FC2ブログ

いちご100% 第071話 「迎えにきて!!」 

●合宿の終わり…それは次なる波乱の始まり…!!

1週間に及ぶ合宿生活から帰る列車の中でのこと
「今さらなんだけどさぁ 俺としては唯ちゃん連れてきて欲しかったなぁー」
「あーどうせムリムリ アイツ今実家に帰ってるから」
夏休みなので親の顔を見るために帰省しているようである。

「けどさぁ演技するのって楽しいね自分以外の誰かになれるし ほら淳平くんが廃墟に逃げ込んだあたしを追ってドアをバン! って開けるシーン あそこであたしに好きだって言ったじゃん」
「ん? ああ…」
「あそこね…あたしね…」
t_071-01.jpg

「ものすごく胸がドキドキしちゃった! バカだよね自分が告られたわけじゃないのに」

住み慣れた街に戻り独り家路へと向かう真中の胸中は揺れまくっていた。
『蛍の群れの中でのお祈り』
t_071-02.jpg
「これから素敵な恋が始まりますように!」
あれは俺ともう一度やり直したいって遠まわしな表現!?
t_071-03.jpg
初日の東城との件も去来する真中。
あの一夜で一歩も二歩も東城に近づいた気がする。
なのに…近づきすぎて次にどうしていいのかわからない

街は夏祭りの様相。唯もこの夏祭りに合わせて戻ってくると言っていた。
しかし唯はまだ帰ってきていなかった。

母親は唯の父親からの電話を受けていた。
「もうそちらに娘は預けません!!」 ってすごく怒ってたんだけど… ウチ何か悪いことしたかしら?

折り返し電話をかけても留守電になるようだ。
また唯から淳平宛に毎日のように手紙がきている。
それもどれもこれも消印の地名が違っている。
手紙を読んでみると…
t_071-04.jpg
『たすけて!!』

「事件だ!!」と大騒ぎする母親から唯の実家まで行って様子見に行ってらっしゃいよ! と追い出される真中。

そこは夜行列車に乗ってもまだ乗り換えを行い到着が夕方になるほどの場所。
t_071-05.jpg
見渡す限りの田んぼ。遠くには山の景色。通りには牛を引き連れて歩く者…。
そんな田舎に唯の実家はあった。

t_071-06.jpg
「それで 何しに来なさったね」
いきなり修羅場であります。
「唯に迎えにきて欲しいって手紙をもらったんで…」
「唯は別の高校に転校させる」
「なんでですか?」
「誰のせいでわしが怒ってると思っとるんだ!! 貴様みたいな男の住む部屋に大事な一人娘を預けられるか!!」

唯のお母さんから事情を聞いた真中。
父親には桜海学園の寮に入っていると嘘をついていた。しかし弾みで真中家に御世話になっていることを口走ってしまった。

t_071-07.jpg
問題なのはさらにそのあとだった。
唯の悪い癖が出たのだ。
この癖も直ったことになっている話だったのだが、現場を見た父親はカンカンに怒り狂うのも納得です。

父親の話はもっともです。
年頃の一人娘が幼なじみの男の家に御世話になっている上に、夜中に全裸になる癖が直っていないと知れば、娘がいくら一生懸命に否定してもそう簡単に信用できるでしょうか…。

そして家出中の唯は中学時代の友人宅を転々としているようで、真中は唯をつれてきてちゃんと説明します。と約束し唯を探す旅に出る。

t_071-08.jpg
そして何件目かで唯を発見する。
「ごめんね淳平 わざわざこんな場所まで迎えにきてくれてありがとう…」


唯を送り届けるための終電を目の前にして。
ぐずりだす唯。
「誤解があったってなくたって 唯 絶対よその学校に行かされる」
「大丈夫だよ唯!! 転校させるなって俺も一緒に頼んでやっから!!」


ホームにて本来乗るべきではない下りの列車に乗り込む唯。
t_071-09.jpg
「どこ行く気だよ 俺達が乗るのは上り電車だろ!?」
唯の目に光る涙が痛々しい…。

t_071-10.jpg
「…あたしもう子供じゃないよ…?」
呆然とする真中の背後で列車のドアは閉まる。

ふたりを乗せたまま終電はゆっくりと動き出す…。

●二人の逃避行が始まる…!?








この記事の原作はこちらまで
スポンサーサイト



[ 2005/11/11 12:57 ] いちご100% | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

注さん

  • Author:注さん
  • このブログの原動力は
    みなさんの足跡と拍手です。

    スパンコメントは即消去。

    御意見・感想などは
    こちらからどうぞ↓
    ko-yu-no_chuusan★excite.co.jp
バナー作って頂きました。
あずきさんからの頂きもの。 リンクの際にはご自由にお使いください。

chusan.jpg

全ての記事を表示します。
全タイトルを表示