FC2ブログ

いちご100% 第041話 「一緒に入る!?」 

「西野!!
こないだのことは本当にごめんな
あんまり突然だったもんだから
俺何もできなくって」

「でも俺やっぱ西野好きだよ」
t_041-01.jpg

「懸垂100回してくれたら考え直してもいいわ」

わかった!! 死んでもやりきるよ
鉄棒を握り締めジタバタするもののいつもよりも身体が重く感じて
「もういいよ 懸垂できなくなっちゃったんだ じゃあバイバイ」
「待ってくれ 西野!!」


目が覚めたらそこは自分の部屋。
夢だったことを確認してもう一度寝ようとしたときに自分の顔の横に
女性用の下着パンツが落ちていることに気付き飛び起きる。
t_041-02.jpg

「おふぁよ~ 淳平~」

映画の中で女優がハダカで寝たりするのと同じで 
人間は本来裸で寝た方が気持ちいい…と服を脱ぐ理由を解説していますが
唯が裸で寝るのは読者のためだと思われますが皆様はいかがでしょうか?
でもその脱衣癖は両親には言えないよな。

父親は釣りに出かけ 母親はバーゲンセールに出かけ 
残された真中は唯と静まり返った部屋の中で朝食を摂りながらふと考えた。
『たしかに俺たちは幼なじみで兄弟みたいに育ってきた… お互いココロもカラダも成長して…ひとりの男とひとりの女に』
…真中なりに唯のことを女として意識しているようです。しかし唯はそんな気配さえありません。

テーブルの上に置かれたクリスマスケーキの話になり、昨日西野の家で食べたケーキがクリスマス用のケーキだったことを知り、取り乱す真中。
t_041-03.jpg


東城やさつきのことは説明しなかったようだが、西野とのいきさつをすべて唯に話した様子の真中。
淳平に彼女がいたりキスの経験まであることに驚き隠せない唯。

「とりあえずお風呂入んなよ。涙も泣き声もあったまって蒸発しそうでしょ」
他の友人には言えない涙の理由。ひとりで溜めこむには辛い。幼なじみだけには話せるのでしょうか。妹のような唯なら。

t_041-04.jpg

「じゅんぺー!! 背中流しにきたよー!!」
振られた男の哀しい背中をサービスで洗い流してくれるそうです。
泡だらけの背中をシャワーで流そうとした矢先、手元が滑り頭からずぶぬれになってしまう唯。
あわてて浴室から出ようとするものの、浴室のドアに立てかけてあったテーブルが倒れドアは1cmも動かなくなってしまった。
出る術を失った二人は、母親の帰りを待つことにしたのだが、いくら風呂場とはいえずぶ濡れになった唯。寒さで震えが止まらなくなってきた。
「俺と替わろう おまえ湯船に入れよ」
「いいの…?」

t_041-05.jpg

いくら幼なじみでも、小さい頃一緒に入ったことがある仲でも、15歳になった今。一緒に入れるものなのだろうか…。
あわてて真中は浴槽を飛び出す。
でも全然唯は平気みたいで…。
「一緒に入ればいいのに」

この後母親が帰ってきて浴室のドアをふさいでいたテーブルをどかしてもらい浴室から出た真中。

お母さんに唯と一緒に風呂入っていたことがばれなかったというのが奇跡的な話だが。
真中の「前」を見てショックで固まっていた唯と 
平然とした顔で見られてしまったことで逆にショックを受けた真中。
結局今回の話は唯のセミヌードが見れたってことで…。








この記事の原作はこちらまで
スポンサーサイト



[ 2005/10/01 15:01 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示