FC2ブログ

ふと。旅に出てみたくなりまして…。 

初恋のレビューの影響ではないんですが、旅に出てみたくなりました。

それも野宿。

下がってしまったモチベーションを戻すため、しばらくPCを離れ自然のなかに帰ろう。

自然のフトコロのなかに戻れば、自身の中の限りなく少ない文才にも磨きがかかるかもしれない。

そう。

打ち切りか否かなんてことでクヨクヨしていてはいけない。

デマに翻弄され自分を見失ってはいけない。

そうだよな。楠田。。。

俺も自分を探しに旅に出るぜ!










というのは嘘で。


嫁さんがまた受け売りです。


子供を連れて旅行に行って
『キャーキャー』と騒がれ
他所の方に気を使い
結局はリラックスできない旅なら
いっそのこと子供が騒いでも問題ない場所に行こう。


という記事から始まるオートキャンプのススメ。



「今の旬はキャンプよ。この現代社会のいまこそ、人は野性に帰るべきなの」


「はいはい。
 で? 今度はその本に影響受けたんだな。」




力説する嫁さんの足元にはキャンプ関連本…。









最近新聞チラシで、よく目にするキャンプ用品。

超がつくほどインドアな注さんが嫁さんに引っ張られてキャンプ用品店にいきました。



…。見た目よりかなり居住性の高いテント。

…。意外と座りごこちのいいチェア。

…。操作性もよく火の具合も問題ないガスバーナー。


ナイフやオイルランタン等をみているうちに楽しくなってきたから不思議だ。





ということで注さん人生初のキャンプです。

小学生のとき学校行事でキャンプしたことはある。
けれどそれはバンガローで寝て、備え付けのかまどで調理と、不自然さ感じなかったからパス。

今回は寝床。炊事場。すべて手作業。









t_20080426001.jpg


さすが山です。
テント張り終わった瞬間土砂降り…。おまけに外気温が10℃以下。



「あんたの日頃の行いの良さを、すべて天気が物語っているわね。」

「…。」



初めて尽くしのキャンプには体温を維持する装備が貧弱でした。







首都圏から行くオートキャンプ場 (ブルーガイド情報版 No. 177)首都圏から行くオートキャンプ場 (ブルーガイド情報版 No. 177)
(2008/04/10)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[ 2008/04/27 17:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示