スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏目漱石の「漱石」にまつわる故事 

今朝。
起きたら雨だった。

さらに雨はけっきょく朝から晩まで降り続いた。
出かけようかな。。。と思うたびに雨足が強くなる。
いわゆる「バケツの水をひっくり返した」ような大雨。
ということで雨音を聞きながらゴロリゴロリ。


文豪。夏目漱石の故事がちらりとよぎる。
「漱石」とはどういう意味かと言うお話。

漱石の名の由来は
「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」という四字熟語から来ている。
「漱石枕流」とは屁理屈を言って言い逃れをすること負け惜しみが強いことのたとえ。

「漱石枕流」の由来も詳しく書いておこう。

昔中国に孫楚(そんそ)という若者がいた。
孫楚は、世俗を嫌って山にこもって生活することを考え
あるとき友達に向かって「私はこの際、石を枕に寝て、川の流れで口をすすぐような生活をしたい」と言おうとした。

ところがそれを言い間違えてしまい、「石で口をすすぎ、川の流れを枕にして寝たい」と言ってしまった
実際には中国語だから「枕石漱流」と言うべきところを順番を間違え「漱石枕流」と言ってしまった。

これを聞いた友達が
「馬鹿を言うな。石で口をすすいだり、川の流れを枕にする事ができるか」とせせら笑うと
負けず嫌いで屁理屈屋の孫楚は「いや、流れに枕するのは耳を洗うためで、石で口をすすぐのは歯を磨くためだ」と言い返したという。

このことから「漱石枕流」というのは「へそまがり」とか「負けず嫌い」を意味する言葉になったのです。



つまり自分はへそ曲がりで負けず嫌いだ。
という自虐の意味合いから来たペンネームなのです。

そういえば初期の短編「坊ちゃん」もそんな主人公だったね。



こーゆーの初の日記のような文章です。。。
スポンサーサイト
[ 2011/04/23 19:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。