FC2ブログ

いちご100% 第063話 「揺れてBIRTHDAY」 

前回に引き続いて冒頭からパンツ
「今日は また随分かわいい下着つけて 学校行く気じゃん」
t_063-01.jpg

東城の朝のシャワーシーン。

姉の下着をチェックする弟の正太郎。
「つまんねぇーなぁ つまんねーぜ!!
いっつもダセーいちご柄か白のパンツしかはかねえ姉ちゃんがよぉー」
この弟…。カッコいい顔しているのにちょっとキテいます。

今日は5月10日。
真中の17歳の誕生日である。

疑問なのはなぜ真中の誕生日に勝負パンツを履くのでしょうか?
プレゼント渡すためだけに気合を入れたのでしょうか?
不純な私はどうしても履いた理由として『見せる』からと連想してしまう。

そして朝の学校の廊下。
さつきは真中の期待を裏切らず誕生日をプレゼントを渡します。
t_063-02.jpg
「お誕生日おめでとう 真中 はいこれプレゼント!!」

t_063-03.jpg
「ごめん 俺そのプレゼントもらえない」
真中は今朝から決心していたことがあった。
それは、さつきに対して何もしてあげられないから、これ以上何も もらえないという理由からであった。

それにしてもタイミングとか乙女心とかそんなものすべてを踏みにじるような、この断り方はいただけない。
「変な真中!! らしくないこと言っちゃって!」
「気持ちだけでいいよ」
t_063-04.jpg
どうしても受け取る気のない真中。
「俺なりに考えたんだ これ以上さつきの気持ちに応える自信はないから」
「そんな風に考えないでよ あたしはあたしのやりたいようにやってるだけなのに」
ガンとして受け取らない真中に怒り心頭のさつき
t_063-05.jpg
「なによそれ!! もう真中なんて大っ嫌い!!」

廊下に座りこむ真中
『…これで これでよかった…んだよな? こうしなきゃしょうがないんだし』

「あーあ ホントわかってないねぇ女心が」 そんな真中の横に座り話をする外村。
「ダメだ 真中にゃてんでジゴロの才能ねーや」
「…当たり前だろ」
「そんなんじゃ複数の女と付き合うなんてムリムリ!!」
「誰も複数の女とつきあうつもりなんてねーよ!!」
「んじゃ 誰が本命? どーせどの娘も放したくないって思ってるだけのくせに」
「んなこと思ってねーよ!!」
「ふ~ん どうかな~?  でも今の様子からすると北大路のやつ きっとまだ真中のこと好きだと思うぜ」

そのさつきは突き返されたプレゼントを胸に抱き泣きながら廊下を走っていた。
そして天地の胸にぶつかった
t_063-06.jpg

「…痛い 痛い! 痛い! 痛い痛い痛~い!!」
真中のプレゼントに買ったものを不要だから天地に売ろうとするさつき。
さつきの傷付いた心が癒えるなら喜んで買おうとする天地。
女性にやさしいという点では天地も真中も同じだが、こんなに違いがある。

やっぱり売るのをやめたさつき。
真中のためにあちこちの店まわったものだから…。
「…ねえ天地 天地は女性の味方だよね?」
「ん? ああ まあ…ね」
「それってさぁ あたしの味方でもあるってことだよね?」
「え」

そのあともさつきは教室に戻ってこなかった。
授業中。真中はずっと誰からも何ももらわないという悲壮な決意をしたものの早くも揺らいでいた。

t_063-07.jpg
「はい お誕生日おめでとう!」
東城からのバースデイプレゼントである。
さつきからのプレゼントを断っている真中だ。
t_063-08.jpg
「…ごめん もらえないんだ …その」
「西野…さん?」
「いや! 西野とは別れたんだよ …別れたけど…」
「いいんだよ」
t_063-09.jpg
「あたしは ただ真中くんの誕生日を祝いたいだけなんだもん」

結局 この言葉により真中の心が軽くなった感じがして、東城からのプレゼントを受け取る真中。

そこへ天地がやってきてさつきから渡すように頼まれたプレゼントを真中に手渡す。
さつきからのプレゼントは
t_063-10.jpg
さつきのセンス無敵です。おもわず赤ひげ薬局の広告を連想したよ。



そのころ東城は屋上で物憂げな顔をして風に揺れていた。
朝から気合を入れてきたのに、まだ真中の心の中には西野のことが引っかかっていたから。

いつも書いてきたことなんですが、東城の気持ちは言葉やセリフで表れてはこないため読者の判断にゆだねられています。
そしてその判断素材はいつも物言わぬ顔の表情だけです。
東城は自分が気持ちを伝えようとするたびに必ず西野の影が現われて伝えるのを断念します。
見ている読者は毎回ハラハラしながら この作者のビミョーなテンションを楽しむことになるのですが
それもあと100話くらい付き合うことになります。
実際こんなに心を振り回される関係なら離れていってしまうのが普通ですが、それはそれってことで。


この回から手持ちの都合で『ジャンプのスキャン画像』となります。
ジャンプの編集さんがいれたと思われる煽りなど使って締めの言葉とさせてもらっていいかな。

●受け入れられた気持ち… 伝え切れなかった言葉… 複雑な女心がさらなる嵐を呼ぶ!?








この記事の原作はこちらまで
スポンサーサイト



[ 2005/10/21 08:49 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示