スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「第3回こーゆーのオフ会」レポ。その2 

当日の待ち合わせは17時30分に新宿駅。


昼までゆったり寝ようと決め込んでいたのに
朝8時に娘のフライングボディプレスで叩き起こされ
どこかに連れてけ。とねだるので、駅前まで散髪に出かけたり
おみやげ用のDVDを入れるケース買いに量販店行ったりと
ちっとものんびりできなかった。


事前打ち合わせの時にあずき君からリクエストがあった。
『河下先生の好物であるうなぎがメニューにあるところ』
これがまた難儀でね。

そういう店もあることはあるんだ。
だけど注さんのイメージしてる風景でそのオーダーだと
飲み会でなくて食事会になっちゃんだよね。
額面もちょっとお高めになってしまうし。

そんななかで
ねこぱんださんから2度にわたってうなぎを出す店を提案していただいたのですが
その店は新宿西口商店街、思い出横丁にありまして、L字カウンターで10人掛け。
ってことは貸切にできる店ならともかく当方8名がいきなり行って
その場で食べ語る一次会には不向きではないかということで。
注さんがそこを0.5次会という位置にしましょうと提案した。

さすがに2度提案していただいたのにやっぱナシにしましょうではちょっと気が引ける。
それに今までの経験では、飲み屋に行くならば事前に下地を作っておいたほうがいい。



20090815000.jpg
こちらがそのウナギ屋さん。

ということで0.5次会として注さんは16時30分に新宿入り。
ねこぱんださんとふたりで思い出横丁でビール交わしあいながら
場代考えると、そんな物だよなという小振りなうなぎをいただく。

「ここはつなぎにはいいんですけど、
ここで一次会だとちょっとね。2.3人ならこーゆーとこでもいいんでしょうけど」とねこさん。




20090815000-1.jpg
でもこの雰囲気注さんは嫌いじゃない。
このカオス的な飯場。グリードくんなら背景のネタにすべくカメラ構えるだろうな。
もし小人数オフならこーゆー場所でもいいかなって考えた。

さて。
お腹も満たして、瓶ビールで適度な酔いを満喫したところで
待ち合わせ場所の新宿駅へ。


(このあと同人誌だ成年コミックだ売ってる雑居ビルにも立ち寄った。
書くつもりなかったんだけど、ねこさんさらりと書いちゃったから一応補足)


名無しGさんからは午前中から
冬川さんからは待ち合わせ1時間前に電話が入ってきていました。
マレさんからは新宿への車中にて2.3度メールのやり取りもしてあります。

事前に打ち合わせ掲示板の文面などで、どんな方かひととなりを想像してはいるのですが
さすがに会うとなると注さんとて多少は緊張します。

でも今回は適度にアルコールが入っているのでむしろワクワクの方が強かった。



200908150010.jpg
だから待ち合わせ場所でこんなことができるわけです。
着いていきなりあずき君と神無くんを見つけてもなおこの羞恥プレイ。


正直、周りは新宿で遊び慣れていそうなちょっとオサレ系な兄さん姉さんばかり。
そんな人たちの目に晒されながら掲げるプロフ画像イラスト。


「ちょっと、なにあれ?」と言われるくらいならともかく
指差して写メ撮ってる人もいるからこの街カオスだわ。

周りを見れば結構な人・人・人
やはり案内板だしているのは自分だけではなかったけれどイラスト掲げたは注さんだけか。
この中から合流できるかなぁと心配していたら、名無しGさんはすぐに合流できた。

神無くんは前日にもコミケ参加していてマレさんと合流していたようで
すぐに携帯で連絡を取ってくれた。マメですねぇ。ありがたいですねぇ。

そんなしてるうちに冬川さんが合流。
こちらはあずき君が顔見知りということで話が早い。
その後グリードくんからは「到着しました」メールが届きすぐに合流。

ここで神無くんに確認。
「マレさんどこにいるって?」
「近くのファミレスにいるそうです」

「しかしこの河下ファンの面々のなかに、女の子独りで来るってのは相当勇気ありますね」
「マレさん気遣って売り子の女の子にも声かけたんですけど遠慮されてました」
とあずきくん。

いやそれは当然かも。
さすがに幹事も3回やってみると人にはいろんな事情がある。
まして知らない人の中に混ざるオフ会ってのは結構勇気いるぜ。
好きなものが同じという共通点があってもだ。

そんなしてるうちにマレさんが合流。
遅刻したことを気にされてましたが、そんなの全然注さんは気にしません。

むしろ待ち時間の間に参加メンバーのひととなりを改めて確認させてもらいました。
テキスト系ブログをやってると、文章から読み取れる以上のことは想像の域を出ない。

文章ではすごく物腰低い冬川さんだけど
会うと方言バリバリでむしろこっちの方が人間味あったりする。

逆に名無しGさんは物腰低い方でした。
せっかくお会いしたというのにあんまりお話できなかったのが悔やまれますが
第一印象ではそう感じました。
もしかしたら注さんと似ているところがあるかもしれません。


さてこれでメンバーは全員そろった。
店に入って座敷に落ち着けば幹事役も解放だ。






スポンサーサイト
[ 2009/08/21 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/22 15:42 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/25 13:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。