スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あねどきっ 第26話(最終話)「この気持ちさえ」 感想その2 


すでに荷物はトラックで運ばれた。

住み慣れた家に別れを告げた4人。


考えても見れば奇妙な生活ではあった。
突然ぜんぜん知らない女の子が押しかけてきて5ヶ月間を暮らしたのだ。

でもそんなハプニングさえ今となっては懐かしい話。

北海道に行けば、もうここに戻ってくることはないかもしれない。
当然この風景ももう見れなくなる。



26-0007.jpg
そして、とうとうなつきとの別れのときが来た。


別れはあっけなかった。

改札をくぐって人混みにまぎれてしまってそれで終わり。




別れとは。

こんなにあっけないものなのか。。。



26-0008.jpg
そんな洸太が目にしたものはあのときのプリクラ写真。


あの時はじめて生まれた恋心。

たしかにちょっとは意識していた
それが洸太の胸を占めるまで膨らんだきっかけになったキス。



26-0009.jpg
洸太の気持ちははじけとんだ。


まだ。別れにしたくない!!


スポンサーサイト
[ 2011/03/10 00:00 ] あねどきっ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。