スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

河下水希 『初恋限定。』 第22話「コノハナサクヤ2/3〈ほころんで、いろづいて〉」感想。 

入学してから。
入部してから。

ずっと憧れてきた作品。
ずっと心動かされた作品。

そしてその作品の作者と出会ってから。

憧れの対象が『作品』から『作者』に移っていった。




そして。

いや。

間違いなく、ひとりの女の子は恋に落ちました。




t_20080313001.jpg

「もう少し絵の指導もらえませんか?」




t_20080313002.jpg

「先輩から絵を教わる時間の方がずっと大事だから…!」




こんなに女の子にドキドキされて
すまなさそうに頬染められたら、よっぽどのニブチンでもない限り気づく。



はたして連城は名央の抱く恋心に気付いているのか?




イーゼルに向かいながら、連城は自分の夢を語る。



t_20080313003.jpg

絵の勉強をするために留学するのではない。
貧しい国で、ボランティアをしながら生涯を通して子供たちと絵を描きたい。



自分の描く絵が、誰かの胸に響けばいい。
だから海外に行きたいんだ。




うぉぉぉ。
連城。18歳にしてその心意気はカッコいいよ




t_20080313004.jpg

そんな将来のビジョンに感動する名央。




t_20080313005.jpg

そして、そんな連城を応援する。




実は連城。
ボランティアに進みたいと言う進路は誰にも応援されていなかったである。

両親も。
友人も。
教師さえも。




ただひとり千倉名央だけが連城の進路を励ましてくれた。




だから連城は名央を抱きしめる。




t_20080313006.jpg

「千倉さん。本当にありがとう…。」






この行為により名央の心のどこかできっと火が点ったに違いない。









以下雑言













いやぁ。


今回ばかりは曽我部がいちいち痛いなぁ。



t_20080313007.jpg

いやホントに。
さっさと本気出さないと恋愛は待ってくれないぜ。






t_20080313008.jpg

自分よりはるかにポテンシャルの高い相手。
そんな人に名央の気持ちが向かってしまっている今


曽我部は独り、己の無力さを痛感したに違いない。



実は注さんにも14歳ぐらいのときこんな経験があるのですよ。



当時注さんがあこがれていた女の子はすでにほかの男の子と仲良くしていた。

彼はクラスで頼られ、愛され、何人もの女の子からも人気を集めていた。


注さんはただ独り。
クラスの片隅からそれを眺めていた。

いくら手を伸ばしても、その女の子はとても届かない存在だった。




ウゥゥゥゥゥゥゥム

このマンガの世代は痛いとこを突いてくださりますなぁぁぁ。

















前回の記事に。
「初恋限定。」をただひたすら読む。 さんの展開予想をして。



連城が悪いオトコだった説があったことを

斬新と評した私ですが。
その評はいささか注さんの勇み足であったように思えてきたのである。



絵の完成が近いことを名央が言った後



t_20080313009.jpg

突然暗い顔をした連城。



このあと突然の名央への抱擁である。


最初、違和感があった。


なぜこうも突然、連城が大胆になったのか?

なぜ突然14歳の年下の女の子を抱きしめたのか?

そして抱擁したにもかかわらずなぜそんなに冷たい表情なんだ。





t_20080313010.jpg

そしてこの意味ありげなコマ。

もちろん思い過ごしであって欲しい。

だが、連城は何の目的で再び美術室に戻ったのか?




完成しなかった絵とどんな関わりがあるのか?






また、爆弾事件のような力技だけは勘弁してくださいよ。




















今回の記事が気にいっていただけましたら、クリックをお願いいたします。

スポンサーサイト
[ 2008/03/12 00:55 ] 初恋限定。 | TB(1) | CM(3)
>また、爆弾事件のような力技だけは勘弁してくださいよ。
爆弾で吹っ飛ばすようなことをしたら連城は悪人決定(!)なわけですが、
今号の展開を見ていると、悪人説のセンは薄そうですね。

ボマーくんみたいな展開は勘弁してもらいたい…
[ 2008/03/12 04:31 ] [ 編集 ]
西野つかさも、北大路さつきも、卒業式の翌日に旅立ちましたから、それを考えると、連城くんも……、と考えたいのですけれど。
[ 2008/03/12 08:03 ] [ 編集 ]
予想はずれちゃった
まぁでもこれからどうなるかとっても楽しみ へ_へ   
[ 2008/03/12 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://silentmind.blog16.fc2.com/tb.php/451-68c8532e

初恋限定。ハツコイリミテッド 第22話 コノハナサクヤ 2/3 〈ほころんで、いろづいて〉 美術部に顔を出したことで由紀人は、美術部内で人...
[2008/03/12 12:56] タカヒナの乱雑日記
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。