートの「ゆる系内巻き髪」の似合うお嬢さま系の女の子。

やべえ。
素でどっちも好みだ・・・。
思わずテンション上がるのを自覚する。

合コンじゃないっての!
って生まれてこのかた合コンなんてしたことありませんが・・・。



t_20071123007.jpg

ということで、さすがに会うなり口に入れることはやめました。


だから飴ちゃんはお近づきのしるしに手渡し。


裏話ですが、シーカーくんは包みむいて口に入れようと提案していました。
注さんがちょっとチキン入ってたんでできませんでした。

でも優さんたらネタのためだったらOKよって。

なんだよだったら言ってくれれば。。。
このリベンジはまた次のときにとっておきましょう。。。



さすがにこちらおふたりもマンガ読み込んでいらっしゃいます。
すぐに意図を理解してくださり、笑っていただけました。

軽く緊張が解けたかな?
まず、第一印象として「つかめ」たでしょうか?








でもそんなふたりも新宿に到着するなりこんなエピソードが会ったようで楽しい。

offpic6.jpg

人ごみと都会が苦手ということで、Mihoさん見つけて安堵する優さん。




さて予約していた店は歌舞伎町のとあるビル。
まさか風俗店もこの並びにあるとはね、うーん。
事前に周りの環境までわかんないもんだよな。

開店早々の予約だったため
店員さんがまかない食べてる時間に飛び込んでしまい、しばし店の前で待機。

ここで軽く談笑。
シーカーくんはフェスでの買い物品を配布中。

「注さんってオジサンっていうよりお兄さんですよね」とMihoさん。
昔から老け顔だったからこーゆーお褒めの言葉は照れくさいのだ。

・・・って
このくだりはお父さんというよりお兄さんというアレか。
まぁたしかに年齢がそんな極端に離れているわけじゃないからね。。。

ここでシーカーくんは優さんとサイトの話をしている。
聞けば優さんのだんなさんはとある大手のサイトを運営しているらしい。


・・・。
ここでさっき迷った理由を記す。
注さんの独自の調査では優さんには34歳の旦那さんがいるという。
ということは奥様である優さんは旦那さんと年齢が近いのかな?
ということは注さんとも近いのだろう。

・・・。
だが違うのだ。
そもそもこの先入観が判断を大きく曇らせた理由。
世の中には『歳の差夫婦』が存在することを頭から排除してしまうほどだ。


だから優さんホントごめん。


だから会った瞬間に迷ったのだ。
「ふたりとも全然注さんより若いんですけど?」

ああ。
コリャ俺の人生経験がまだ足りないや。



さて。店内に案内され軽く呑みましょうかと提案する注さん。
なにぶん午後のレースで儲けているから全然、懐は余裕。

ふたりともお酒苦手というのは事前に知っていましたが。
打ち解けるためのアイテムということで一杯だけお付き合いしていただきました。


メインの料理はシーカーくん希望の牡蠣鍋。
聞けば河下先生の好物だからということです。
よくこんな雑学を知っています。
河下先生をよく調べています。本当に好きなんだなと感心しました。


本当は個室にてと考えていたのですが開店早々の為ほぼ貸し切り状態。
おかげで邪魔者なくおしゃべりを楽しみました。




注さんのお嫁さんと娘の話とか。
いちご100%との出会いとか。
最初、パンツマンガ・ちょっとエッチなマンガと軽視していたとか。
有原が岬姉さんをおとす瞬間の話題の意味不明さとか。
東城派としてあの物語の筋はいかがなものかとか。
なんだかんだ、みんな東城派なんだなとか。
やっぱりみんな河下先生が好きなんだなとか。
自身のブログで眠らせたままの記事があるとか。
気に入らない絵だと勿体無いと思わずに消してしまうとか。

言わなくてもいいのに
「優さんが実年齢よりもっと年上だと思っていた」と発言した注さんとか。


これは改めてごめん。


そもそもなんで「注さん」というハンドルネームなのかとか。
(あとで後述。知ってる人は知っているがそれは大抵30代以上と推測。)


店員が飲み物のラストオーダー取りに来るまでの間の2時間。
かなりいっぱい話せたと思いましたが、まだまだ話し足りない。


2次会の舞台はカラオケボックス。
邪魔されずにお話できるところ。また個室というところ。
話題尽きたら歌って盛り上がろうということで、ここから3時間の部屋キープ。

カラオケ前にプレゼント交換。
ここも事前に説明が足りずに失敗。
本を3冊持ってきてもらい1冊づつ交換し合いましょうと考えていたんですが
3冊セットで交換しましょうと思っていたシーカーくん。勘違いさせてごめん。

シーカーくんが持ってきたのは
PEACH-PITの作品「DearS」「ZOMBIE-LOAN」「しゅごキャラ!」のそれぞれ1巻


t_2007off009.jpg

注さんもらったモノは「DearS」。
さらにシーカーくんの地元のお土産つき。

このマンガはすごい。
女の子の顔と身体のバランスが宇宙人的。
・・・ってこれ宇宙人の話だったのか

これってきっと今度レビュー書けよって言う布石だよね?



対して注さんが持っていったのは

2007off006.jpg

『永野護/The Five Star Stories』
これをMihoさんへ
月刊New Typeで今でも連載している超大作。
足掛け20年たってもまだ全然終わりそうに無い。
注さん12歳のときにこれに出会い、いまだそろえている貴重なコミック。
第一巻の初版時、Mihoさんはまだ赤ちゃんだったはず・・・。


2007off007.jpg

『田中芳樹/銀河英雄伝説 黎明編』
これを優さんへ
注さんが15歳のとき。
オタクへの芽生えの時期。クラスの片隅でじっとこれ読んでました。
OVAもレンタルしていて全部で本編130話くらい。
外伝40話くらいと言う超大河小説。原作は10巻完結。外伝4巻。
たぶん。これはアニメを先に見ると情景がすぐに理解できると思う。
原作先だと難解な言葉と聞きなれない堅苦しい単語に戸惑うかも。



2007off008.jpg

『田中ユタカ/愛人 第1巻』 画像は最終巻
これをシーカーくんへ。 

成年コミックの作者が「いのち」に対して真摯に向き合った逸品。
ただ女の子を可愛く描いているだけに留まらず
ものすごく引き込まれてしまうのは
きっと作者が命を削ってでもの作品に執着したから。その熱さを体感して欲しい。
ちなみにこの作品のラスト。注さんは身震いするほど興奮し寝付けなかった。



そして女性陣からいただいたもの。

t_2007off010.jpg

優さんより。
お手製のお菓子。スコーンと言うらしい。
全然知らなくて、疎くてごめんなさい。
ご家族でどうぞということで3個入り。
クリスマスにみんなでいただきますねと言って持って帰ったら早速嫁さんに食べられた。

「美味しい。でもこれ軽く温めたらもっと美味しいかも」とのこと。

ぶっちゃけ。
女の子からの手作りの品なんて、注さん31年を生きてきて数えるくらいしかありません。

t_2007off011.jpg

つづいてMihoさんより。
海外おみやげの金色の像。
タイにおいて象は、多くの人々にあがめられ、大切にされている動物。
なにより金色ということでご利益ありそうである。

そして
「もしリアルに綾がいたら私の後輩になるんですよ」
といいつつMihoさんの通う大学の名入りペン
いちご模様の袋でラッピングされていてなんとも粋な演出。
さすがにこういうところは女の子にかなうわけが無い。



この場にいる方々はサイトでイラストをやっていてあちこちで評価の高い方々である。
注さんとしてはリクエストをお願いいたしました。

そればウチのブログのプロフ画像。
あの半顔はいまから10数年前に友人から書いてもらった画像。
そろそろ違うのにしたいのだが自分絵がかけないのでいかがでしょう? というお願い。

ここで痛恨のミスをやらかした。
スケッチブックにイラストつきでサインください。
と、完全にミーハーになろうとしていたのに忘れてきた。


さすがはシーカーくん。
しっかり画材道具一式持ってきてました。。。

ここで恥ずかしながら、絵師の皆様の前で恐れ多くも絵を描く羽目に・・・。


2007off012.jpg

描いたのは右上の『唯の瞳』
もう。
恐縮です。
滝汗ものです。
どれどれ、なんて女性陣に覗き込まれた日には・・・。

注さん、顔の片方だけとか、ヒキョウっす(笑)。

卑怯でもいい。
こんな絵師の御歴々のまえでこれ以上キャラのイメージにそぐわないものは描けませんって。



さらに注さんからのセクハラ的要望。
『ぼくのメガネっ娘になってください企画』 これがまたウケた。はず。。。

注さんのオサレ用伊達メガネ。
細いシルバーフレームは誰にでも似合う造りになっていて
かけた瞬間みんな賢く見えてしまう重宝なアイテム。

実は優さんもピンクフレームのメガネ持ってきていまして
コッチのほうが趣味度が高くて、注さん個人的に盛り上がった。。。


こんなオッサン企画に付き合っていただき本当にありがとうございました。


さてカラオケボックス入ってて歌わないのはもったいないてことで
みんな次々と曲の予約をいれていきます。

『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』
このへんの主題歌なら注さんも多少は心得あるものの
このアニメのキャラクターソングとなると注さんのカテゴリー外。
あまりにぶっ飛んだ電波系歌詞連発で歌詞読んでるだけでも楽しい。

みんなもアニメ大好きなんだなぁ。
ということで注さんが初っ端歌ったのは
「God knows...」
かつてバンドマンだったのでこういったノリの曲は好き。

夢中で歌いあったので自分の歌ったの忘れてしまってますが
「STAR LIGHT / 光GENJI」 にいたってはブラックジョークのつもりだった。
だけど世代の壁があり、みんなピンと来なかったみたい。

この世代の壁ってのはけっこうあって
Mihoさんは「おニャン子クラブ」を知らない世代。
優さんは「荒井注」を知らない世代。

また、注さんは『らき☆すた』を詳しく知らない世代。


でも。
そんな世代を結び付けてくれたのが河下先生である。


実際河下先生の作品に出会わなければ、このイベントは発生しなかった。

初めて「いちご」を読んだ日。
あの日、東城綾に興味を持たなければこのブログは存在しなかった。

このブログが無ければ
このイベントも
この出会いも無かった。

インターネット上の小さな一ブログながらも楽しみに読んでくれる方がいる。
応援してくれている人がいる。
コメントの有無に関わらず楽しんでくれている人のために注さんは書く。

そして今年の最後にささやかながらイベントを持たせていただきました。
世代を超えて、住んでいる場所も超えて、それぞれの社会での立場や役割を超えて。

それがこの3日間にわたる特大記事。

なにげなく眺めるディスプレイの向こうには、人がいる。
今までそんなに意識していなかったけど、たしかに人がいる。
ロボットでなく、ちゃんと感情を持った同じ人間がそこにいる。

そしてその人たちとたしかにつながっている。

正直。オフ会ってそういう発見に一喜一憂するものなのかも。

まだお会いしたことない河下先生の作品から生まれたブログやサイト。
ネットワーク上でリンクしても、それは形にすぎない。


こうして人と接して初めてリンクした感じがします。


シーカーくん・優さん・Mihoさんに出会えたことに感謝しています。
忙しい年末に時間を作っていただきありがとう。

で、またオフ会したいですね。いつになるかはまだ未定です。
やれるといいですが、やれないかもしれません。
こればかりはめぐり合わせです。

しかし今度はこの記事を読んでいるあなたにも参加資格があります。

あるはず・・・です。

たぶん。


スポンサーサイト



[ 2007/12/29 00:01 ] 雑記 | TB(0) | CM(5)
最後の方、恥ずかしい台詞禁止ーでアリマスΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

>これってきっと今度レビュー書けよって言う布石だよね
モチのロン。

っていうか某ダンスより、
「僕の眼鏡っこ~」ってのが載せてていいのか、
リアルに心配になってきたんですが。
前編見ちゃうと(汗)。
[ 2007/12/29 01:28 ] [ 編集 ]
眠気で朦朧としている頭で〆を考えたら
一番言いたかった事を書こうと思い、原文のまま。
で、オフの注さんとのギャップを楽しんでいただければ幸い。

実は嫁さんもメガネっ娘。
ピンクの太フレームをずりさげ気味でかけられ
上目遣いされるとキマス・・・(?
[ 2007/12/29 09:13 ] [ 編集 ]
前編、中編、後編に渡る特大記事お疲れ様でした!
楽しく読ませていただきました(*´∀`*)

まず前編で「ダサい格好は許さない」と言う奥様の大ファンになってしまいました。注さんの服素敵でしたもんね!奥さんのお見立てでしたか!

>「ゆる系内巻き髪」の似合うお嬢さま系の女の子。
わー嬉しいです、心置きなく年が越せます(笑)

こちらこそ、楽しいオフ会をありがとうございました!!
幹事の注さんには本当にお世話になって…感謝し切れません!
また機会があれば是非^^*

ではでは、良いお年を!
来年もよろしくお願いします。
[ 2007/12/31 00:02 ] [ 編集 ]
3大記事アップお疲れ様です~。
あれ、私ボーイッシュでしたか!?
初めて言われました(`・ω・´)

光GENJIはパラダイス銀河くらいしかわかりません・・・。
世代の壁・・ウチの旦那との会話で常に壁を感じてますw
旦那が「懐かしい」ものでも私は「全然知らない」ものだったり。
10年の差って結構でかいですねぇ。

あ、年齢についてはお気になさらず。2度も謝らなくても・・・(笑)
全くもって気にしてません(´∀`*)


んではでは、今回はホントにありがとうございました!
次の機会を楽しみにしてます~。
注さん、奥さん、お嬢さん、皆様良いお年をお迎え下さい。
来年もどうぞヨロシク~♪(と、上↑のMihoさんに便乗して言ってみる)
[ 2007/12/31 04:27 ] [ 編集 ]
>「ダサい格好は許さない」と言う奥様の大ファンになってしまいました。Mihoさんより。
>注さんの服装にときめいた。優さんより。

報告したところ嫁さん大喜びでした。
「あんた伝えといて。この女子大生も若奥さんもよくわかってるじゃんって!」

・・・?
よくわかってるねって伝えるだけで意味まで伝わるのかな?
なににしろ、うれしかったみたいです。
[ 2008/01/01 16:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示