FC2ブログ

IT media Newsより 




「mixi読み逃げ」ってダメなの?



「読み逃げ」という言葉がある。


ページを訪問して足あと(アクセス履歴)を残しながら
日記にコメントを付けたりメッセージを送ったりせずに無言で立ち去ること
いわば日記を「ROMる」行為を非難する言葉だ。
足あとを残して“逃げる”ため「踏み逃げ」とも呼ばれる。


ウチのブログに至っては大半がみんなRead Only Memberなんで
いままで、なんにも気にしてはいなかった。

いや多少は気にしていた。
こんだけ書いてるんだけど、本当に誰か見ているのかなとは思ったのでカウンタは設置した。


渾身の記事に対してコメントいただければそれはうれしいものだし。
そのコメントがまた適切で、また「ファンです」と応援いただければ
記事を書くエネルギーにも昇華しそれはそれで大変うれしいものだ。




ただmixiの日記ともなると少し事情が違うのであろうか。


元々日記って人に公開するものではない。

ここが注さんの持論。
多分この問題の出発点はここだと思う。

ウチは同志を求めたいのもあって
こんな趣味丸出しで書いてきた。
嫁に見つかって白眼視なんてしばしばだよ。


だから読み逃げは自分のプライベートエリアに立ち入られた。という気持ちになるのかも。
mixi日記やプロフィールで「読み逃げ禁止」を堂々と宣言したり、読み逃げを非難する人も現れている。
読み逃げを許さない「地雷バトン」という名のバトンも流行している。

たしかにブログ記事の中にもスルー禁止の地雷バトンとかも目にする事がある。
ほとんどをスルーしますけど。

でも知り合いから指名されたら受けますけどね。



これっておそらく世代による
オンラインコミュニケーションのとりかたの相違なのではないだろうか。



『リアルで会ったことがないマイミクとの関係に気を遣っている。

 見知らぬ人とマイミクとしてつながった場合
 人間関係を保障してくれるのは、mixi日記へのコメントやメッセージ、足あとだけ。

 だから自分のページに足あとが付けば、必ず訪問してコメントやメッセージを残し
 「あなたのことをマイミクと認めていますよ」とアピールするし
 相手も同じようにコメントやメッセージを返してくれ、自分を認めてくれることを期待する。

 読み逃げされると「嫌われたのかな?」「マイミクと認めてくれてないのかな?」などと落胆するようだ。

 また、読み逃げを気にする人は、見知らぬ人から何度も足あとが付きながら
 その人からのコメントやメッセージがないと「見知らぬ人に日記を覗かれている」と不安になる傾向があるようだ。』



この記事により少しわかった事がある。

コメントやメッセージや足跡に一喜一憂していると疲れる。
でもすすんで疲れたいという人もいる。

見られたくない日記ならオンラインで書かないほうがいい。
そんな日記はノートに書けばいい。 
 
オンラインに乗せれば地球規模で公開されるとわかっているものの 
極端に他人の目が気になる人もいる事実。



もう古参という域にいる注さんにとっては
「なんで悪いかが分からない」という“読み逃げ禁止文化”に対する困惑は当然ある。

「特筆すべき感想がなければ、コメントは残さないのが普通では」
「読み逃げという言葉自体に違和感を感じる」
「ROMることの何が悪いか分からない」といった読み逃げを容認する立場でもある。


ウチの読者ならもう知っているはずだが
注さんもmixiにつないでいる。
メッセージによりいくつかのファンメールもいただいた。足跡も結構ついている。

ただ。注さん記憶力がちょっと弱いから
自分が足跡つけた人が折り返しつけてくれるのに
「うーんと。この方誰だったっけ」と、さらに足跡つけに行く事が多々ある。


でも。それさえ不快にとられてしまったら行く場所ないじゃん。


注さんでさえオンライン上で出会ったとき。
最初は緊張する。
いや誰だってそうだろう。

だから最初のメッセはちょっと硬めで書く。
こなれてくればフランクになる。
もう少しこなれてくるとオフ会企画したり互いにいろいろやり取りするようになる。

当然。
逆もあるだろう。
注さんのフィーリング人生感が気に入らないとか。
記事がエロ過ぎて、親バレして恥かいたとか。
この人どこまで踏み込んでくるんだろう?とか。

注さんは慣れが出てくると、いきなり馴れ馴れしくなり
当初の硬さとのギャップが激しすぎてついてこれなくなると言う意見が昔あった。
もしかしたら今でもあるかもしれない。
そんな時は遠慮なく言ってくれ。



こういった記事を公開するとき、いつも思う。



記事にコメントするもしないも、この記事をROMるも自由。
コメントがなかったからといってぜんぜん落胆はしない。


うちは読者のみなさんに感想を強要しない。
その代わりこちらの意見は遠慮なく書く事もある。



エロリンク付のコメントを最近多々見かける。
あっという間に消去するが
「な。俺の記事なんてこんなもんだってばよ」と自虐話にさえなる。

「わーいコメントが来たー。・・・なんだエロ系か」
エロコメントに一喜一憂するほどヒマじゃないの。



なんにしろ
書きたいから書く
描きたいように描く


それが注さんのブログテーマ。


読み逃げ?
うちは立ち読み可なんだよ。
コピーしてお持ち帰りしたっていいさ。
プロじゃないから文章でお金を取りませんっての。
スポンサーサイト



[ 2008/10/11 01:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(6)
mixiは交流が目的のSNSですからね。
身近な身内で繋がるところから始まるのは、
ネットに対しての敷居を格段に下げたと思うんですが、
その分、そもそもネットの何たるかを知らない人が増えてしまったのではないでしょうか。
元々ネットでどういう付き合いをすればいいかを心得ている人は、
SNSはネットの一形態に過ぎないと捉えているので、
自由であるからこそのネットのよさを分かっている分、
相手に束縛を求めたりしないのではないでしょうかね。
見たきゃ見る、書きたきゃ書く、去る者は追わず。
選択できる意思こそが元々ネットの醍醐味ですから。
[ 2008/10/11 08:26 ] [ 編集 ]
注さん( ^-^)ノ(* ^-^)ノおはようございます!
いつも見てますよ^^

今日は熱い記事でした(゚_゚;)bちょっと長文コメになりましたすいません><;;

コメントに対しては、
80割共感できるorうずうずした時
自発的にコメントを残します。

更には、ブログへコメントを貰った場合、コメント御礼をこめて相手ブログへコメントを残しに行きます^^
(日本人らしいかな?と思ってるだけですw)

自分はmixiやってないので、詳しいことは分かりませんが、

ブログはHPと同様かなり不特定多数へ公開
(それでもいいように内容を自粛もしくは、載せている)

mixiの場合も、不特定多数?には公開してるけど、誰かから招待を受けたり、身元が分かりやすい状態の方へ公開しているつもり?wということから、ブログよりは、
親近感+ネット回線を通じて人の存在を感じやすい?事から、
(ブログより、多少突っ込んだ書き方+自分の正直な価値観を晒している人が多いため?)
「私に立ち入って、内容読んでそのままいかないでよ!」
「私から意見や相談を投げかけてるんだから、問いに答えてよ!」
・・・・みたいな、勘違いしている?方が多くいるのではないでしょうか?
 
 と、相手の気持ちも考えてみてですが、
私は注さんが間違っているとは思いません。^^
賛同します。
 ブログでもmixiでも強要するのは間違ってるです。


>これっておそらく世代による
>オンラインコミュニケーションのとりかたの相違なので
>はないだろうか。
激しく同意します・・ww
自分も30代まじかの人間ですが、ブログを訪問したりしていると、激しく世代を感じる時があります。
その一つにバトンw
このシステムは、若者が考えた楽しみの一つだ!と自分の中でスゴイと思えるのですが、参加するには、一線引いてしまう・・というw若いゆえに楽しめるんだと・・・

10代~60代くらいまでやっているであろうブログやネットの世界でも、世代が出来るのは必然ですよね・・・

バトンのシステムは色々派生してるですが、(最近ローゼンの影響が・・w)全部を結びつける所を探してみると、
何かのシステムを利用してでも、もっと自分という人間をor自分の価値観を知ってもらいたい。でもブログでそれを書いてると誰も読まない・・だったら、第三者から回されたみたいにして・・ という思考があると思います。これは誰にでもあることでしょうし、それがゆえに流行ったんじゃないかな・・などと・・・。

ですが、世代が関係しますよね・・

例)
>両親について思ってることを書きなさい

若い世代
うざい 
とりあえず居る者
財布
  
自分たちの世代
感謝してる
今自分があるのは両親のお陰です。
あとどれくらい一緒にいられるか分からないから
今の一瞬でも大事にしたい。

40↑
両親には感謝していた
今となっては親孝行ができなかった・・・

と、返答に対しても移り変わりを感じますし、
世代をも感じてしまいます・・・

ながながとだらだら書いてしまいましたが・・・
言いたかったのは、世代+価値観がやっぱ違いますよね^^;と なので、注さんこれからもがんばってください^^v 何があったのかは記事からの想像でしか書けませんが><;; ではまた
[ 2008/10/11 09:49 ] [ 編集 ]
注さんの生活の中になにかがあったから
こういう記事を書いたわけではありません。(ここ大事)

mixiでいろいろな人のプロフィールを見ているうちに
またmixiのニュースの中にこのようなニュース記事があったから
ちょっと久々に書いてみようと思ってキーボードを叩いたわけです。
[ 2008/10/11 13:11 ] [ 編集 ]
文章読んでると、読みにげした事に対して、
いちゃもんつけられてるのかと判断したので、
勘違いすいませんでした。

[ 2008/10/11 16:49 ] [ 編集 ]
ネットで読み逃げと言われても…と私は思ってしまいました。

私はブログでもコメントを書こうとして躊躇してしまうので
注さんの所にも何度もお邪魔していますが
コメントを書こう!と思いつつROMばかりなので
立ち読み可!と言って戴けるとありがたいですm(_ _)m

又来ます
失礼しました。
[ 2008/10/20 02:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。
勉強になりました。。
私の場合
無頓着に描いたり、
見たりしていたので・・・。

そういう方々もいるんだって
知らずにいるよりは
知って見るようにしなきゃなって
ちょっと思いました・・。

失礼しました。。


[ 2008/10/26 03:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示