FC2ブログ

河下水希 『初恋限定。』 第20話「チョコレート・ボマーの憂鬱3/3(炸裂-burst-)」感想。 




3週間。
いや前振り含めて4週間におよぶバレンタイン編。


いきなり感想始める前に
ちょっとここまでの流れをかるーく振り返って見ましょうか。




t_20080204001.jpg

今までこういった恋愛系イベントに無縁だった岬。
だけど今年はちょっと違った。





t_20071123007.jpg

あの日。
ドキドキした感覚が生まれたから。




有原有二にチョコレートを渡したい。





t_20080212003.jpg

だが、岬のことを小さいときから想っていた衛。




t_20080212007.jpg

そして、岬にとって恋愛相談役であった別所。



ふたりの恋心が自分に向いていたことを知り。悩み。
一度はバレンタインの企画から降りようとも思った。




t_20080225001.jpg

だけど。
ドキドキする理由に、まっすぐに向き合えたから。

岬は自分の気持ちに素直に、正直に走り出した。




t_20080225002.jpg

だけど運命のいたずらか
有二に渡すべくチョコレートは
謎のヘルメット氏との包みと入れ替わってしまったのである。





t_20080212008.jpg

バレンタイン直前。
岬はこう心の中で語っています。




『あたしにとってチョコレートは甘い爆弾
 有原の胸に投げ入れて火を点けるつもりだった』






t_20080225003.jpg

しかし彼女が手にするその包みの中は
謎のヘルメット氏。
ボマーくん(仮名23)がモテナイ腹いせに作った本物の爆弾と入れ替わってしまったのである。



爆発の設定時間は夕方5時。
タイムリミットはあと3分。


河原まで歩いても8分。
走っても5分。

とても間に合わない。


絶体絶命のあゆみの脳裏にひらめきが走る。

振り向けばきっとアイツがいる。



t_20080225004.jpg

財津操がそこにいた。




時間は確実に進む。
しかしながらその時間の進行は破滅へのカウントダウン。

普段はスケベでどうしようもない兄だが、あゆみにとっては大切な兄だ。

兄を救うため、あゆみは非情になる…。



t_20080225005.jpg

たまたま通りかかった曽我部を襲撃し自転車を強奪する。




t_20080225006.jpg

そして超絶的に不味いチョコ。
風邪のウィルスのような形が前衛芸術的です。



しかしその効果は人それぞれ。

人によっては口を痺れさせ。
人によっては呼吸を乱れさせ。
人によっては涙を流させる。



t_20080225007.jpg

操にいたってはモンスター化してしまいました。。。

まさに恐るべし『ドーピングチョコレート』です。

カフェイン濃度高いだけではこうはなりません…。



モンスターは武道家を自転車ごとかついで河原を目指し疾走する。





t_20080225008.jpg

「きゃあっ! だめだめーっ」
なにげにスカートを抑えて悲鳴あげる「そあこ」

まさか君は、こんな日でも穿き忘れているんかい!?













あじさい橋の河原。

チョコレートを渡す行為。

山本岬にとって
別所良彦にとって
財津衛にとって
有原有二にとって



t_20080225009.jpg

それぞれにとってひとつの区切りであった。

ひとつの想いが成就する陰でいくつかの想いが消滅する。



岬にとって大事な人たちではあるが
有原有二にドキドキしている今。
ふたりを目の前で傷つけてしまうことになってしまうけれど。



有二にチョコレートを…。




爆発数秒前。
大惨事直前。
モンスターの異常な膂力は奇跡的に間に合った。



あゆみは岬のチョコを奪い取り、空に放り投げる。




t_20080225010.jpg

この爆発で

複雑に絡まっていた人間関係の糸も。

有二だけしか見えなくなっていた岬の狭い視野も。



一ヶ月近くも引っ張ったバレンタイン編の結末も。

もっとシリアスで、かつ上手くまとめてほしかったという注さんの願いも。




粉砕した。。。














t_20080225011.jpg

そして岬は良彦と衛に謝罪。

その姿勢も、その意味ないパンチラも、潔し。

きっとこんな展開に唖然とした読者にも謝罪していると信じたい。





t_20080225012.jpg

ようやく肩の力が抜けて、有二と正対する岬。



t_20080225013.jpg

爆弾渡されそうになった有二としては当然警戒のまなざしである。



以下2chより抜粋

今回の事件を有原兄視点でまとめるとこうなる。

クラスメイトの山本に呼び出され爆弾で殺されそうになるも妹のおかげで間一髪助かった俺。
その後山本は俺を殺す計画が失敗して緊張の糸が切れたらしく突然笑い出したかと思うと別所ともう一人の衛とかいう男に計画の失敗を謝罪した。
どうやらその二人は共犯らしい。
そして主犯の山本は俺の顔を見て微笑んだかと思うと「友達になろう」と意味不明なことを言い握手して去っていった。
去り際に「待ってろよ有原」と言っていたがあれはまだ俺を殺すことを諦めてないという意味なのだろう…
こええええええええええええええ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル




うまくまとまってる。


ワロタ


















散々引っ張って
まともな世界観だったこの話に爆弾持ってきてしまうって何事?

不可解なテロリストを混ぜ込んでしまうあたりやっぱり河下先生は神展開の名手である。


話の筋にいたっては、いろいろと疑問符も仕方ない。
掲示板上ではいろいろと厳しい意見が飛んでいる。


だが終わってみれば物語上でひとつ矢印が定まった。


今回。
細かいところで人に対する気遣いや
今後につながりそうな伏線がいくつかプラスされた。

超展開で読者に煙に巻かなかったら、今後は丁寧にその伏線を消化してもらいたい。

かなり厳しい意見で申し訳ないが、アンケ出して応援している以上。
毎週ジャンプ買ってハガキ出している以上。

糞展開などと叩かれてもらいたくないのである。

純粋に河下先生の物語をもっと読み続けたいのである。







岬らしくふたりの気持ちにたいして謝罪をしたことと、有二への筋を通したことは認める。



でも注さん的には最高に良彦がかっこいい。



t_20080225014.jpg

妹を気遣ってマフラー巻いてあげるシーン。


このさりげなさ。16歳にしとくのもったいないですよ!?


こうなってくると、今宵が河原につれて来たのも
全て知っていた上での行為のようにも見えてしまうから不思議である。







今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。
スポンサーサイト



[ 2008/02/27 02:00 ] 初恋限定。 | TB(0) | CM(7)
ホント、良彦の恋を応援したくなってきた。
(相手は、山本さんじゃないとダメ!ってこともないけど)

そして有二のほうは、妹の好きな相手を弟じゃなく兄だと勘違いし、
今度は、惚れられている相手を自分にバクダン渡そうとした女と勘違い。

一番バカかも知れない・・・。今度はどんな勘違いをするのやら。


それにしても、自分で予想して半分期待して何だが、本当にこの展開を持ってくるとは・・・。最初に読んで吹き出した。(立ち読みで読まなくてよかった。)
[ 2008/02/28 01:58 ] [ 編集 ]
比喩表現でなくてタイトルどおり
本当に爆弾だったなんて予想つかないですわ。

話の筋的にはいろいろ記事に書きましたが
これはこれで…。ということにしておきましょう。

来週以降、この物語は学年変わるんでしょうか?
だとすると新入生とか絡んできて
またまた新キャラが来るんでしょうか?

いまだ謎のベールに包まれている千倉兄の話を期待してるんですがねぇ。
[ 2008/02/28 02:47 ] [ 編集 ]
先日はコメ&リンク報告どもでした

こちらもリンクさせていただきましたので相互ということでよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[ 2008/02/28 20:49 ] [ 編集 ]
こんにちは、久樹です。
リンク確認させていただきました、ありがとうございます!
リンクフリーとのことですので、こちらからもリンクを張らせていただきますね。

最近ジャンプとの縁が少ないので、初恋限定。もほとんど読んでいないのですが…こんな展開アリですか(笑)
それにしても2chスレのまとめは見事ですね。
[ 2008/02/28 22:53 ] [ 編集 ]
リンク貼って頂きありがとう御座いました。
私のブログにもリンクを晴らせて頂きましたので
お暇な時にでも確認して頂けると幸いです。

それでは又お邪魔させてもらいます
失礼しました。
[ 2008/02/29 08:44 ] [ 編集 ]
まさかまんま爆弾だっとは…深読みを誘った見事な切り返し、
と個人的には思ったのですが、賛否両論ですね。
今後、山本タンとイヤイヤ付き合う事になるであろう有事に対する良彦の複雑な思いや、それを支える今宵タンとかのシナリオの起爆剤にしたかったのではないかな?結果的にリセットとなりましたが、今後の展開が楽しみになってきました。
[ 2008/02/29 15:02 ] [ 編集 ]
グリード・スネークさん
>山本タンとイヤイヤ付き合う事になるであろう有二
なるほど~、断ったらなにされるかわかりませんね~
こりゃ、有二も大変だ。

注さん
>いまだ謎のベールに包まれている千倉兄の話を期待してるんですがねぇ
それも、激しく同意。彼だけですからね、恋の矢印が全然ないのは。
[ 2008/02/29 20:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示